論語詳解489子張篇第十九(18)孟壮子の孝や*

論語子張篇(18)要約:ウスノロ曽子の孔子先生思い出ばなしその二。昔の魯国の家老、孟壮子は孝行者だが、たいていのことは真似できる。しかし父親の家臣と政策を変えなかったことは難しい、と。そんなに大層なことなのでしょうか?

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

曾子曰、「吾聞諸夫子。孟莊子之孝也、其他可能也、其不改父之臣與父之政、是難能*也。」

校訂

武内本

(清家本能の字なし。)唐石経難下能の字あり。

定州竹簡論語

……父之臣與父之正也a,是[難]584……

  1. 也、今本無。

→曾子曰、「吾聞諸夫子。孟莊子之孝也、其他可能也、其不改父之臣與父之正也、是難能也。」

復元白文

曽 金文子 金文曰 金文 吾 金文聞 金文者 金文夫 金文子 金文 孟 金文荘 金文子 金文之 金文未 金文也 金文 其 金文它 金文可 金文能 金文也 金文 其 金文不 金文改 金文父 金文之 金文臣 金文 与 金文父 金文之 金文政 金文 是 金文難 金文能 金文也 金文

※他→它。論語の本章は、発言者の曽子が孔子の直弟子ではない。「也」の字を句末で用いている。本章は戦国時代以降、おそらく秦帝国の儒者による捏造である。

書き下し

曾子そうしいはく、われこれ夫子ふうしけり。孟莊子まうさうしかうくすなりちちしんちちまつりごとあらためざるくしがたなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

曽子が言った。「私はこのような話を先生から伝え聞いた。孟壮子の孝行は、その他は行うことが出来るものであるが、父の家臣と父の政治を変えなかったことは、これこそ行うことが難しいものである、と。」

意訳

論語 曽子 ウスノロ
曽子「又聞きだが、先生はこう仰ったそうだ。孟壮子の孝行は、たいていは誰にでも出来ることだが、父の家臣と政策を変えなかったこと、これだけは難しい、と。」

従来訳

論語 下村湖人

曾先生がいわれた。――
「私は先生がこんなことをいわれたのを聞いたことがある。孟荘子の親孝行も、ほかのことはまねが出来るが、父の死後、その重臣とその政治方式とを改めなかった点は、容易にまねの出来ないことだ、と。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

曾子說:「我聽老師說過:孟莊子的孝順,其他方面別人都可以做到,衹有他不更換父親下屬和父親的規矩,是難以做到的。」

中国哲学書電子化計画

曽子が言った。「私は先生が話されるのを聞いたことがある。”孟荘子の親孝行は、それ以外の方面なら誰にでもまねできるが、ただし父親の家臣と父親の掟を更新しなかったのは、まねをするのが難しい”と。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

曾(曽)子

論語 曽子

論語では、孔子に魯=”ウスノロ”と評された、若い弟子とされる人物。後世、『孝経』を書いたなど、孝道の開祖に祭り上げられた。史実と認められる孔子との対話が無く、直弟子とは言いがたい。おそらく孔子家の家事使用人だったと思われる。詳細は論語の人物・曽参子輿を参照。

論語 吾 金文 論語 吾
(金文)

論語の本章では”私”。中国語は殷の時代まで格変化があり、周の時代ではおそらく言語が変わったのか、格変化は消滅したが、一人称に関してはその名残が残った。一人称主格・所有格では「吾」を用い、目的格では「我」を用いた。詳細は論語語釈「吾」を参照。

ただしこの区別も、春秋時代の終わりと共に消滅した。その意味では本章が、孔子在世前後の時代までさかのぼる可能性を示しているが、後漢儒による古さを演出する小細工だとすると、とんでもない悪党のしわざとも言える。後漢というふざけた帝国も参照。

論語 聞 論語 譖

論語の本章では”伝え聞いた”。春秋時代の漢語では、直接的、意図的に聞く事を「聴」と言い、間接的・受動的に聞く事を「聞」と言う。聞きたくなくても聞こえてきた場合も「聞」という。詳細は論語語釈「聞」を参照。

本章は曽子が師の孔子から直に聞いたのではなく、又聞きで聞いたことになる。だがおそらくそうではなく、「聞」と「聴」の違いが分からない後漢儒が、自ら掘った墓穴。

論語 諸 金文 論語 慎 諸
(金文)

