論語316子路篇第十三(14)冉子朝より退く

論語子路篇(14)要約:冉有ゼンユウは、実直な実務家で武将としても活躍した孔子先生の弟子。ある日朝廷から夜遅く退勤して、先生に理由を問われます。政務でして、と答える冉有に、先生は意外な言葉を投げかけるのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

冉子退朝、子曰、「何晏也。」對曰、「有政。」子曰、「其事也。如有政、雖不吾以、吾其與聞之。」

書き下し

冉子ぜんしてうより退しりぞく。いはく、なんおそきや。こたへていはく、まつりごとり。いはく、ことならむ。まつりごとあらば、われもちゐずといへども、われこれあづかかむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

冉有が朝廷から退勤してきた。先生が言った。「なぜ遅くなったか。」答えて言った。「政治がありまして。」先生が言った。「雑用だろう。もし政治なら、私が政権内にいないからといって、その話を聞くだろう。」

意訳

冉有が遅く帰ってきた。
孔子「どうしたのだ?」
冉有「政務がありまして。」
「雑用だろう? 今は引退の身だが、政務に関わる事なら私の耳にも入るよ。」

従来訳

冉先生が役所から退出して来られると、先師がたずねられた。――
「どうしてこんなにおそくなったのかね。」
 冉先生がこたえられた。――
「政治上の相談がひまどりまして。」
 先師がいわれた。――
「いや、そうではあるまい。季氏一家の私事ではなかったかね。もし政治向きのことであれば私にも相談があるはずだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

晏(アン)

論語の本章では”夜遅く”。

語義は”晴れる・温かい・鮮やか”の意だが、ここでは”おそい・暮れる”と伝統的に解釈するので、ここでは従う。隣国斉の名家老、晏嬰(アンエイ)の氏でもある。

語義は”こと”。論語の本章では”雑用”とでも解する他はない。

論語:解説・付記

従来訳の注に、「冉有は当時魯の大夫季氏の執事をつとめていた。季氏は専横で国政を他の重臣に謀らず、私邸で家臣と謀議するのを常としていた。孔子は現職ではなかつたが、かつて大夫の職にあたつたので当然国政の相談にはあずかるはずであつた。思うに孔子は、冉有が公私の別を正さないのを戒めると共に、間接に季氏の専横を難じたのであろう」とあるが、はて。

先ず第一に、本章で冉有が「朝」から退く、とあるからには、季氏の屋敷ではなくて公宮から、と解する。それとも、季氏の屋敷から帰ったのに、「公宮から帰りました」と冉有がウソをついたのだろうか。実直な冉有の性格からして、その可能性は低いように思える。

次に季氏が専横だったことについて、これは論語の当時に始まったことではなく、とうの昔から殿様は行政能力を失っていたことが、『史記』や『左伝』の記述から知れる。確かに季氏に権力欲はあっただろうが、そうせざるを得ない事情もあったので、悪いこととは言い難い。

(昭公が季氏を討伐しようとして)子家駒が言った。「殿様、許してやって下さい。季氏が政治を執るようになって長くなります。その配下となった者も多く、集まって何かをたくらむでしょう。」しかし昭公は許さなかった。『史記』魯世家・昭公

『左伝』はもっとはっきり言っている。

子家子が言った。「殿様、季氏を許してやって下さい。季氏が政治を執るようになってから長く、困った民を食べさせているのも季氏です。彼らは季氏のためなら何でもするでしょう。日が暮れたら暴れ出して、どうなるかわかりません。民衆の怒りは貯まったままでは済みません。その怒りが発酵するほど放置して置いた今、殿への怒りが爆発し、群れを成して襲いかかりますぞ。なのに今さら季氏の討伐ですか。きっと後悔なさいます。」『春秋左氏伝』昭公二十五年

いくら孔子でも、すでに季氏なしでは魯がやっていけないことぐらい分かっていただろうし、その季氏に執事として仕えている冉有が、政治向きの話を相談されるのももっともだろう。思うにこの時期、孔子と冉有の間はぎくしゃくし始めていたのではないか。

論語先進篇16で、孔子は冉有をあたかも破門したように見える。孔子の帰国工作に最も功績があったのは冉有だが、それすら忘れてしまったのだろうか? やはり孔子も人間で、弟子に対する妬みの心があったと考えるのも、あながち間違ってはいないだろう。

なおここで冉有が、「冉子=冉先生」と尊称されているのも気に掛かるが、理由がわからない。あるいは、正直に「先生のフィギュア趣味にはついていけません」と言ってしまったばかりに、破門された冉有(論語先進篇16)を、同じ実務家の子貢が憐れんだのかも知れない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)