論語072里仁篇第四(6)我未だ仁を好む者を見ず

論語里仁篇(6)要約:仁とは何か。それは思いやりですから、思いさえすれば誰でも出来る。しかし差別無くいつも情けをかけるのは、並の人間に出来る事ではありません。それも自分次第なのだよと、孔子先生は言うのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「我未見好仁者、惡不仁者。好仁者、無以尙之。惡不仁者、其爲仁矣。不使不仁者加乎其身。有能一日用其力於仁矣乎。我未見力不足者。蓋有之矣、我未之見也。」

書き下し

いはく、われいまじんこのなるもの不仁ふじんにくなるものず。じんこのもつこれねがふことし。不仁ふじんにくは、じんなり不仁ふじんなるもの使くはへしめざらん。一日いちじつちからじんもちゐるなむわれいまちかららざるものず。けだこれなむも、われいまこれざるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子
先生が言った。「私は仁の情けを好む行為、不仁を憎む行為を見たことがない。仁を好む行為は、これ以上何も言うことはない。不仁を嫌う行為は、それが仁の実践になる。不仁な行為がその身に起こらないからだ。たった一日その力を仁の情けに向ける事が出来るだろうか。私はその力がない者を見たことがない。調べればきっといるだろうが、私は見たことがない。

意訳

論語 孔子 ぼんやり
世の中不人情な奴ばかりだ。不人情を憎むだけでいいのに。たった一日でいいから情けから離れずにいてくれないものかな。出来ないとは言わせないぞ。

従来訳

 先師がいわれた。――
「私はまだ、真に仁を好む者にも、真に不仁を悪む者にも会ったことがない。真に仁を好む人は自然に仁を行う人で、全く申分がない。しかし不仁を悪む人も、つとめて仁を行うし、また決して不仁者の悪影響をうけることがない。せめてその程度には誰でもなりたいものだ。それは何もむずかしいことではない。今日一日、今日一日と、その日その日を仁にはげめばいいのだ。たった一日の辛抱さえ出来ない人はまさかないだろう。あるかも知れないが、私はまだ、それも出来ないような人を見たことがない。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 仁 金文大篆 論語 仁
(金文)

論語では”常時無差別のなさけ・あわれみ”。原義は敷物を敷いてあげること。詳細は論語における「仁」を参照。また仁と知の関わり、その本質とは何かについての考察については、論語雍也篇23も参照。

論語 者 金文
(金文)

論語の本章では、”(まさに)~ということ”。そう読まないと「不使不仁者加乎其身」の文意が通じない。日本語で「前者・後者」と言うように、「者」は人格に限らない。語法としては「~(なるもの)は」と読み、主語を明示して強調する意を示す。

「我未見力不足者」については”~という人”と解釈した方がわかりやすいが、”~ということ”でも文意が通じる。

尙(尚)

論語 尚 金文 論語 煙突
(金文)

論語の本章では、『大漢和辞典』の第一義と同じく”こひねがう”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「向(まど)+八(わかれる)」で、空気抜きの窓から空気が上にたち上って、分散することを示す。上、上にあがるの意を含む。また、上に持ちあげる意から、あがめる、とうとぶ、身分以上の願いなどの意を派生した。

また、その上になお、の意を含む副詞となる。上・揚(あがる)と同系のことば、という。

論語 蓋 金文 論語 タジン鍋
(金文)

論語の本章では、”考えて見ると・推測するに”。『大漢和辞典』の第一義は”おほふ”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、盍(コウ)は「去+皿(さら)」の会意文字で、皿にふたをかぶせたさま、かぶせること。蓋は「艸+〔音符〕盍」で、むしろや草ぶきの屋根をかぶせること。

甲(かぶせる)・闔(コウ)(ふさぐ)・嗑(コウ)(口をふさいでぶつぶついう)などと同系のことば。掩(エン)(かぶせておおう)・弇(エン)(かぶせておおう)などとも縁が近い、という。

漢文の読解では、句頭にある時は”考えて見ると”・”そこで”・”そもそも”の意と、再読文字として”なんぞ~ざる”を、句中に動詞としてある時は”覆う”の意味を知っておくと便利。『学研漢和大字典』による語法は以下の通り。

  1. 「けだし」とよみ、「たぶん」「思うに」と訳す。全体を見わたして推量する意を示す。文頭、述語の前にくる。
  2. 「けだし」とよみ、「そもそも」「いったい」と訳す。文頭におかれ、議論をおこしたり、結論を述べる。
  3. 「~蓋…」は、「~はけだし…」とよみ、「~は要するに…」「~はつまり…である」と訳す。後節の文頭におかれ、前節の理由・原因を説明する。
  4. 「なんぞ~ざる」とよみ、「どうして~しないのか」と訳す。再読文字。▽「何不(カフ)」ɦa・puの二字を「蓋(カフ)」ɦapの一字で代用した用法。盍(コウ)に当てた用法。「何不~」と意味・用法ともに同じ。《同義語》盍。

論語:解説・付記

「者」を人格と捉えている限り、難しい字がないのに分かりづらいことでは、論語中屈指の章。「仁を好む行為を見たことがない」と言っていることから、まだ顔回に出会う前の、ごく初期の発言かもしれない。ともあれ、”仁は誰にでも実践できる”が本章の主張。

論語 孔子 せせら笑い
では当の孔子はどうかと言えば、晩年になって”自分は仁者ではない”と言い出す始末で、このあたりのいい加減さを見落とすと、生きた孔子を死んだカナブツにしてしまうことになる。

つまり孔子の公式な肩書きである「大成至聖文宣先師孔子」=巨大な業績の万能の力を持つ文化を広めた誰をも教えた尊い教師である孔子、と考えると論語を読み誤る。論語郷党篇にある通り、大酒飲みで歌を歌うのが好きで大げさな仕草を見せ物にする人間と思えばよろしい。

本章で「不仁」=不人情、と言っているについても同様で、「仁」とは極めて大げさな情けだった。いくら乱世とは言え、情け深い人が皆無だったはずがない。それなのに不人情な者ばかりだと孔子が嘆いたのは、「仁」が並外れた自己犠牲を伴うものだったからだ。

詳細は論語における「仁」を参照。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)