論語詳解486子張篇第十九(15)吾が友張や’

論語子張篇(15)要約:友人の子張は難しいことでもやってのけるが、仁者ではない、と弟子の子游。孔子先生ですら、自分では仁者ではないと言いました。弟子の子張に仁者を求めるというのは、無理というものではありますが…。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

子游曰、「吾友張也、爲難能也、然而未仁。」

校訂

定州竹簡論語

……游曰:「吾友張也為難能也,然而未仁。」583

復元白文(論語時代での表記)

子 金文游 金文曰 金文 吾 金文友 金文張 金文大篆也 金文 為 金文難 金文能 金文也 金文 然 金文而 金文未 金文仁 甲骨文

※張→(金文大篆)・仁→(甲骨文)。論語の本章は句末で「也」を用いている。その部分は戦国時代以降の儒者による加筆である。

書き下し

子游しいういはく、ともちやうくしがたきをかなしかいまじんならず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

子游が言った。「私の同窓の子張は、やりにくいことをする。そうではあるが、なのにまだ貴族らしくはない。」

意訳

論語 子游 論語 子張
子游「子張のやつは難しいことでもやってのける。だがまだ貴族らしいとは言えないな。」

従来訳

論語 下村湖人

子游がいった。―― 「友人の張(ちょう)は、困難なことをやりとげる男ではあるが、まだ仁者だとはいえない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

子游說:「我的朋友子張算很難得的了,可是還不能算仁。」

中国哲学書電子化計画

子游が言った。「我が友子張はとても難しいことでもやり遂げると認めるが、ただしやはり仁は認められない。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」


子游

論語 子游

論語では孔子の若い弟子で、文学の才を孔子に評価された孔門十哲の一人、エン子游を指す。孔子より35年少であり、本章で批評した子張より13年長になる。

論語 吾 金文 論語 吾
(金文)

論語の本章では、”私の”。初出は甲骨文。原義は”ことば”=「語」の原字だが、「我」とともに音を転用して一人称となった。中国語は論語の頃まで格変化の名残が残っており、「吾」は主に主格と目的格に用いた。対して「我」は目的格に用いた。詳細は論語語釈「吾」を参照。

論語 友 金文 論語 友 解字
(金文)

論語の本章では”同窓”。初出は甲骨文。互いに腕を曲げてかばい合うような関係の人物を言う。対して「朋」は、同格に並び立つような関係の人物を言う。友人と言うより、志を同じくする仲間、同志に近い。詳細は論語語釈「友」を参照。

論語 子張

論語の本章では、孔子の若い弟子で、孔門十哲には入っていないが、それに次ぐ言及が論語に残る、セン孫師子張を指す。孔子からは”何事もやり過ぎ”と評された。なお「張」の字は論語の時代に存在しないが、固有名詞のため同音近音のいかなる別字も置換候補になり得る。辞書的には論語語釈「張」を参照。

論語 也 金文
(金文)

論語の本章では、「吾友張也」では「や」と読み、主格を強調する働きをし、「爲難能也」では「なり」と読み、句末に付いて断定の意を示す。句末に用いるのは戦国時代以降の語法。詳細は論語語釈「也」を参照。

爲難能

論語の本章では、”難しいことをする”。

「爲」は”する”。新字体は「為」。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、爲の甲骨文字は「手+象」の会意文字で、象に手を加えて手なずけ、調教するさま。人手を加えて、うまくしあげるの意。転じて、作為を加える→するの意となる。また原形をかえて何かになるとの意を生じた。詳細は論語語釈「為」を参照。

「難」は”むずかしい”。初出は西周末期の金文。原義はヤキトリと『学研漢和大字典』はいう。詳細は論語語釈「難」を参照。

「能」は”出来ること”。初出は西周早期の金文。原義はウミガメの象形。漢語は品詞が安定せず、都合によって動詞にも名詞にもその他にもなるので、品詞の判定は緩めにしておかないと、漢文読解が行き詰まる。詳細は論語語釈「能」を参照。

「難能」は修飾語→被修飾語の関係で、”出来ることが難しいこと”を意味する。

論語 然 金文 論語 然
(金文)

論語の本章では”確かにそうである”。初出は春秋早期の金文。『学研漢和大字典』による原義は焼き肉の脂がたれて燃える姿。のち、然を指示詞ゼン・ネンに当て、それ・その・そのとおりなどの意をあらわすようになった、という。詳細は論語語釈「然」を参照。

而(ジ)

而 甲骨文 論語 而 解字
(甲骨文)

論語の本章では”それなのに”。初出は甲骨文。原義は”あごひげ”。金文になると、二人称や”そして”の意に転用され、原義では用いられなくなった。英語のandに当たるが、「A而B」は、AとBが分かちがたく一体となっている事を意味し、単なる時間の前後や類似を意味しない。詳細は論語語釈「而」を参照。

論語 未 金文
(金文)

論語の本章では”まだ~でない”。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』による原義は木のまだのびきらない部分を描いたもので、まだ…していないの意をあらわす、という。詳細は論語語釈「未」を参照。

