論語052八佾篇第三(12)祭るにいますが如くす

論語八佾篇(12)要約:前章で、朝廷の使いに知らん振りをした孔子先生。さすがに気まずかったのでしょう、弟子になぜそうしたかを説明しました。本当に神様が降りてくると思ってないなら、祭りをしても無駄だよと。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

祭如在、祭神如神在。子曰、「吾不與。祭如不祭。」

書き下し

まつるにいますがごとくし、かみまつるにかみいますがごとくす。いはく、われあづからず。まつりてまつらざるがごとければなり。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
祭るには霊が居るようにし、神を祭るには神霊が居るように行う。先生が言った。「私は関わらない。祭っても祭っていないのと同じだからだ。」

意訳

論語 孔子 激怒2
今度の禘祭には手を貸してやらない。誰も神がおいでだと思っていないから。

従来訳

 先師は、祖先を祭る時には、祖先をまのあたりに見るような、また、神を祭る時には、神をまのあたりに見るようなご様子で祭られた。そしていつもいわれた。――
「私は自分みずから祭を行わないと、祭ったという気がしない。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

神(神)

論語 神 金文 論語 神
(金文)

論語の本章では、あらゆる神や超自然的存在。『字通』によると、もと「申」とつくりだけを書き、それは雷の屈折して落ちる姿の象形という。

一方『学研漢和大字典』によると会意兼形声で、申は、いなずまの伸びる姿を描いた象形文字。神(=神)は「示(祭壇)+〔音符〕申」で、いなずまのように、不可知な自然の力のこと。のち、不思議な力や、目に見えぬ心の働きをもいう。電(いなずま)と同系のことば、という。

論語 天
天の最高神を「帝」というが、唯一神・絶対神ではない。人間も優れていれば死後に神となるのは、日本の神と同じ。『封神演義』は、その事情をよく伝えていて、後世になればなるほど神の神聖性は薄れていき、願いを叶えねば社を壊すぞ、と『水滸伝』で脅されるに至る。

しかし論語の時代はそこまで人間が自信を付けておらず、孔子でさえも神は畏るべき存在だった。まして普段は祭司として生活している儒者にとっては、神は一般人にとって恐ろしく有り難くないと、生活に差し支える存在でもあった。神への口利きが商売だったからである。

論語:解説・付記

孔子は礼法・祭祀についても革命家で、自分が集めた資料に基づく祭祀こそ正統だと思い込んでいた。そして祭祀の中心は心に在り、心が伴わなければ意味がないと弟子の林放に教えている(論語八佾篇4)。それは論語時代に普遍的だった礼法にはあり得ない考えだった。

今回は前回の続きだろうが、使者を追い返した後で、孔子の抱える遺恨と、その心中に燃え上がる青い火を知り得ない弟子が、「教えてやれば良かったのでは?」と問うたのだろう。しかし昔の恨みを述べるほど孔子は老いた教師として未熟ではないから、「心が大事」と答えた。

孔子は儒者が想像したがるような好々爺ではなく、「性格が激しい」と弟子にもメモされている(論語述而篇37)。若き日に受けた仕打ちを忘れるような人物ではなかった。しかし過去をブツブツ言っていては、優れた弟子が生涯尊敬し続ける教師にはなれなかっただろう。

論語 孔子 キメ
従って、どんな弟子でも納得しやすい、「神様がいると思って祀らねば、それは見せ物だ」と言った。自分の経験に基づく遺恨を言わないというのは一種のダンディズムであり、弟子は格好いい先生として魅力を感じただろう。その精神力が孔子を押し上げた源泉のように思える。

なお既存の論語本では吉川本で以下の通り。従来訳の解釈は新注による。また、「祭」は祖先祭、「祭神」はそれ以外の神霊を祭るとの解釈は、古注に基づくと言う。一方荻生徂徠は、「祭如在」までが古語の引用で、その具体的執行が「祭神如神在」だとした、と言う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)