論語詳解494子張篇第十九(23)叔孫武叔大夫に°

論語子張篇(23)要約:孔子先生より弟子の子貢の子貢の方がよっぽど偉い、と門閥家老。確かに子貢の政治外交の才は抜群ですが、子貢は否定にかかります。いや先生の方が偉い。先生の偉さが分かるのは、分かるものだけだ、と。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

叔孫武叔語大夫於朝、曰、「子貢賢於仲尼。」子服景伯以吿子貢。子貢曰、「譬之*宮牆*、賜之牆也及肩、窺*見室家之好。夫子之牆數仞、不得其門而入*、不見宗廟之美、百官之富。得其門者或寡矣。夫子之云、不亦宜乎。」

校訂

武内本

清家本により、牆の下に也の字を補う。入の下に者の字を補う。諸、唐石経之に作る。闚、邢本窺、釋文此本(=清家本)に同じ。

定州竹簡論語

……[以]告子貢 外字a。子貢 外字a曰:「辟諸宮牆b,[賜]之牆c及肩,䂓d見[室家]589……子之牆e數 外字f仞g,不得其門而入h,不見宗廟之美,[百官]590……其門者或寡矣。夫子之員i,不亦宜乎!」591……

  1. 貢 外字、今本作”貢”。
  2. 辟諸宮牆、漢石經作”辟諸宮蘠”、阮本作”譬之宮牆”、皇本、高麗本作”譬諸宮牆也”。
  3. 今本”牆”下由”也”字。漢石經作”蘠”。
  4. 䂓、阮本、皇本、『釋文』作”闚”、漢石經作”窺”
  5. 窺、漢石經作”蘠”。
  6. 數 外字、今本作”數”。
  7. 仞、『釋文』云”仞、一作刃、音同。”
  8. 皇本、高麗本”入字下有”者”字。
  9. 員、今本作”云”、『説文』段注云”又假借為云字、如『秦誓』’若弗員來’、『商頌』’景員維河’、箋云’員、古文云’”。

→叔孫武叔語大夫於朝、曰、「子貢賢於仲尼。」子服景伯以吿子貢 外字。子貢 外字曰、「辟諸宮牆、賜之牆及肩、䂓見室家之好。夫子之牆數 外字仞、不得其門而入、不見宗廟之美、百官之富。得其門者或寡矣。夫子之員、不亦宜乎。」

復元白文(論語時代での表記)

叔 金文孫 金文武 金文叔 金文語 金文大 金文夫 金文於 金文朝 金文 曰 金文 子 金文江 金文賢 金文於 金文仲 金文 子 金文服 金文京 金文伯 金文㠯 以 金文告 金文子 金文江 金文 子 金文江 金文曰 金文 <img src=者 諸 金文宮 金文牆 金文 賜 金文之 金文牆 金文也 金文及 金文論語 肩 甲骨文 規 金文見 金文室 金文家 金文之 金文好 金文 夫 金文子 金文之 金文牆 金文婁 金文刃 金文 不 金文得 金文其 金文門 金文而 金文入 金文 不 金文見 金文宗 金文廟 金文之 金文美 金文 百 金文官 金文之 金文畐 金文 得 金文其 金文門 金文者 金文或 金文寡 金文已 矣金文 夫 金文子 金文之 金文雲 金文 不 金文亦 金文宜 金文乎 金文

※貢→江・景→京・肩→(甲骨文)・數 外字→婁・仞→刃・富→畐・矣→已。論語の本章は「尼」の字が論語の時代に存在しないが、おそらく「二」と書かれた。固有名詞のため、同音近音のいかなる漢字も論語時代の置換候補になりうる。

書き下し

叔孫武叔しゆくそんぶしゆく大夫たいふてうげていはく、子貢しこう仲尼ちうぢよりまさると。子服景伯しふくけいはくもつ貢 外字しこうぐ。貢 外字しこういはく、これみやかきたとふるに、かきかたおよび、室家すまひきをうかがん。夫子ふうしかき數仞すうじんなり、かどらざらば、宗廟みたまややむごとなき、百なすつかさめるをず。かどものあるひすくなから夫子ふうしへること、おほいむべならず