論語 仁 古文 孟子
(古文)

論語の本章では、”貴族らしさ”。常時無差別の愛などの意味は、孔子没後一世紀後の孟子が言いだした話。本章は史実を疑う理由がないので、孔子在世当時の語義で解釈すべき。詳細は論語における仁を参照。

論語:解説・付記

『論語集釋』は本章について別解を示している。

此友字係動詞,言我所以交子張之故,因其才難能可貴,己雖有其才,然未及其仁也。蓋文人相輕,係學者通病,豈聖門而有此哉?未仁指子游說,如此既可杜貶抑聖門之口,且考大戴禮衛將軍文子篇:孔子言子張不弊百姓,以其仁爲大。是子張之仁固有確據。王氏此說,有功聖經不小。

程樹德
ここでの「友」は係動詞で、”友人にする理由は”の意。全体で、”私が子張と友人づきあいをするのは、難しいこともやってのけるその才能が貴重だからで、私にも才が無いわけではないが、子張の実践している仁には及ばない”と言っている。

これまでの儒者には粗忽者が多く、学問をすると脳みそがいかれて変な読みをする。これではどうやっても、孔子様の聖なる教えを理解することは出来ない。”仁には及ばない”のが子游であるという説は、聖なる教えをおとしめてきた人の口を閉ざすものだ。

また『大載礼記』衛将軍文子篇にも、「孔子は子張を評して、庶民を苦しめないと言った。その仁が大きいと言った」とある。これは子張の仁が確立されていたことの証拠だ。

この説を唱えた王闓運の言い分は、聖なる経典の偉大さを示す立派なものだ。(程樹徳『論語集釋』)

つまり子游は、「年下の子張と対等に付き合う理由は、子張がすごいからで、自分はとても及ばない、とりわけ仁の実践は子張の方が優れている」と自己批判したと解している。

漢語的には無理の無い解釈だが、子張と同年代で、子游にとっては同じく弟弟子の子夏を、「教えがチマチマしておる」と罵倒する(論語子張篇12)ような子游が、こうもしおらしいとは思えない。普通にせんべいをかじりながら言うような気分で、子張を評したのだろう。

訳者の見るところ、子張は確かに仁=貴族らしくなかっただろう。理由は子張が仕官した記録が無いことで、さんざん就職活動をしたにもかかわらず(論語為政篇18)仕官できなかったのは、諸侯や卿大夫が雇う気を起こさないほど、子張の貴族としての技が足りなかったからだ。

その代わり戦国末期の荀子に罵倒される程度には、その派閥が残っていた。荀子は当時の儒学界のボスで、目障りに思う程度には、子張派がはばを利かせていたことになる。つまり子張は、私塾の経営者としては成功したのだろう。大隈重信や福沢諭吉と同じである。

弟陀其冠,衶禫其辭,禹行而舜趨:是子張氏之賤儒也。

荀子
冠を貧乏くさくかぶり、ぼそぼそともっともらしいことを言い、古代の伝統だからと変な動作を見せ物にするのが、子張派の腐れ儒者どもだ。(『荀子』非十二子篇17)

なお『論語集釋』が言う『大載礼記』の記述は次の通り。

業功不伐,貴位不善,不侮可侮,不佚可佚,不敖無告,是顓孫之行也。孔子言之曰:『其不伐則猶可能也,其不弊百姓者則仁也。詩云:「愷悌君子,民之父母。」』夫子以其仁為大也。

論語 子貢 遊説
(子貢が衛の将軍・文子に、孔子一門の人物評を問われて答えた。)
業績を誇らず、高位高官に登りたがらず、後悔せずさばさばしていて、失敗しそうなことでもやってのけ、それでも”どうだすごいだろう”などとは言わない。これが子張という男です。

孔子は子張をこう評しました。「自慢しないのは能があるからだ。民衆を苦しめないのは仁があるからだ。詩に言う、”情け深い君子こそ、民の父母”と。」孔子は子張の仁を、大したものだと評価したのです。(『大載礼記』衛将軍文子篇9)

「仁」の解釈を、孟子の言う「仁義」と捉えていることから、この記述はウソ八百で、『論語集釋』の所説は、これゆえにも崩れることになる。なお清末民初の時代を生きた程樹徳が、儒教や論語を「聖」と呼んでいるのには時代的背景がある。

清朝を滅ぼしたのは孫文だが、そのスローガンは「駆除韃虜」(満洲の野蛮人どもをつまみ出せ)だった。ハエやカと同じ扱いで呼んだのである。そして立国した民国は、中華文明の偉大さを顕彰するのに忙しかった。大総統以下が、式典でぞろぞろとした儒者服を着たりもした。

中華民国 祀天通禮
だからこその「聖教」呼ばわりで、江戸期の文化を「旧弊」呼ばわりした明治維新とは事情が違う。日本は、さっさと近代国家建設を目指したが、中国ではそうも行かなかったわけ。「託古改正」(昔にかこつけて改革する)は現中国もそうで、『毛語録』が復活したらしい。

ゆえに中国を知るには、長~い目が必要である。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)