論語詳解466C微子篇第十八(8)子路行きて以て告ぐ

論語微子篇(8)要約:隠者の言葉を孔子先生に伝える子路。先生はがっかりして、「人と共に生きていくしかないではないか。世を捨てて隠者の群れに入るわけにはいかないのだ」と心情を吐露します。創作としても、よくできた一節。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

(前回より続く)

子路行*以吿。夫*子憮然曰、「鳥獸不可與同群*2。吾非斯人之徒與而、誰與。天下有道、丘不與易也。」

校訂

武内本:清家本により、群の下に也の字を補う。釈石経行の字夫の字無し。

書き下し

子路しろきてもつぐ。夫子ふうし憮然ぶぜんとしていはく、鳥獸てうじうともむれおなじくすからず。われひとともがらくみするにあらずしたれくみせむ。天下てんかみちらば、きうためへざるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

子路は(孔子の下へ)行って(長沮、桀溺の言葉を)伝えた。先生はがっかりして言った。「鳥や獣は、(異種が)共に群れを共有するわけにはいかない。私はこの人類が仲間にする者でないのなら、誰が仲間になるだろうか。天下に道理があるのなら、丘は変革に関わりはしない。」

意訳

そこで子路は立ち去って、孔子に長沮、桀溺の言葉を伝えた。先生はがっかりして言った。

「鳥や獣は、仲間内で群れを作る。私とて人類の一員だ。人の世界で生きていくしかないのだ。その人の世に道理が通っているのなら、わざわざ世を変えようとはしないのだがな。」

従来訳

子路も仕方なしに、先師のところに帰って行って、その旨を話した。すると先師はさびしそうにしていわれた。――
「世をのがれるといったところで、まさか鳥や獣の仲間入りも出来まい。人間と生れたからには、人間と共に生きて行くよりほかはあるまいではないか。私にいわせると、濁った世の中であればこそ、世の中のために苦しんで見たいのだ。もし正しい道が行われている世の中なら、私も、こんなに世の中のために苦労はしないのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子路

論語 子路

論語では孔子の弟子。最も早く入門し、弟子の中では先輩格で、孔子との年齢差は8歳しか無く、六十近い孔子にとっては友人のような存在でもあった。詳細は論語の人物:仲由子路を参照。

行以吿

論語の本章では”長沮、桀溺の所を去って孔子に話を伝えた”。ここでの「以」は下に目的語を持たず、”そしてその話を”を意味し、「以」以前の内容を指す。

憮然

論語 憮 篆書
「憮」(篆書)

論語の本章では”気落ちする・残念に思うさま”。「憮」の字は始皇帝の文字統一以後の篆書になって初めて見られ、本章の成立が新しい可能性を示す。仮に本章の成立が孔子在世当時までさかのぼるとすると、「無然」などといった文字で代用されていただろう。

『学研漢和大字典』による原義は会意兼形声文字で、「心+(音符)無」。失望して心中がむなしくなること。無(ム)(ない、むなしい)と同系のことば、という。

鳥獸不可與(与)同群

論語の本章では、”鳥や獣は異種同士で群れを作ることが出来ない”。伝統的な解釈の一つとして、”長沮、桀溺のような鳥や獣のような連中とは付き合えない”とする場合があるが、この説の主語は「鳥獣」であり、文法に合わない。

もっとも、数多くの漢文の中には、文頭に目的語を置く場合があるからそう解釈出来る可能性が皆無とは言えないが、あまりに儒家に偏った解釈のように思えて賛成できない。本章が道家的立場から創作されたことと合わせ考えて、その可能性は低いだろう。

吾非斯人之徒與(与)而

論語の本章では”私は人類が共に生きる対象でないのなら”。伝統的には「吾の人之ともがらともにするに非ずし」と読むが、「與」(与)の形式上の主語は「斯人之徒」であり、「斯人之徒」=人類が、「與」=仲間と思う、の意。

従って「吾ひとともがらくみする(もの・ところ)にあらずし」と読んだ。

丘不與(与)易也

論語の本章では”丘=私は変革に関与しないのだ”。ここでの「與」(与)は、「あづかる」と読んで”関与する”と解する、または「ために」と読んで”~のために”と解さないと意味が取れない。

論語:解説・付記

論語の本章について藤堂本では、「長沮(背たかの力なし)・桀溺(はりつけの水死人)という名は、隠者のあだ名であろう」と記し、前章・次章と合わせて、楚の葉の地から蔡国へ戻ろうとした失意の旅の中での出来事としている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)