論語詳解264先進篇第十一(11)季路鬼神につかえるを

論語先進篇(11)要約:顔回の葬儀をすでに終えたある日。最も古い弟子である子路が、顔回の供養について尋ねます。しかしすでに天から見放された絶望を感じていた先生は、普段の饒舌と打って変わって、何も言う事が出来ないのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

季路問事鬼神、子曰、「未能事人、焉能事鬼。」「敢問*死。」曰、「未知生、焉知死。」

校訂

武内本:清家本により、問の下に事の字を補う。

書き下し

季路きろ鬼神きしんつかへるをふ。いはく、いまひとつかふるあたはず、いづくんぞつかへむ。あへふ。いはく、いませいらず、いづくんぞらむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子路 論語 孔子 哀

季路(子路)が亡霊に奉仕する方法を問うた。先生が言った。「今でも人に奉仕する方法が分からない。どうして亡霊に奉仕する方法が分かろうか。」季路が言った。「そこをどうにか教えて下さい。死とは何ですか。」先生が言った。「今でも生が分からない。どうして死が分かろうか。」

子路が亡霊に奉仕する方法を問うた。先生が言った。「今でも人に奉仕する方法が分からない。どうして亡霊に奉仕する方法が分かろうか。改めて問うが、死とは何だろうな。」子路が言った。「今でも生が分かりません。どうして死が分かるでしょうか。」

意訳

子路「亡くなった人には、どのような供養を行えば…。」
孔子「回りくどく言うな。顔回のことだろ。生きている間にも大事にしてやれなかったんだ。死んだからといって何をしてやれる。」
子路「先生、顔回ってどうなったんでしょうね。」
孔子「知るものか。生きているとは、いや、どう生きればいいかも私には分からん。顔回の冥福は祈るしかなかろうよ。」

子路「亡くなった人には、どのような供養を行えば…。」
孔子「回りくどく言うな。顔回のことだろ。生きている間にも大事にしてやれなかったんだ。死んだからといって何をしてやれる。いったい亡き顔回にはどうしてやればいいのだろうな。」
子路「私には分かりません。生きた人にどうすればいいのかすら、わからないのですから。」

従来訳

論語 下村湖人

季路が鬼神に仕える道を先師にたずねた。先師がこたえられた。――
「まだ人に仕える道もわからないで、どうして鬼神に仕える道がわかろう。」
 季路がかさねてたずねた。――
「では、死とは何でありましょうか。」
 すると先師がこたえられた。――
「まだ生が何であるかわからないのに、どうして死が何であるかがわかろう。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

季路

論語 季 金文 論語 路 金文
(金文)

孔子の弟子、仲由子路のこと。詳細は論語の人物:仲由子路を参照。

鬼神

論語 鬼 金文 論語 神 金文
(金文)

論語の本章では、”亡き人の霊魂”。

「鬼」はオニではなく、死者の魂。「神」は大地や穀物やそのほか自然界のあらゆるものにやどる、精霊のこと。たとえば「愚公山を移す」の山の神のような存在。ただし「鬼神」と続けて書いた場合は、亡き人の魂を指す場合がある。

論語の本章では、顔回死去直後のことと思われるので、この解釈を取った。なお甲骨文の時代では、「神」「電」「申」は書き分けられていなかった。つまり同じ言葉だった。

論語 申 甲骨文
「申」(甲骨文)

論語 事 金文2 論語 事
(金文)

論語の本章では、”ものごと”ではなく動詞として”仕える”こと。『字通』によると、もとは主人の家内で奉仕することを「仕・官・臣」といい、主人の命令で外に出かけて働くことを「事」と言った。

未能事人、焉能事鬼

論語 能 金文
「能」(金文)

子路は「鬼神」について問うたのに、孔子は「鬼」に限定して答えている。意訳のように、顔回の死にふさぎ込んでいる孔子を子路が気遣ったのだろうか。この違いを考慮しない従来訳には、今回賛成しない。

なおこの部分は「未能事人焉、能事鬼」と句点を切り直して(未だ能く人に事えざりなん、能く鬼に事えん)と読むことも可能で、そうなると「生きているうちはよくしてやれなかった。せめて死後はよく弔ってやろう」と訳せる。

敢問死

論語 敢 金文 論語 問 金文
「敢問」(金文)

論語の本章では、”押して死とは何かを問います”。「敢問」とは、相手が答えたくないことを押して問うこと。伝統的論語の解釈では、この句の直前で句読を切って、話者が孔子から子路に代わったとする。しかしそれを示す記号はない。すると以下の通りとなる

子曰、「未能事人、焉能事鬼。敢問死。」〔子路〕曰、「未知生、焉知死。」

孔子「今でも人に奉仕する方法が分からない。どうして亡霊に奉仕する方法が分かろうか。そもそも、人の死とは何だろうな。」
子路「私は今だに生きるとは何かがわかりません。ですから死をわかるはずもありません。」

子路は孔子の最初の弟子であり、年齢も8年しか違わない。孔子最晩年の70代、8年の違いはほとんど友人同然と思われる。従って、子路の死に動顛した孔子が、子路に死とは何かを尋ねることは大いにありそうだ。

この問題は論語のどの版本によるかの問題で、中国で標準版本とされる、武英殿十三経注疏本『論語注疏』では「敢問死」の前に「曰」が付いていない。すなわち孔子が「死とは何だろうな」と言った可能性を示している。

しかし日本の懐徳堂本『論語義疏』、日本の清家本と中国の唐石経を比較校訂した武内本では「曰」が付いており、明白に話し手が変わって子路が「死とは何でしょう」と問うたことになる。この決着は訳者の手には余るので、今は両論を併記した。

未知生、焉知死

論語 生 金文 論語 死 金文
「生」「死」(金文)

ここも句読を切り直すと、「未知生焉、知死」(未だ生を知りざりぬるも、死を知る)となり、「今なお生とは何か分からんが、顔回のことで思い知ったよ。死がどんなに悲しいものかを。」と訳せる。

『学研漢和大字典』によると「生」は会意文字で、「若芽の形+土」。地上に若芽のはえたさまを示す。いきいきとして新しい意を含む。青(あおあお)・清(すみきった)・牲(いきている牛)・姓(うまれによってつける名)・性(うまれつきのすんだ心)などと同系のことば、という。

論語:解説・付記

論語時代の儒者が考えた人間のたましいは、実は二種類に分かれる。重さの軽い「魂」と重い「魄」があり、両者が調和して肉体(尸)に宿ると人は生きる。
論語 魄 古文
「魂魄」(古文)

調和が崩れると魂魄は肉体(尸)から抜けてしまい、魂は雲(云)のようにゆるゆると立ち上って天に上がってしまい、魄は地下に潜っていく。これが人の死である。
論語 尸 古文 論語 云 古文
「尸」「云」(古文)

『学研漢和大字典』によると「魂」は会意兼形声文字で、「鬼+(音符)云(=雲。もやもや)」。雲と同系で、もやもやとこもる意を含む。渾(コン)(もやもやとまとまる)と、非常に縁が近い、という。

「魄」は会意兼形声文字で、「鬼+(音符)白(ほのじろい、外わくだけあって中みの色がない)」。人のからだをさらして残った白骨、肉体のわくのことから、形骸(ケイガイ)・形体の意となった。白・覇(ハク)・(ハ)(=覇。月の外わく)と同系のことば、という。

「尸」は象形文字で、人間のなきがらが横たわった姿。「云」は息や空気がもやもやと立ちのぼる姿、という。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)