論語詳解258先進篇第十一(5)南容白圭を三たび

論語先進篇(5)要約:孔子先生の弟子の南容は、古い歌の教えから、言葉を慎重にするよう心掛けていました。自身はかなりのおしゃべりであった先生は、そんな南容を高く評価するのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

南容三復白圭、孔子以其兄之子妻之。

書き下し

南容なんよう白圭はくけいを三たびくりかえす。孔子こうしあにもつこれめあはす。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 南容
南容は白ケイの歌を三度繰り返した。孔子はその兄の娘を妻合わせた。

意訳

♪キュッ、キュッ、キュッ、
♪磨いてキュッ、
♪傷を取りましょ、玉の傷。
♪言っ、ちゃっ、た、
♪やらかした、
♪言葉は怖いな、取れないな。

論語 孔子 褒める
…おや? 南容がまたいい歌を歌っているな。兄の子をめあわせてやろう。

従来訳

論語 下村湖人

南容は白圭の詩を日に三たびくりかえしていた。先師はそれを知られて、ご自分の兄の娘を彼にめあわされた。

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

南容

論語 南 金文 論語 容 金文
(金文)

論語の本章では、孔子の弟子。論語公冶長篇1にも記載がある。論語憲問篇6に見える南宮括ナンキュウカツを南容=南宮子容だとする説を支持する。南宮氏は魯国門閥家老家の孟孫氏の分家だが、南容は父の遺命で無名の庶民だった孔子に師事し、共に洛陽へ留学し老子から教えを受けた。

容の字は現行書体では宀+谷だが、上古では+公だったとされる。すると姓の「南宮」と、あざなの「公」=”朝廷の評議が行われる庭”が対応し、春秋時代の字の原則にかなう。

白圭

論語 伯 金文 論語 圭 金文
(金文)

「圭」は四角いたま。『詩経』大雅巻にみえる「抑」の歌がそうだとされる。ただし「玷」の字は甲骨文にも金文にも存在しない。

白圭之玷、尚可磨也。/白き圭(たま)の玷(か)けたるは、尚お磨くべきなり。
斯言之玷、不可為也。/この言の玷けたるは、為すべからざるなり。
論語 三才図会 圭

『三才圖會』所収「圭」(ケイ)。東京大学東洋文化研究所蔵

なお論語の時代、「白」と「伯」は書き分けられておらず同じ文字=言葉。

『学研漢和大字典』によると「白」は象形文字で、どんぐり状の実を描いたもの。下の部分は実の台座、上半は、その実。柏科の木の実のしろい中みを示す。柏(ハク)(このてがしわ)の原字。帛(ハク)(しろい布)・粕(ハク)(色のないかす)・皅(ハ)(しろい)・覇(ハ)(月のほのしろい輪郭)などと同系のことば、という。

其兄

論語 其 金文 論語 兄 金文
(金文)

「其」は”その”。詳細は論語語釈「其」を参照。孔子には異母兄がいたとされ、名は孔皮といい、足が悪かったと言われる。

論語:解説・付記

論語時代も東西の古代世界同様、結婚と恋愛は別であり、貴族階級の場合は政略結婚だった。孔子はすでに貴族階級の仲間入りをしていたが、成り上がり者でもあり、門閥との結婚は皆無とは言えないが可能性は低い。従って南容は南宮括=孟子の弟・南宮敬叔ではないと思う。

それともう一つ、論語を読むと奇異に感じることがある。孔子が高く評価した弟子にも関わらず、何をしたか史料が沈黙している弟子が複数居ることだ。もしいずれかの代官になるなり、善政を行うなりしたら、孔子と一門を神格化することで飯を食った儒者が放置しないだろう。

あらゆる想像力をかき立てて、是が非でも聖人の弟子伝説をこしらえるに決まっている。現に曽子はそうなっている。しかし史料に煙のように事跡が消去されているのは、事跡が明らかでなかったのではなく、明らかに出来ない事情が当時からあったことを示している。

論語 弟子 工作員
南容もまた、孔子の政治工作に従った一人なのだろう。そして饒舌な孔子が南容の饒舌を戒める歌を評価したと言うのは、寡黙を評価したことに他ならない。それは政治工作を行う人間として、ふさわしいと言えるのではなかろうか。孔子は南容に、それを期待したのだろう。

そして孔子が兄の子とめあわせたというのは、論語公冶長篇に記す公冶長同様、縁戚となることで南容の忠誠心を買ったということだ。公冶長篇で南容を、乱れた世で刑罰に遭わない、と言ったのは、南容に何か特殊な能力を見たか、背景に何らかの勢力があったということだ。

孔子の弟子で、子路の義兄でもある顔濁鄒ガンダクスウは、魯国・斉国の間にある梁父山に、多くの子分を抱える任侠道の親分だったという(『呂氏春秋』)。その子分の多くが、孔子一門に入門して弟子になったと『史記』孔子世家に言う。南容はその一員だったのかも知れない。

孔子の配下には、こうした実働部隊もいたのだ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)