論語490子張篇第十八(19)孟氏陽膚をして

論語子張篇(19)要約:孔子先生の若い弟子、曽子のそのまた弟子である陽が、門閥家老によって判事に取り立てられます。仕事の心得を問われた曽子は、無茶な政治の世の中だから、見逃せるなら見逃せ、処罰に喜ぶな、と言うのでした。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

孟氏使陽膚爲士師、問於曾子。曾子曰、「上失其道、民散久矣。如得其情、則哀矝*而勿喜。」

*竹内本:矝唐石経本矜に作る、矜はおごる意、矝は憐れむ意、此本矝に作る義長ず、漢石経も亦矝に作る

書き下し

孟氏まうし陽膚やうふ使士師ししらしむ。曾子そうしふ。曾子そうしいはく、かみみちうしなひ、たみることひさしきなりじやうば、すなはあはれあはれよろこなかれ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孟孫氏が陽を判事に取り立てた。曽子に質問した。曽子が言った。「上が原則を失って、民が散るのが長くなってしまった。もし情報を得ても、必ず憐れんで喜ぶな。」

意訳

魯国門閥家老の一家、孟孫氏が、陽膚を自領の判事に取り立てた。

陽膚「判事としての心得をお教えください。」
曽子「お上の政治が無茶になり、民が逃げ散るようになってずいぶんになる。心ならずも罪を犯さざるを得ない者がいよう。だから犯罪の情報をつかんでも、必ずかわいそうに、と憐れんでやれ。手柄のタネだ、と喜んではならない。」

従来訳

孟氏が陽膚を司法官に任用した。陽膚は曾先生に司法官としての心得をたずねた。曾先生はいわれた。――
「政道がみだれ、民心が離散してすでに久しいものだ。だから人民の罪状をつかんでも、なるだけあわれみを、かけてやるがいい。罪状をつかんだのを手柄に思って喜ぶようなことがあってはならないのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

孟氏

論語 孟 金文 論語 氏 金文
(金文)

論語の本章では、魯国門閥家老家の一家、孟孫氏のこと。曽子は孟孫氏とのつながりが深かったことが論語泰伯篇4「曽子やまいあり」に見える。なお孟孫氏からは、のちに孟子が出る。

陽膚

論語 陽 金文 論語 膚 金文
(金文)

論語の本章では、曽子の弟子ではないかと思われる人物。具体的なことは古来わからない。

士師

論語 士 金文 論語 師 金文
(金文)

論語の本章では”判事”。判事の中でもいわば地裁や家裁の判事にあたり、民衆と最もよく接する立場の裁判官。「司法長官」と訳した本があるようだが、どこから生まれたでたらめかはっきりしない。例えば『小載礼記』曲礼篇に記述はあるが、語義についての情報はない。

そもそも儒教経典の多くが、漢代以降の儒者による作文だからあてにならない。論語の古注は「典獄官」(刑事判事兼刑務所長)といい、新注は何も言っていない。特異な用例は『孟子』梁惠王下篇で、斉国の士族を取り締まるべき役職として記されている。

これは文字通り「士のつかさ」で、論語本章でいう士師とは別の役職だろう。あるいは『墨子』尚同篇に見える「卿長」=閣僚と士族の取締役、を略して言っているのかもしれない。なお『孟子』公孫丑下篇では本章同様、殺人犯を審理する判事として挙げられている。

『列子』では、木こりとその鹿をかすめ取った男との紛争を審理する、民事裁判の判事として挙げられている。

問於曾(曽)子

論語 曽子

論語の本章では、判事に任命されたので、仕事の要点を曽子に尋ねた、と古来解する。

上失其道

論語 道 金文
「道」(金文)

論語の本章では、”政府が原則を失った”。ただし曽子の在世当時、魯国の政府が暴政を行った記録はない。儒家が言いそうな非難としては、魯の国君に実権がなくなっていることだろうが、そうなると後ろに続く”民が離散する”原因ではないから論理が続かないように見える。

しかし決められた秩序通りに各階級がその場にいる、それが太平の世、というのが孔子の教説だから、儒教的論理では、民の離散は国君の失権が原因と言えてしまう。

民散久矣

論語 散 金文
「散」(金文)

論語の本章では、”民が本籍から逃げ散るようになってから、長い時間が過ぎた”。

『学研緩和大字典』によると「散」は会意文字で、古い字体は、竹の葉をばらばらにするさまを描いたもの。のち「麻の実、または皮をはぐさま+攴(動詞の記号)」で、植物の皮や実をばらばらにそぎとるさま。