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

叔孫シュクソン武叔ブシュクが家老たちに言った。「子貢は孔子より偉い」と。子服景伯がその話を子貢に告げた。子貢が言った。「その話を屋敷の垣根に例えるなら、私の垣根は肩の高さで、住居の立派さが外からのぞき見られます。先生の垣根は大人の背丈数人分で、垣根の門から入らなければ、祖先祭殿の立派さや、仕える人々の多さが見えません。そしてその門を見つけられるのは、場合によっては少ないでしょう。叔孫どのが仰ったのも、まことにその通りではありませんか。

意訳

叔孫武叔「子貢は大したものだ。孔子より偉いではないか。」
子服景伯「…というようなことを、叔孫どのが家老連に語っていましたが。」

論語 子貢 自慢
子貢「買いかぶりですな。屋敷の塀に例えるなら、私は肩ほどの高さです。その気が無くても、通りがかれば住まいの立派さがよく見えるでしょう。しかし先生の塀は大人の背丈数人分です。祖先祭殿の立派さや、使用人の多さは、門から入らねば見えません。しかも誰もが門を見つけられるとも限りません。叔孫どのには、無理でしょうなあ、あははは。」

従来訳

論語 下村湖人

叔孫武叔が朝廷で諸大夫に向っていった。――
「子貢は仲尼以上の人物だと思います。」
子服景伯がそのことを子貢に話した。すると子貢はいった。――
「とんでもないことです。これを宮殿の塀にたとえて見ますと、私の塀は肩ぐらいの高さで、人はその上から建物や室内のよさがのぞけますが、先生の塀は何丈という高さですから、門をさがしあてて中にはいって見ないと、御霊屋みたまやの美しさや、文武百官の盛んな装おいを見ることが出来ないのです。しかし、考えて見ると、その門をさがしあてるのが容易ではありませんので、大夫がそんなふうにいわれるのも、或は無理のないことかも知れません。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

叔孫武叔在朝庭上對大夫們說:「子貢賢於孔子。」子服景伯把這話告訴子貢,子貢說:「拿圍牆做比喻吧,我的牆齊肩高,站在牆外,就能看到我家裏富麗堂皇;孔子的牆幾丈高,如果不從大門進去,就看不見雄偉壯觀、多姿多彩的景象。進得去門的人太少了,叔孫先生這麽說,也是可以理解的!」

中国哲学書電子化計画

叔孫武叔が朝廷で大夫たちに言った。「子貢は孔子より賢い」。子服景伯がこの話を子貢に告げた。子貢が言った。「垣根をたとえに使いましょうか、私の垣根は肩の高さです。垣根の外に立っても、それでも我が家の富んで美しく立派なさまが見えるでしょう。孔子の垣根は数丈の高さがあって、もし門から入らなければ、どうやっても立派でみごとな、多様多彩な景色は見えないでしょう。門から入ることが出来る人ははなはだ少ないですから、叔孫さんのそのような言い方は、それもまた理解できます!」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

叔孫武叔(シュクソンブシュク)

論語 叔 金文 論語 孫 金文
「叔孫」(金文)

論語では、孔子在世当時の魯国門閥三家老家の一家・叔孫氏の当主。三家=三桓のうち、筆頭の季孫氏は孔子や弟子を雇うなど、一門との関係は浅くなく、孟孫氏は孔子を押し上げる後ろ盾になったことから関係が深い。しかし叔孫氏とは、これといったつながりの記録がない。

大夫

論語 貴族

論語では”家老”。国君の家臣の内、国政に携わるような領主貴族階級を言う。一つ上の「卿」は、領主貴族のうち城郭都市=邑を所領に持つ者をいい、一つ下の「士」は、参政権はあるが必ずしも所領を持たず、都市の商工民も含み得る。詳細は春秋時代の身分秩序を参照。