論語の本章では”これ”。『学研漢和大字典』による原義はひと所に大勢が集まったさまだが、音を借りて「これ」という近称の指示詞をあらわす。「之於」(シヲ)の略だと伝統的に言われる。詳細は論語語釈「諸」を参照。

この事情は「者」も同様で、論語里仁篇6「不仁をにくむそれ仁を成すなり」は、「者」を人格と捉えている限り読解できない。

夫子

論語 夫 金文 論語 子 金文
(金文)

論語では”先生”。原義は「きみ」=”あのお方”であり、師匠に限らない。辞書的には論語語釈「夫」論語語釈「子」を参照。

孟莊子

論語 孟 金文 論語 壮 金文 論語 子 金文
(金文)

論語の本章では、孔子の生国・魯の大夫=家老で、姓は仲孫、名は速。孔子3歳の時に没したという。父親は魯の賢臣と言われた孟献子。辞書的には論語語釈「孟」論語語釈「荘」を参照。

論語の本章では”親孝行”。初出は甲骨文というから歴史は古いが、原義は”年上に対する年下の愛情”であり、現伝儒教が言うような、奴隷的親孝行を意味しない。孔子もそのような孝行は説かず、親子関係は互恵的であるべきとした。文字的には論語語釈「孝」を参照。

論語 也 金文
「也」(金文)

論語の本章では、「孟莊子之孝也」「其不改父之臣與父之正也」では、「や」と読んで文頭の主語・副詞を強調する働きをする。「其他可能也」「是難能也」では、「なり」と呼んで断定の働きをする。後者のように句末で用いるのは、戦国時代以降の語法。詳細は論語語釈「也」を参照。

論語の本章では”ほか”。初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。同音の「它」に”ほか”の意があり、甲骨文から存在する。

他 字解
『学研漢和大字典』によると、第一列は它の原字で、頭の大きい、はぶのようなへびを描いた象形文字。蛇(ダ)・(ジャ)の原字。昔、へびの害がひどかったころ、人の安否を尋ねて「無它=它(タ)無きや(へびの害はないか)」といった。変異の意から転じて、見慣れぬこと、ほかのことの意となった。第二列は也の原字で、さそりを描いた象形文字。它と也とは字体が似ているため古くから混用されて、佗を他と書くようになった。他は「人+(音符)也」会意兼形声文字、という。詳細は論語語釈「他」を参照。

論語の本章では、動詞として”できる”。本動詞であって助動詞ではない。「可能」は「あたうべし」と読んで、”できることが可能だ”の意。日本語としてくだくだしいので、”することが可能”・”…出来る”と意訳するのは可。ただしそれは、このような手続きを経てから行わねばならない。初出は西周早期の金文。原義はウミガメの象形。詳細は論語語釈「能」を参照。

論語の本章では”家臣”。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、下に伏せてうつむいた目を描いた象形文字で、身をかたくこわばらせて平伏するどれい、という。詳細は論語語釈「臣」を参照。

政→正

論語 始皇帝

論語の本章では”家政の方針”。「政」の字は甲骨文から見られる古い字だが、「正」と書かれたのは、おそらくは秦帝国時代に、始皇帝のいみ名「政」を避けた名残と思われる。詳細は下記。辞書的には論語語釈「正」論語語釈「政」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章について、藤堂本では論語学而篇11「三年父の道を改めざらば、孝といいつべし」との関連を指摘する。とはいえ、父の家臣と政策を取り替えなかったことが、なんでそんなに難しい孝行なのかはよく分からない。というわけで、歴代の儒者があれこれ書いている。

謂在諒闇之中父臣及父政雖不善者不忍改之也…時人有喪三年之內皆改易其父平生時臣及政事而莊子居喪父臣父政雖有不善者而莊子猶不忍改之能如此者所以是難也
論語 古注 馬融 論語 古注 何晏
(馬融曰く、)父の喪中、父の家臣と政策は、たとえ良くないと分かったものでも、変える事に耐えられなかったのだ。
(何晏カアン曰く、)当時の人は喪の三年の間に、誰もが父生前の家臣と政策を変えたものだ。ところが(孟)荘子は父の喪中、父の家臣と政策は良くないとわかったものでも、変えるのに耐えられなかった。このような事情から、真似するのは難しいと言ったのだ。(『論語集解義疏』)
莊子能用其臣,守其政。故其他孝行雖有可稱,而皆不若此事之為難。
論語 朱子 新注
(朱子曰く、)孟荘子は父の家臣を使い続け、政策を守る事が出来た。だから彼の孝行は讃えるべきものではあるが、誰もがそうできるわけではないから、難しいと言ったのだ。(『論語集注』)

