論語詳解231B子罕篇第九(28)もとらずむさぼらず

論語子罕篇(28)要約:先立った弟子の子路を、孔子先生がしのびます。子路はがさつな所はありましたが、誰よりも一本気で、それだけにある種のしおらしさを持つ弟子でした。もっとしてやれる事はなかったかと、先生は思うのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

「不忮不求、何用不臧。」子路終身誦之。子曰、「是道也、何足以臧。」

書き下し

もとらずむさぼらず、なんからざるを用ゐん。子路しろ終身しゆうしんこれしようす。いはく、みちなんもつしとするにらむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子路
『詩経』に「道理にもとらず、強欲にならず、何ごともよくないことをしない」とある。子路は生涯これをとなえていた。
先生が言った。「その生き方が、どうしてよいと言えるだろうか。」

意訳

論語 子路 キラキラ
子路「♪踏み外しませぬ~欲しがりませぬ~、悪いことも致しませぬ~。」

論語 孔子 ぼんやり
子路よ。いつもその歌を歌っていたな。あれはそんなに大層な教えではなかったのだが。

従来訳

論語 下村湖人

詩経に、有るをねたみてこころやぶれず無きを恥じらいこころまどわず、よきかなや、よきかなや。とあるが、由の顔を見ると私にはこの詩が思い出される。」 子路は、先師にそういわれたのがよほど嬉しかったと見えて、それ以来、たえずこの詩を口ずさんでいた。すると、先師はいわれた。――「その程度のことが何で得意になるねうちがあろう。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

不忮不求、何用不臧

論語 求 金文 論語
「求」(金文)

論語の本章では、”おきてにそむかない、求めない、よくないことをしない”。『詩経』邶(ケイ)風・雄雉に載せられた歌詞の一部。

臧 金文
「臧」(金文)

「臧」は「蔵」の古い書体で、意味は同じく”かくす”。詳細は論語語釈「臧」を参照。

忮(シ/キ)

論語 忮 古文 論語 忮
(古文)

論語の本章では”そむく”。『大漢和辞典』による語義は”もとる・さからう・そこなう”。例によって多義語だし、歌詞でもあるから解釈のしようはいくらでもある。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、支(シ)は、竹の枝を手に持つ姿で、分かれた枝、つかえるなどの意を含む。枝(シ)の原字。忮は「心+(音符)支」で、心中につっかかる気持ちを生じてじゃますること。支障の支(つかえる)と同系のことば、という。

臧(ソウ/ゾウ)

論語 臧 篆書 論語 孔子 TOP
(篆書)

論語の本章では”よい(こと)”。

『学研漢和大字典』によると戕(ソウ・ショウ)は、すらりと長いやり。臧は、「臣(どれい)+音符戕」の会意兼形声文字で、背の高いどれい。また、すらりとしたの意から、裝(=装。かっこうがよい)の意にも用い、よいの意となる。

壯(=壮、背の高い男)と同系のことば。意味は、よい。ボディーガードの役をする体格のよい男のどれい、臧獲、という。

一方『字通』によると声符はしょう。〔説文〕三下に「善なり」とあり、〔詩、邶風、雄雉〕に「何を用ってかざらん」のように用いる。字の原義は臧獲(=男女の奴隷)の臧。もと俘虜をいう語であろう。

臣は神の徒隷として仕える臣僕。臧はその臣僕に聖器である戕を加えて祓う意で、すでに清められたのちに神に捧げられる。ゆえに臧善の義となったのであろう。卜文に、臣に戈を加える形、また金文・古陶文に、戕と祝告の器である口さいを加えた形の字がある。

訓義は、よい、はらいきよめたもの。おさめる、よくする。しもべ、神の臣僕、亡奴をいう。蔵と通じ、おさめる、かくす。贓と通じ、かくす、という。

なお孔子の生まれた頃には、魯国には門閥三家老家=三桓以外にも有力氏族があり、ゾウ氏もその一つだった。孔子の生まれた翌年に当主が放逐されて力を失ったが、論語にも二人の臧氏について言及がある(論語公冶長篇17論語憲問篇15)。

臧氏追放については、『春秋左氏伝』襄公二十三年条を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は前回同様、子路の訃報を聞いた孔子のつぶやきと解した。朱子は前回と今回をひとまとめにして解釈し、子路をたしなめる孔子の風景ととらえている。しかしこの論語子罕篇は、孔子最晩年の記事が集中しており、本章もその時期の子路の死を記したものと解釈した。

子路が歌っていた歌詞の全文は以下の通り。

『詩経』国風・ハイ風「雄雉」

雄雉于飛、泄泄其羽。(雄雉ここに飛ぶ、エイ泄たる其の羽)
我之懷矣、自詒伊阻。(我之おも、自らのこうれい)

雄雉于飛、下上其音。(雄雉ここに飛ぶ、下上しょうかす其の音)
展矣君子、實勞我心。(ぶる君子、まことなやます我が心)

瞻彼日月、悠悠我思。(るは彼の日月ジツゲツユウ悠たり我が思い)
道之云遠、曷云能來。(道之遠きを云うや、なんぞ云う能く來たると)

百爾君子、不知德行。(ももたるなんじ君子、知らざる德行トクコウ)
不忮不求、何用不臧。(忮ら不求め不、何ぞから不るを用いん)

オスキジは飛ぶ 翼を広げて
我が憂いは 我から悩ます
オスキジは飛ぶ その声が鳴り響く
あなたは振る舞い 私を悩ます
昼夜を眺めて なお尽きぬ憂い
果て無き道を 帰るはいつの日か
君子の諸君よ 徳を知っているだろうに
踏み外さず貪らず なぜに不善を事とするや

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)