論語詳解313子路篇第十三(11)善人百年邦を*

論語子路篇(11)要約:孔子先生は司法官としては、とても厳しい処罰者でした。しかし罰を与えるよりも、罪を犯させないようにすることがよりよいと考えていました。具体的な策は伝わっていませんが、善意の統治者ではありました。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「善人爲邦百年、亦可以勝殘去殺矣。誠哉是言也。」

校訂

定州竹簡論語

曰:「『善人為國百年,亦[可]以勝俴a去殺矣。』誠哉是[言也]!」334

  1. 俴、今本作”殘”。

※國は漢高祖劉邦の避諱。


→子曰、「善人爲邦百年、亦可以勝俴去殺矣。誠哉是言也。」

復元白文

子 金文曰 金文 善 金文人 金文為 金文邦 金文百 金文年 金文 亦 金文可 金文㠯 以 金文戔 金文去 金文殺 金文已 矣金文 成 金文哉 金文言 金文也 金文

※俴→戔・矣→已・誠→成。論語の奔走は勝の字が論語の時代に存在しない。本章は戦国末期以降の儒者による捏造である。

書き下し

いはく、ひとくにをさめて百ねんおほいそこなひをしのころすをなりと。まことなるかなこと

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「善良な人が国を百年治めたら、間違いなく無残な刑を抑制し死刑を廃止できるのだ、と言うが、本当だよ、この言葉は。」

意訳

ニセ孔子
善良な人に百年国を任せたら、死刑を廃止できる。ウソじゃないぞ。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「古語に、単なる善人に過ぎないような人でも、もしその人が百年間政治の任にあたることが出来たら、人間の残忍性を矯め、死刑のような極刑を用いないでもすむようになる、とあるが、まことにその通りだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「『善人治國百年,也可以戰勝殘暴、免除殺戮了。』這話很對呀!」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「善良な人が百年国を治めれば、それだけで兇暴な外国に勝利し、殺戮から免れる、という。この話は本当に正しいな!」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

善人

論語の本章では”善良な人”。

孔子の生前は違い、悪人に対比させた場合の善人や、いつもニコニコしている妙好人、ではない。「善」とは”能力”のことであり、「善人」とは”有能な人・万能人”を指す。しかし本章はおそらく漢帝国の儒者による作文であり、偽善的に解する必要がある。詳細は論語語釈「善」を参照。

爲邦/為邦

論語の本章では”国を治める”。「為」の原義は大きな象を調教することで、もともと”おさめる”の意があった。詳細は論語語釈「為」を参照。

定州竹簡論語が「國」を用いているのは、高祖劉邦の名を避けたため。

論語の本章では”本当に”。

否定辞を伴わない「亦」は、婉曲表現として”それについては、まあ”の意もある。ただし本章の場合、句末に「矣」という断定の辞があるので、婉曲には解しがたい。詳細は論語語釈「亦」を参照。

論語の本章では”無くする”。初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はɕi̯əŋで、同音は存在しない。詳細は論語語釈「勝」を参照。

殘/残→俴

戔 金文
「戔」越王句踐之子劍・春秋晚期

論語の本章では”死刑”。論語では本章のみに登場。

「残」は”残忍・残酷”。そのような事をする者、つまり”粗暴犯”を意味するが、下記の通り本章ではそうでない。

初出は前漢の隷書。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はtsʰɑn(平)。同音に餐”飲む・食う”、粲”精白米・明らか”。部品の戔dzʰɑn(平)を「通じて殘に作る」と大漢和辞典は言い、甲骨文から存在する。漢音は「サン」。「ザン」は呉音。

定州竹簡論語の「俴」は儒者のハッタリ。「残」の語義を持たないが、「残」と解してよい。詳細は論語語釈「残」を参照。

去殺

論語の本章では、「去」→”やめる”、「殺」→”死刑”。論語語釈「去」論語語釈「殺」を参照。

勝殘去殺

「残」「殺」ともに”死刑”を意味しうることから、「そこないをしのぎ殺すを去る」と読み、直訳すると”死刑を抑制し死刑を廃止する”と解せる。「止殺」で済むものを、もったいを付けた表現。