朝 字解
『欽定書経図説』より

論語の本章では”朝廷”。論語の時代、諸侯国の政府会議は未明に一度、午後に一度、都合二度開かれたとされる。

百官承事,朝而不夕,此公侯之所以扞城其民也。


役人たちが主君の御用を承るに当たって、朝のみで夕方は行わないほど政治が暇なら、これこそが諸侯が国を守り民を守っている証拠となる。(『春秋左氏伝』成公十二年2)

子貢

論語 子貢

論語では孔子の弟子で、弁舌の才を孔子に評価された孔門十哲の一人、端木賜子貢のこと。「貢 外字」は「貢」の異体字。論語の時代に存在しないが、「江」が論語時代の置換候補になりうる。辞書的には論語語釈「貢」を参照。

論語 賢 金文
(金文)

論語の本章では”優れている”。初出は西周中期の金文。『学研漢和大字典』による原義は、宝箱を抜け目なくじっと見つめて管理するさまで、さちおこと、抜け目のないこと、油断のないこと。詳細は論語語釈「賢」を参照。

論語 於 金文 論語 於
(金文)

論語の本章では、”~に”・”~より”などの意味で用いられている。初出は西周早期の金文。『学研漢和大字典』によると、「はた+=印(重なって止まる)」の会意文字で、じっとつかえて止まることを示す、という。詳細は論語語釈「於」を参照。漢文では多くの場合”…で”を意味するが、他に”…を”を意味する場合もある。

仲尼(チュウジ)

論語 尼 古文 論語 孔子 不気味
「尼」(古文)

論語では、孔子のあざ名。『史記』孔子世家によると、孔子の母(顔徴在)が出生前にキュウに祈って孔子が生まれたので、仲尼とあざ名が付いたという。

「尼」の初出は前漢の隷書で、論語の時代存在しない。ただし固有名詞のため、同音近音のいかなる漢字も論語時代の置換候補になりうる。あるいは、仲尼というあざ名と、尼丘の伝説が後世の創作である可能性すらある。後者はほぼ間違いなくそうだろう。文字的には論語語釈「尼」を参照。

いずれにせよ孔子のあざ名のうち、「仲」は次男を意味する(男の子が生まれると「伯仲叔季」の順で名付ける)が、「尼」が何を意味するのか分からない。『学研漢和大字典』によると、「尼」の上古音はnɪerまたはneɪであり、「二」の上古音nierと近い。ここからもとは「仲二」と書き、単に”次男坊”を意味すると想像したくなる。孔子はおそらく母が取った客の子であり、言わば社会の最底辺の出身だったからだ。

つまり著名人になる前の孔子に、敬称の一種であるあ名があったと考えがたく、あ名が後世重々しい字で書かれるようになっただけではなかろうか。

子服景伯(シフクケイハク)

論語 服 金文 論語 景 古文
「服」(金文)・景(古文)

論語では、孔子在世当時の魯国の家老の一人。『春秋左氏伝』にも名が載り、子貢と共に魯国の外交で活躍したさまが記される。

「景」の初出は前漢の隷書。論語の時代に存在しないが、同音の「京」が論語時代の置換候補になりうる。詳細は論語語釈「景」を参照。

論語 告 金文 論語 吿 解字
(金文)

論語の本章では”告げる”。新字体は「告」。『学研漢和大字典』によると、『説文解字』では、牛の角に付けた棒が、人に危険を告知することから、ことばで告知する意を生じたとする、という。詳細は論語語釈「告」を参照。

譬(ヒ)→辟(ヘキ)

論語 譬 篆書
(篆書)

論語の本章では”たとえる”。初出は後漢の『説文解字』。論語の時代に存在しない。部品の辟は甲骨文からあり、『大漢和辞典』に”たとえる”の語釈を載せる。『学研漢和大字典』によると、辟(ヘキ)は「人+辛(刃物)」からなる会意文字。人の肛門(コウモン)に刃物をさして横に二つに裂く刑罰。劈(ヘキ)(よこに裂く)の原字。譬は「言+〔音符〕辟」の会意兼形声文字で、本すじを進まず、横にさけて別の事がらで話すこと、という。詳細は論語語釈「譬」論語語釈「辟」を参照。