いずれも例によって史料的裏付けもなく、個人的感想、または論語に名を借りた自己宣伝に過ぎない。何晏の言う、三年で取り替える例があったのか、寡聞にして知らない。孟献子・孟荘子父子について『春秋左氏伝』を参照しても、三年改めず云々の記事は見あたらない。

従ってなぜ孔子が「難しい」と言ったか、そもそも孔子が本当にそう言ったのか、本章は文字的には全て金文にさかのぼれるものの、真相の全ては古代の闇の中である。だが儒者の意見でも、次のようなのを見ると、本章はそもそもでっち上げと思いたくなる。

潘氏集箋:春秋襄公十九年八月丙辰,仲孫蔑卒。二十三年八月己卯,仲孫速卒。蔑卽莊子之父獻子也,其卒之相去不過四年。學而篇稱「三年無改於父之道,可謂孝矣。」莊子襲賢父世卿之位,歷四年之久,左氏傳於盟向伐邾外無所叙述,是其用人行政悉仍父舊,未嘗改易,可知三年無改爲孝,莊子不止三年,尤所難能,是以夫子獨指而稱之。

程樹德
明儒・潘維城『論語古註集箋』から引用する。

『春秋左氏伝』襄公十九年八月丙辰ひのえたつの日、仲孫蔑が死去した。二十三年八月己卯つちのとうの日、仲孫速が死去した。蔑とはつまり荘子の父、孟献子であり、二人が世を去る時の間は四年を過ぎない。

論語学而篇11で「三年父の道を改めなければ、孝行と言ってよい」と讃えられているが、孟荘子が賢明なる父のあとを継いで家老職に就いたのは、四年間である。その間『春秋左氏伝』では、向の地での盟約と、邾国を討伐した話以外記されていない。

つまり孟荘子は父の家臣も方針も改めなかったのだが、これこそが三年改めないのが孝行に値する行為だと知らせる。孟荘子は三年に止まらなかった。そこが難しいところで、ただ孔子様だけが讃えたのである。

引用終わり。(『論語集釋』)

潘維城は真っ直ぐ言いたいことを書いていない。中国ではその時代の支配イデオロギーに不都合なことを書くと、我が身と家族の命が危ないので、もの凄く遠回しな書き方をする。それは現代中国でも大流行りだが、前近代も事情は同じで、孔子の批判は不可能だった。

だから上の文も、ものすごくひねくれた儒者の論理を解きほぐして読まねばならない。

要するに、「たったの四年間しか家政を取らなかったじゃないか。それで父の家臣や方針を変えなかった事のどこがそんなに孝行になるのだ。孔子様のような聖人には超能力で何かが分かったのだろうが、俺は凡人だからよく知らん」と言っている。

仮に論語の本章が、定州竹簡論語に欠けた部分も現伝の通りだったとして、戦国から前漢にかけての間で、「父親の政策と家臣を変えるな」という強い社会的要請があったものと思われる。そのもっとも巨大な力は、始皇帝による秦帝国の統一だろう。

兵馬俑 秦漢帝国
すると論語の本章で、なぜすでにあった「政」の字を、「正」と記しているかに説明がつく。始皇帝のいみ名が、「政」だからだ。秦帝国では儒者が弾圧されたと言うがそれは半ばウソで、儒家も帝国の博士官として採用されていた。「焚書」はあったが「坑儒」は濡れ衣だ。

『史記』も、始皇帝をだまして金を取って逃げた者、ろくでもないクスリを作った者=諸生を罰したとあり、儒家が標的にされたわけではない。こういうウソを始皇帝は極端に嫌ったから、儒家お得意の論語でっち上げは盛んではなかったろうが、やらなかったわけでもない。

本章はその一例。道士が怪しげな薬や海上の仙郷伝説を持ち出して始皇帝に取り入ったように、儒者は開祖の孔子が始皇帝の政治を認めるような発言をしていたとして、本章のような創作を行い取り入ろうとした。孔子がじかに言ったのでは無く、曽子の又聞きというのがミソ。

本当にそうか、と取り調べを受ければ、一発でウソを白状させられるから、孔子の弟子ではなく家事使用人に過ぎず、所伝のほとんど無かった曽子を道具にして、又聞きという言い逃れの出来る手段を用いたわけ。日本の椿井文書の手口に似ている(論語はどのように作られたか)。

儒者も秦帝国時代を、したたかに生きたのだ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)