もし孔子の肉声なら、漢字の原義に近づけ「あさましきに勝ち殺すを去る」と読んで、”粗暴犯を抑制し死刑を廃止する”と解すべきだろうが、本章は偽作が確定しているので、この解は成り立ちがたい。なお古注と新注はこの解を支持している。

この部分の解釈について『論語集釋』を参照すると、儒者が甲論乙駁しているが、いずれも論語の無謬性を前提としており、議論がオトツイの方角に向かっている。

誠哉是言也

論語の本章では”本当だなあ、この言葉は”。「是言誠哉也」の倒置表現。「誠」の初出は秦系戦国文字。論語の時代に存在しないが、同音の成に”まことに”の語釈がある。詳細は論語語釈「誠」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、「んなワケねえだろ」と子供でも分かるようなウソを孔子が言わされているが、こういう偽善の章は、まずニセモノだと思って間違いない。「朕オモウニワガコーソコーソー」と同様、人々に思考停止を強いて、儒者らの意のままに操ろうとする洗脳である。

本章に対する、儒者の感想文の一つを紹介しよう。宋儒・鄭汝諧の『論語意原』から。

古有此語所以申言之葢省意也周自平王東遷諸侯力爭殆無虛月民之困於傷殘殺戮者二百餘年矣有王者作能朝諸侯而一天下僅可已其亂至於勝殘去殺雖使善人為之非百年相繼之乆必不能致此所以歎當世之習亂而痛斯民未有反古之日也昔からこの言葉はあったのだろうが、おそらく元を一部を切り取って言ったと思われる。西周が滅び、周の平王が都を東に移して東周時代になってから、諸侯は互いに戦争ばかりで、民草は傷害や殺害に苦しみ続けて二百年以上が過ぎた。

だがもし本当の王者が出てきたら、諸侯を従え天下を統一し、速やかに戦乱を終わらせただろう。しかし「勝殘去殺」と言っても、その能も無いただの善人が出てきただけでは、平和な世が百年以上続きでもしない限り、無理だったに違いない。

だから本章の言葉は、当時の戦乱を歎いた言葉で、かつてのような平和な日々を送れなくなった、民草を憐れんだ言葉なのだ。(『論語意原』巻三100)

筆者の鄭汝諧は科挙を通りそこそこ出世した儒者官僚で、北宋滅亡の混乱期に生まれたが、成人した時には南宋が安定しており、結構幸せな生涯を送ったらしい。この部分を読む限り、宋儒独特のオカルトにも毒されていないようだ。

もう一つ、明儒・王訥諫の感想文も記そう。原文に当たれなかったので、『論語集釋』に引く部分のみ孫引きして記す。

子欲善而民善、縱不能旋至立效、亦何至作百年迂疏之談。蓋此是古語、如魯兩生所云「禮樂百年而後可興」之類。周自文武開基、成康之時、乃致刑措。漢高帝平海内、至文景之丗、乃漏網於呑舟之魚、吏治烝烝。不至於奸、蓋去殺若斯之難也。

孔子先生は善を求め、とりわけ民の善を求めた。たとえすぐさま民を善人へと躾けられないにしても、なんで百年間とか、雲を掴むような話をしたのか。

この言葉は当時のことわざで、『史記』叔孫通伝にある、魯の儒者が言った、「礼楽は百年掛けないと盛んにならない」のたぐいと同じである。(それほど難しいことなのだ。)

周は文王武王が開き、二代成王・三代康王の時代まで、死刑を行わなかった。漢の高祖が天下を平定し、五代文帝・六代景帝の時代まで、かなりの大事でも大目に見たので、おかげで統治は滞りなく行われた。

悪党がはびこらず、死刑を廃止するというのは、これほど珍しいことなのだ。(『四書翼註』)

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント