論語051八佾篇第三(11)或る人禘の説を問う

論語八佾篇(11)要約:お作法に誰より詳しい孔子先生。大切な祭りの次第が分からなくなった朝廷が、先生に問い合わせます。しかし心のこもらない祭りに、手を貸したくない先生は、知らん振りをして使者を追い返したのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

或問禘之說。子曰、「不知也。知其說者之於天下也、其如示諸斯乎。」指其掌。

書き下し

るひとていせつふ。いはく、らざるなりせつもの天下てんかけるこれここしめすがごと」といひて、たなごころゆびさせり。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 ある人1 論語 孔子 肖像
ある人が禘の詳細を問うた。先生が言った。「知りません。それを知っている者は天下でもこうですな」と言って、空の手のひらを指さした。

意訳

論語 孔子 怒り
神官どもが禘の詳細を聞きに来たたが、教えたくない。空っぽの手のひらを指さして追い返してやった。

従来訳

 ある人がていの祭のことを先師にたずねた。すると先師は、自分の手のひらを指でさしながら、こたえられた。――
「私は知らない。もし禘の祭のことがほんとうにわかっている人が天下を治めたら、その治績のたしかなことは、この手のひらにのせて見るより、明らかなことだろう。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

禘(テイ)

論語 示 金文 論語 帝 金文
「示」「帝」(金文)

論語の本章では、天の神を祀る祭礼。前章の語釈を参照。

說(説)

論語 説 金文大篆 論語 説
(金文)

論語の本章では、”説く・解きほぐす・解き明かし”。言葉でしこりを取り除くこと。

漢文では音が通じる「悦」と同じとし、”よろこぶ”意に用いることがあり、それは論語でも例外ではないが、本章では”解説”の意味。

論語:解説・付記

従来訳のように、論語のほんのささいな言葉から大げさな道徳的教訓を作り上げるのを、微言大儀という。

なお既存の論語本では、吉川本に以下のように言う。「祭りについての学問的説明は、孔子のころにすでに議論が分かれていたのであろう。…孔子の答えは…完全に分からなかったのではなく、自信のある説明を難しいとしたのである。」
論語 吉川幸次郎

訳者の見解は異なる。わざわざ人が聞きに来るという事は、本章は孔子が礼法の大家として名を成した晩年のことであり、なぜ名を成したかと言えば、政治家として有名になったからで、古代や中国では文化は常に、時の政権の意向によってどうとでも変わるものだった。

訳者が子供の頃の中国人は、首都北京に住まうような人でも、九分九厘が緑か青の人民服(チュンシャンフー)を着ており、今日の中国人が着ているような、世界のどこでも見られるような服装をしていれば、「資本主義・帝国主義の手先」として袋だたきに遭うか、収監されただろう。

帰国後の孔子は政権の中心にはいなかったものの、国老・相談役として時の権力者に厚遇はされなかったが礼遇はされていたから、朝廷の神官たちもその威光を恐れざるを得なかった。だからこそ式次第を聞きに来たのだが、「時の流れは変わるものだ」(論語子罕篇17)。

論語 孔子 激怒2
若き日の孔子を魯国の祖先祭殿で哄笑した神官が、(論語八佾篇15)、今度は腰を低くして聞きに来る。遺恨を抱いていた孔子はここぞとばかり、青白い炎を心の中に燃え上がらせ、意趣返しをしたのだ。「怨みには怨みで返す」(論語憲問篇36)のが孔子の信条だったからだ。

今日の中国の発展を開いた鄧小平は、失脚するたび復活し「不倒翁」と呼ばれた。その政治の秘訣を聞かれて、「長生きだ」と答えた映像を見たことがある。孔子は平均寿命が30ほどの論語時代に、70過ぎまで生きた。人の感情の当てにならぬ事を今さらながら思い知っただろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)