論語詳解334憲問篇第十四(2)克伐怨欲行わざらば

論語憲問篇(2)要約:芸術家肌の原憲は、恥に続いて仁とは何かを孔子先生に問います。私の生き方は、仁と言えるでしょうかと。原憲には甘い先生ではありますが、さすがにそんな簡単なものじゃないぞと、原憲をたしなめたのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

「克*、伐、怨、欲、不行焉、可以爲仁矣。」子曰、「可以爲難矣、仁則吾不知也。」

校訂

武内本:史記此章を引く、上に子思曰の三字を冠し、可以爲仁矣の矣の字乎に作る。蓋し又以て原憲の問とする也、矣乎同義。唐石経史記剋克に作る。

書き下し

こくばつゑんよくおこなはれざりぬるもつじんなるや。いはく、もつかたしとなりじんすなはわれらざるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 原憲 論語 孔子
〔原憲が〕問うた。「人を打ち負かす、武力で脅す、押さえつける、ものを欲張る、これらがないなら仁=常時無差別の愛と言えますか。」先生が言った。「行いがたい事柄だとは言える。仁かどうかは私には全く分からない。」

意訳

原憲「誰かを力まかせに打ち破り、武力で脅し、押さえつける。そして欲張り。こうしたことがなければ、仁者と言えますか。」

論語 孔子 悩み
孔子「程度の差こそあれ、人がついついやってしまうことだ。だからやらないで済ますのは難しいとは言えるが、それで仁者かどうかは、私には分からんよ。」

従来訳

論語 下村湖人

憲がたずねた。――
「優越心、自慢、怨恨、食欲、こうしたものを抑制することが出来ましたら、仁といえましょうか。」
 先師がこたえられた。
「それが出来たらえらいものだが、それだけで仁といえるかどうかは問題だ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

克、伐、怨

論語 克 甲骨文
「克}(甲骨文)

『学研漢和大字典』によると、「克」は重い兜をかぶった人の姿で、その重さに耐えようと頑張る姿の象形。原義からすると自分に課せられた重さに打ち勝つことだが、後には単に”勝つ”ことを意味するようになった。

これは訳者の想像だが、人の頭に重い物をかぶせて苦しめる、ということではなかろうか。

論語 伐 甲骨文 
(甲骨文)

「伐」は人に戈=鎌状のほこを加える形で、武力で脅すこと。戈は論語時代の主力兵器でもある。

論語 怨 篆書
(篆書)

「怨」の上半分は土下座させられている人の姿で、下半分は「心」。他者に押さえつけられたような怨みのこもった心を意味する。この文字の初出は戦国文字で、論語の時代に存在しないが、同音の夗を用いて夗心と二文字で書かれた可能性がある。詳細は論語語釈「怨」を参照。

論語 仁 金文大篆
(金文)

論語では人の持つ憐れみを土台にした、常時無差別の愛。詳細は論語における「仁」を参照。

可以爲(為)仁矣

”(克伐怨欲がなければ)仁と言ってよい。”と原憲が開き直ったと読んでも、文法上全く誤りではない。

ただし論語時代の中国語も他言語同様、調子で平叙文か疑問文かを切り分けられた可能性があり(現代中国語の標準語、北京語では不可能)、従来の論語本が疑問文として訳しているのに従った。

「矣」は完了・断定の意、”てしまう”。詳細は論語語釈「矣」を参照。

仁則吾不知也

「則」が間に入っているので、”仁かどうかは、則=とりもなおさず、私には知れないのだ”と解せる。

論語:解説・付記

論語 朱子 新注
ページタイトルに入っている算用数字は、朱子による論語の切り分けに従った通し番号だが、主語のないところで切り分けたことから、本章が前章の続きだとわかる。つまり恥とは何かを原憲は問うた後、続けて仁とは何かを聞いた。孤高の原憲にも、仁は気になったらしい。

論語で仁について問われて、孔子は「Aが仁(者)かは分からない」という答え方をすることがある(論語公冶長篇7など)。人を押さえつけず、無欲というのは原憲が自分を指していったと想像するが、「そんな簡単なものじゃないんだぞ」と孔子はたしなめたわけ。

以下は想像だが、貧乏がうたわれる割に原憲が一生仕官しなかったのは、能力か人柄に難があったからだろう。孔子の弟子で仕官しなかったと論語や史料に書いてあるのは、原憲と顔回ぐらいのもので、他は三年もするとお呼びがかかって次々と仕官していった(論語泰伯篇12)。

論語 カント
それなのに原憲が売れ残ったのは、それなりの理由があったとするべきだろう。カント先生のように、「ケーニヒスベルグ大学の正教授じゃないといやだ」と言い張ってお呼びを断り続けるのもいいが、カント先生の場合はたぐいまれな能があったから、それでよかった。

ところが原憲には、カント先生並みのプライドはあっても、能がなかったのだろう。実際原憲が何かしたという話は、論語も史料も沈黙している。ただ晩年に住まった庵は、壊れた大瓶の口を窓に使ったという、品のいい住まいとする伝説がある。つまり芸術家肌だったのだ。

論語 趙孟頫『甕牖図』国立故宮博物院蔵 原憲

趙孟頫『甕牖図』国立故宮博物院蔵

ならば為政者が求める、文書仕事や外交交渉に長けていたとは思えない。そこで哀れんだ孔子が執事として雇い、高禄を弾んだのだが(論語雍也篇5)、孔子家の家政は大丈夫だったのだろうか。しかし多芸な孔子のこと、もともと執事は要らなかったのだろう。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)