論語044八佾篇第三(4)林放礼の本を問う

論語八佾篇(4)要約:心のないお作法は見せ物、孔子先生はそう思いました。だからお作法の奥義を問われて、めでたい事には心から祝い、人が亡くなれば心から悲しむ事だと教えました。派手な飾りや仕草より、心が人を和ませるのだよと。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

林放問禮之本。子曰、「大哉問。禮與其奢也、寧儉。喪與其易也、寧戚。」

書き下し

林放りんはうれいもとふ。いはく、だいなるかなとひれいおごらんむしつつしめ。つくばむしいため。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 褒める
林放が礼の根本を問うた。先生が言った。「よい質問だ。祭礼は派手にやるが、心は慎ましくしろ。葬礼は這いつくばって見せ物にするが、心は芯まで悲しめ。」

意訳

祭りも葬儀も心が大事、外見は派手に見せても、心まで見せ物にするな。

従来訳

 林放りんぽうが礼の根本義をたずねた。先師がこたえられた。――
「大事な質問だ。吉礼は、ぜいたくに金をかけるよりも、つまし過ぎる方がいい。凶礼は手落がないことよりも、深い悲みの情があらわれている方がよい。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

林放

論語 林 金文 論語 放 金文
(金文)

論語の本章では、孔子の弟子の一人。論語ではこの八佾篇にあと一回出てくるだけで、当時の記録もない。その論語八佾篇の記述を参考にする限り、厳しい性格だったと思われる。

禮(礼)

論語 礼 金文 論語 殯 礼
(金文)

論語の本章では、”礼法”。孔子のあるいはオタク趣味と言ってもいい仁フィギュア好みの、詳細なスペック。仁者はどう振る舞えばいいかの一切を規定するもの。詳細は論語における「礼」を参照。

與(与)

論語 與 与 金文 論語 与
(金文)

論語の本章では、比較の”…よりも”。”…と”・”…よりも”を覚えておくと、漢文では大体間に合う。『学研漢和大字典』による語法は以下の通り。原義は複数人で象牙を運ぶ姿。詳細な語釈は論語語釈「与」を参照。

奢(シャ)

論語 奢 金文 論語 奢
(金文)

論語の本章では”豪勢に行う”。『大漢和辞典』の第一義は”張る”。

『学研漢和大字典』によると、会意兼形声文字で、者は、煮(熱を充実する)の原字でいっぱいに充実する意を含む。奢は「大+〔音符〕者」で、おおげさに充実しすぎること。都(人の充実したまち)・儲(チョ)(いっぱいためる)・庶(たくさん)・諸(たくさん)と同系のことば、という。

論語 寧 金文 論語 寧
(金文)

論語の本章では、接続辞として”むしろ”。『大漢和辞典』の第一義は”やすらか”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、寍は「宀(やね)+心+皿」をあわせて、家の中に食器を置き、心を落ち着けてやすんずるさまを示す。丂印は語気ののび出ようとして屈曲したさまで、やはりこちらに落ち着こうという語気をあらわす。

寧は「亜印+〔音符〕寍(ネイ)」。▽清(シン)朝では宣宗(センソウ)のいみな(旻寧)をさけて甯と書く、という。

儉(倹)

論語 倹 金文大篆 論語 倹
(金文)

論語の本章では、『大漢和辞典』の第一義と同じく”つづまやか”。つつしむ事。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、僉(セン)の篆文(テンブン)は「亼(あつめる)+口(くち)二つ+人ふたり」の会意文字で、多くの物を放置せずにひと所に集約することを示す。その金文は、多くの物をひとまとめにしたさま。儉は「人+〔音符〕僉」で、散漫にせず、きちんと引き締めた生活ぶりをあらわす。集約して引き締めるの意を含む。檢(=検。札をまとめてきちんとそろえる)・嶮(ケン)(稜線がしまってそそりたつ山)などと同系のことば、という。

論語 易 金文 論語 易
(金文)

論語の本章では”はいつくばう”とも、”おだやか”(古注)とも、”おさまる”(新注)とも読める。多様な語義のある字で、『学研漢和大字典』による原義は”とかげ”。”おさまる”とするなら、”葬礼は型にはまるより哀しみを表せ”の意味になる。

原義はとかげ、もしくは巫女の踊る姿。詳細な語釈は論語語釈「易」を参照。

論語 戚 金文 論語 戚 析
(金文)

論語の本章では”悲しむ”。『大漢和辞典』の第一義は”オノ・まさかり”。第二義として”いたむ”等が現れる。では、親族や友人など、人が亡くなって悲しむ範囲を指すという。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、尗は、まめの細いつるで、小さく縮んだ意を含む。

戚は「戉(まさかり)+〔音符〕尗(ちいさい)」で、もと小さい手おののこと。促(ソク)(身近にせまる)に当てて、身近な親戚の意に用い、寂(セキ)(心細い)に似た意に用いて、心細く思いわずらう意となった。原義のままではあまり用いられない、という。

論語:解説・付記

論語の本章は、「林放問礼之本﹅﹅」とあって、「問礼」ではないところがミソ。論語時代の儒家の礼法について、儒家自身の記録は残っていないが、同時代の証言として、それこそ箸の上げ下ろしまで身分別に規定した煩瑣なものだったことが、『史記』や『墨子』に記されている。

論語 晏嬰
とても守り切れるものではない、と隣国斉の宰相・晏嬰アンエイに批判されており、また孔子と入れ替わるように生きた墨子も批判した。また論語郷党篇には、論語時代の礼法講義メモと思われる記述が多くあり、批判されても仕方がないほど微に入り細に入り、歩き方まで規定がある。

孔子は恐らく、まず理想的な人間像として仁者を想像し、その挙措動作を礼として想像した。「述べて作らず」(論語述而篇1)とは孔子の言だが、孔子は知り得た過去のあらゆる礼法の内、仁者にふさわしいものを取り出して礼法を構成した。つまり過剰になるしかなかった。

現在『史記』の記述として残った、論語時代より前の情報は、古くなるほど史実ではないのはもちろんだが、ラノベの常として過激になりがちであり、しかももう少し信憑性を持たせるように工夫できなかったのかと、訳していて思う程度には古拙な創作。

論語 舜
古代の聖王が何もしないのに天下太平だったというのがその代表で、もとが古拙に過激である以上、理想の人間像を想像するからには、一層過激に、つまり礼法は煩瑣にならざるを得なかった。本章に登場する林放は、厳しい性格だけに真に受けて、礼法修行に励んだのだろう。

しかしあまりの煩瑣に音を上げて、一体何の意味があるのですかと問うたのだろう。いわば現代人が外出の際に、必ずトサカをかぶりなさいと言われたようなものだから。それに答えて孔子は、規定は煩瑣に違いないが、その心は真心に基づくと、林放を諭したのが本章の眼目。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

スポンサーリンク
スポンサーリンク