論語489子張篇第十八(18)孟壮子の孝や

論語子張篇(18)要約:ウスノロ曽子の孔子先生思い出ばなしその二。昔の魯国の家老、孟壮子は孝行者だが、たいていのことは真似できる。しかし父親の家臣と政策を変えなかったことは難しい、と。そんなに大層なことなのでしょうか?

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

曾子曰、「吾聞諸夫子。孟莊子之孝也、其他可能也、其不改父之臣與父之政、是難能*也。」

*武内本:(清家本能の字なし。)唐石経難下能の字あり。

書き下し

曾子そうしいはく、われこれ夫子ふうしけり。孟莊子まうさうしかうくすなりちちしんちちまつりごとあらためざるは、くしがたなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

曽子が言った。「私はこのような話を先生から伝え聞いた。孟壮子の孝行は、その他は行うことが出来るものであるが、父の家臣と父の政治を変えなかったことは、これこそ行うことが難しいものである。」

意訳

論語 曽子 ウスノロ
曽子「又聞きだが、先生はこう仰ったそうだ。孟壮子の孝行は、たいていは誰にでも出来ることだが、父の家臣と政策を変えなかったこと、これだけは難しい、と。」

従来訳

曾先生がいわれた。――
「私は先生がこんなことをいわれたのを聞いたことがある。孟荘子の親孝行も、ほかのことはまねが出来るが、父の死後、その重臣とその政治方式とを改めなかった点は、容易にまねの出来ないことだ、と。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

曾(曽)子

論語 曽子

論語では、孔子に魯=”ウスノロ”と評された若い弟子。後世、『孝経』を書いたなど、孝道の開祖に祭り上げられた。

吾聞諸夫子

論語 聞 金文 論語 聞
(金文)

論語の前章同様、”私はこれを先生から伝え聞いた”。「吾」は一人称の主格を、「聞」は間接的に伝え聞くことを意味する。「諸」は音を借りた当て字で”これ”を意味し、「夫子」は師匠など目上に対する敬称。

孟莊(荘)子

論語 孟 金文 論語 壮 金文 論語 子 金文
(金文)

論語の本章では、孔子の生国・魯の大夫=家老で、姓は仲孫、名は速。孔子3歳の時に没したという。父親は魯の賢臣と言われた孟献子。

孟莊子之孝也

論語 也 金文
「也」(金文)

ここでの「也」は、「や」と読んで文頭の主語・副詞を強調する働きをする。

論語:解説・付記

論語の本章について、藤堂本では論語学而篇11「三年父の道を改めざらば、孝といいつべし」との関連を指摘する。とはいえ、父の家臣と政策を取り替えなかったことが、なんでそんなに難しい孝行なのかはよく分からない。というわけで、歴代の儒者があれこれ書いている。

論語 古注 馬融
謂在諒闇之中父臣及父政雖不善者不忍改之也
(馬融曰く、)父の喪中、父の家臣と政策は、たとえ良くないと分かったものでも、変える事に耐えられなかったのだ。(『論語集解義疏』)
論語 古注 何晏
時人有喪三年之內皆改易其父平生時臣及政事而莊子居喪父臣父政雖有不善者而莊子猶不忍改之能如此者所以是難也
何晏カアン曰く、)当時の人は喪の三年の間に、誰もが父生前の家臣と政策を変えたものだ。ところが(孟)荘子は父の喪中、父の家臣と政策は良くないとわかったものでも、変えるのに耐えられなかった。このような事情から、真似するのは難しいと言ったのだ。(『論語集解義疏』)
論語 朱子 新注
莊子能用其臣,守其政。故其他孝行雖有可稱,而皆不若此事之為難。
(朱子曰く、)孟荘子は父の家臣を使い続け、政策を守る事が出来た。だから彼の孝行は讃えるべきものではあるが、誰もがそうできるわけではないから、難しいと言ったのだ。(『論語集注』)

いずれも例によって史料的裏付けもなく、個人的感想、または論語に名を借りた自己宣伝に過ぎない。何晏の言う、三年で取り替える例があったのか、寡聞にして知らない。孟献子・孟荘子父子について『春秋左氏伝』を参照しても、三年改めず云々の記事は見あたらない。

従ってなぜ孔子が「難しい」と言ったか、そもそも孔子が本当にそう言ったのか、本章は文字的には全て金文にさかのぼれるものの、真相の全ては古代の闇の中である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)