之→諸

論語の本章では”これ”。

「之」の原義は足の進むさまで、”これ”の意に当てるのは音を借りた転用。「諸」は「之於…」(シヲ)”…にこれを”をつづめた言葉で、これも音を借りた転用。論語語釈「之」論語語釈「諸」を参照。

宮牆(キュウショウ)

論語 宮 金文 論語 牆 墻 金文
(金文)

論語の本章では”屋敷の垣根”。

論語の時代の「宮」は、神や君主の住まいに限らない。金文が∩型+口2つであることから分かるように、原義は塀で取り囲まれた複数の建物を意味し、貴族の屋敷も「宮」と呼ばれた。詳細は論語語釈「宮」を参照。

「牆」の初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、嗇(ショク)は「麥+作物をとり入れる納屋」からなり、収穫物を入れる納屋を示す。牆は「嗇(納屋)+(音符)爿(ショウ)」の会意兼形声文字で、納屋や倉のまわりにつくった細長いへいを示す、という。詳細は論語語釈「牆」を参照。

賜(シ)

論語 賜 金文 論語 子貢 礼
(金文)

論語の本章では、子貢の実名。自称であることから、へりくだって実名を用いている。辞書的には論語語釈「賜」を参照。

論語 肩 甲骨文
(甲骨文)

論語の本章では”肩”。論語では本章のみに登場。甲骨文より存在するが、金文は未発掘。『学研漢和大字典』によると会意文字で、「かたから手の垂れたさま+肉」。かたくて平らなかたのこと。上部は戸(=戸)ではない、という。詳細は論語語釈「肩」を参照。

窺(キ)・闚(キ)→䂓(キ)

論語 窺 古文
(古文)

論語の本章では”のぞき見る”。

「窺」は論語では本章のみに登場。初出は説文解字。論語の時代に存在しない。古文の字形は大きく異なっており、上掲は論語 窺 異体字と記されたもの。他の字形は更に異なる。詳細は論語語釈「窺」を参照。
論語 窺 古文字形

「闚」は論語では本章のみに登場。初出は説文解字。論語の時代に存在しない。詳細は論語語釈「闚」を参照。

定州竹簡論語の「䂓」は『大漢和辞典』・『学研漢和大字典』で「規」の正字とされる。初出は殷代末期の金文。原義は「ぶんまはし」=円を描く”コンパス”だが、同音に「闚」「窺」があって、“伺う”の語釈がある。詳細は論語語釈「規」を参照。

室家

論語 室 金文 論語 家 金文
(金文)

論語の本章では”住まう建物”。漢文ではシッカと音読みし、”家庭・家族・一族”の意味で用いられることがある。

「室」の初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、至は、矢がぴたりと目標まで届いたさま。奥までいきづまり、その先へは進めない意を含む。室は「宀(やね、いえ)+(音符)至」の会意兼形声文字で、いちばん奥のいきづまりのへや、という。詳細は論語語釈「室」を参照。

「家」の初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、「宀(やね)+豕(ぶた)」の会意文字で、たいせつな家畜に屋根をかぶせたさま、という。詳細は論語語釈「家」を参照。

夫子

論語 夫 金文 論語 子 金文
(金文)

論語の本章では”先生”、または”あのお方”。愚直に読み下せば「きみ」=あのお方で、師匠や貴族に対する丁寧な呼称だが、論語ではおおむね孔子を指す。本章でもa「夫子之牆」はそれでよいが、b「夫子之云」については叔孫武叔の可能性があり解釈が分かれる。

b夫子之云、不亦宜乎。
訳ア:先生のお話は、まことにもっともではありませんか。
訳イ:叔孫武叔どののお話も、まことにもっともではありませんか。
=叔孫武叔どのに先生の偉さが分からないのも、無理はないですね。

a「夫子之牆」の「夫子」が孔子を指すと断定できるのは、a以前の文脈による。

叔孫「孔子より子貢の方が偉い」

子貢「私の垣根は低い。a夫子の垣根は高い」

ではb「夫子之云」以前の文脈を見ると以下の通り。

子貢「先生の垣根は高く、門からしか入れないが、誰でも入れるわけではない。b夫子の話は、もっともではないか」

bを孔子と解した場合、同文内で夫子の語義にブレはなくなる。”夫子の話は、もっともではないか”は、”叔孫どのは先生をおとしめたが、先生の話はすばらしいものだ”の意となる。ただこの解釈はわかったようでわからない。要するに面白くない。

bを叔孫と解した場合、夫子の語義がブレる。しかしb部分の解は”叔孫どのがそう仰るのは無理もない。門から入れるだけのおツムが無いんですなあ、わははは」という子貢の哄笑となって面白い。また叔孫をタネに孔子を権威付け、ついでに子貢の才も目立たせる。

訳者の見解では、おそらくb夫子は叔孫を指すのだろう。

數仞→數 外字

論語 数 金文 論語 仞 篆書
「数」(金文)・「仞」(篆書)

論語の本章では”大人数人分の高さ”。

「仞」は論語では本章のみに登場。初出は前漢の隷書。論語の時代に存在しない。同音の「刃」が「仞に通ず」と『大漢和辞典』に言う。『学研漢和大字典』によると、からだを横にねじ曲げ、右手を上に左手を下に伸ばすと、半月形のD型となる。その弦(右手先から左手先まで)は、手尺ではかって七尺になる。半月形は刀に似ており、その弦は刀の刃にあたる部分だから、これを仞(ジン)という、とあるが、要するに手を広げた幅で、ほぼ身長に近い。詳細は論語語釈「仞」を参照。

數 外字
定州竹簡論語の「數 外字」は、「數」(数)の異体字と解する以外に方法が無い。字形としては左上から時計回り順に「虫+攴+女+由」だが、ただし「虫」は最後の一点を欠く。

𢿘
「數」の異体字に「𢿘」があり、「數」より「數 外字」に近いが、ただそれだけのことしか分からない。『大漢和辞典』によると女真族の支配した金代に書かれた字書『五音篇海』に、「𢿘同數」とあるという。

「数」の初出は初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しない。部品の「婁」は”しばしば”の意味で「數に通ず」と『大漢和辞典』が言い、西周早期の金文から存在する。詳細は論語語釈「数」を参照。

宗廟

論語 宗 金文 論語 廟 金文
(金文)

論語の本章では”祖先祭殿”。

「宗」は祭祀を共にする一族、そこで祭られる先祖を指す。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、「宀(やね)+示(祭壇)」の会意文字で、祭壇を設けたみたまやを示す。転じて、一族の集団を意味する。族はその語尾がつまってkに転じたことば、という。詳細は論語語釈「宗」を参照。

「廟」は亡き人の霊魂を祀る祭殿を指す。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、「广(いえ)+朝」の会意文字で、朝まだきころ参拝するみたまやのこと、という。詳細は論語語釈「廟」を参照。

論語 富 金文 論語 富 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では”たくさんいる”。この文字の初出は上掲戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はpi̯ŭɡ。同音に不、否。部品の畐(カ音・藤音不明)に”満ちる”の語釈を『大漢和辞典』が載せており、甲骨文から存在する。詳細は論語語釈「富」を参照。

百官之富

論語の本章では”広間・広場に大勢の使用人が集まっているさま”。個々の使用人がどれほど金持ちであろうとも、それを見て感心する人がいるとは思えないので、そこにいる使用人の数に富む、と解釈すべき。

「官」はもと屋敷に集まった大勢の人のことで、主として公的な使用人=役人を意味するが、必ずしも役人を意味しない。詳細は論語語釈「官」を参照。

猶衆也、此与師同意。


また大勢の人を意味する。これは「師」と同じ意味である。(『説文解字』)

また訳者はその見解を取らないが、論語八佾篇22の「官事不攝」の解釈は、”使用人の役目を兼任させない”と多くの論語本は言う。

寡矣

論語 寡 金文 論語 矣 金文
(金文)

論語の本章では”少ないでしょうなあ”。

「寡」は”少ない”。初出は西周早期の金文。『学研漢和大字典』によると、宀(やね)の下に頭だけ大きいひとりの子が残された姿を示す会意文字で、ひとりぼっちのさまを示す。たよるべき人や力のないこと、という。詳細は論語語釈「寡」を参照。

「矣」は完了・断定・詠嘆を意味しうるが、上記「夫子」で考察したように、子貢はあざ笑うかのように叔孫を罵倒しているのであり、詠嘆と理解するのがふさわしい。ただし「矣」は論語の時代に存在せず、同音同訓の「已」が置換候補となる。詳細は論語語釈「矣」を参照。

論語 云 古文 論語 云
(金文)

論語の本章では”お話”。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』による原義はもくもくとわき上がる雲で、口中で息がとぐろを巻くように口ごもること。転じて、”話(す)”の意になった、という。詳細は論語語釈「云」を参照。

不亦宜乎

論語 宜 金文
「宜」(金文)

論語の本章では”まことにもっともではないでしょうか”。「亦」を「また」と読んで”それもまた”と解釈するのは一つ覚えと言うべきで、ここでは”おおいに”の意。

「宜」の初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると「宀(やね)+多(肉を盛ったさま)」の会意文字で、肉をたくさん盛って、形よくお供えするさまを示す。転じて、形がよい、適切であるなどの意となる、という。詳細は論語語釈「宜」を参照。

論語:解説・付記

孔子が68才で放浪の旅から魯国に戻る数年前から、子貢は子服景伯と共に、覇者気取りで何かとうるさく干渉してくる、呉国との折衝に当たっていた(『春秋左氏伝』哀公7)。その後も魯の外交官として八面六臂の活躍をしているから、叔孫の評価には無理がない。

孔子 左遷
ただし子服景伯が叔孫武叔の言葉を伝言していることから、この当時子貢は朝廷の会議に列席できるほど偉くなく、しかも孔子も干されて列席できなかったことを窺わせる。孔子が朝廷に出られず、弟子の冉有が出ていることを論語子路篇14が窺わせるが、史実性に乏しい。

その代わり『春秋左氏伝』の記述が確かなら、孔子は確かに干されている。

季孫欲以田賦,使冉有訪諸仲尼,仲尼曰,丘,不識也,三發,卒曰,子為國老,待子而行,若之何子之不言也。仲尼不對,而私於冉有曰,君子之行也。度於禮,施取其厚,事舉其中,斂從其薄,如是則以丘亦足矣,若不度於禮,而貪冒無厭,則雖以田賦,將又不足,且子季孫若欲行而法,則周公之典在,若欲苟而行,又何訪焉,弗聽。

論語 冉求 焦り 論語 孔子 激怒2
季孫家が耕地の面積で徴税しようとした。冉有を孔子の下へ使わして意見を聞いた。
孔子「知らん。」

三度問い直しても黙っているので、冉有は言った。「先生は国の元老です。先生の同意を得て税制を行おうとしているのに、どうして何も仰らないのですか。」それでも孔子は黙っていた。だがおもむろに「これは内緒話だがな」と語り始めた。

「貴族の行動には、礼法の定めによって限度がある。配給の時には手厚く、動員の時はほどほどに、徴税の時は薄くと言うのがそれだ。そうするなら、従来の丘甲制で足りるはずだ。もし礼法に外れて貪欲に剥ぎ取ろうとするなら、新しい税法でもまた不足するぞ。

御身と季孫家がもし法を実行したいなら、もとより我が魯には周公が定めた法がある。その通りにすれば良かろう。そうでなく、もしどうしても新税法を行いたいなら、わしの所へなぞ来なくてよろしい。」そう言って許さなかった。(『春秋左氏伝』哀公十一年)

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)