刪(サン)(削りとる)・霰(サン)(ぱらぱらちるあられ)・傘(サン)(雨をばらばらに散らすかさ)・山(水をばらばらに分ける分水嶺(レイ))と同系のことば。また砂(ばらばらのすな)や殺(そぎとる)とも縁が深い。撒(サツ)(ばらばらにまく)はその派生語、という。

論語の時代にも戸籍らしきものはあり、多くは農民である平民は、田畑なしでは生活できないので、定住して移らないのがもともとだった。しかし不作や戦乱などで、田畑を捨てて放浪せざるを得ない者が論語の時代には増え、これを「盗」と呼んだ。

生きるため心ならずも?盗みを働くのであり、常に泥棒や乱暴を働いていたわけではない。こうした「盗」が有力者の保護下に入り、私兵化・農奴化するのは古今東西変わらない。魯国筆頭家老の季氏がそれらを多数抱えていたことが、論語顔淵編18より知れる。

論語 如 古文
(古文)

論語の本章では仮定の意味で用いられて”もし”。漢文では多く「ごとし」と読んで”~のようだ”と訳す。甲骨文には見られるのに、なぜか金文では未発掘という珍しいことば。

論語 情 古文
(古文)

論語の本章では”(犯罪の)情報”。甲骨文・金文には見られず、古文から見られるが、論語の時代=春秋末期の字体かどうかは明瞭でない。原義は現代日本語と同様”感情”。

哀矝(アイキン・アイリン)

論語 矜 篆書
「矜」(篆書)

論語の本章では二字で”憐れむ”。「哀」も「矝」も”あわれむ”を意味し、論語の時代は原則として一文字一語であるのに対し、異例な熟語。

「矝」の字は二系統ある。古い論語の版本では矝(つくりが令)と書き、新しい版本では、矜 (つくりが今)と書く。「矝」は『康煕字典』以降は「矜」に統合されて区別されず、「矜」の書体は新漢帝国以降の文字=篆書までにしかさかのぼれない。

矝 矜

「矝」は『説文解字』に「矝、矛柄也。从矛今聲。」(矝はほこの柄である。ほこに由来があり、今と音が同じ)とあり、原義は矛の柄を意味する。清の段玉裁が著した『説文解字』段注本では、論語も漢石経までは「矝」と書いていたが、今は「矜」と混同されたという。

上掲原文に注記したように、日本の古い論語本=清家本では「矝」(つくりが令)となっているのに対し、中国伝論語の底本となった唐石経では「矜」(つくりが今)になっている。『学研緩和大字典』では「矜」を「憐」にあてたもので、元の音は「レイ・レン」だったという。

「矜」が”おごる・誇る”の意味の場合は「キョウ」と読む、ともいう。訳者の見解では、もと「矝」とあったのが、「矜」に書き間違えられ、のちには区別がなくなっただけと思う。

勿(ブツ/なかれ)

論語 勿 金文
(金文)

論語の本章では”~するな”。禁止を意味する。

論語 喜 金文 論語 喜 字解
(金文)

論語の本章では”喜ぶ”。

『学研緩和大字典』によると会意文字で、壴(シュ・チュ・トウ)は、台のついた器に、うずたかく食物を盛って、飾りをつけたさま。また、鼓の左がわと同じと考え、飾りつきの太鼓をたてたさまとも解される。喜は「壴+口」。ごちそうを供え、または音楽を奏してよろこぶことを示す。

矯(キ)(ひひと笑う)・嬉(キ)(うれしがる)と同系のことば。類義語の懌(エキ)は、心中のしこりがとれること。怡(イ)は、心がなごむこと。悦は、しこりが抜け去ること。欣(キン)と忻(キン)は、満足してうきうきすること。歓は、そろって声をあげてよろこぶこと。慶は、めでたいことを祝ってよろこぶこと、という。

論語:解説・付記

論語の本章は、熟語があること、すべては金文にさかのぼれないことから、孔子在世前後の史実と断定することにためらいを覚えるが、いかにも曽子が言いそうなことではある。憐れんで見逃すのが役人である以上、気に入らなければ見逃さず、一層厳罰に処す、もありうる。

要するに、自分だけが正しい、という独善と偽善が背景にある。

儒家が法家と相性が悪いのは、このような儒者の高慢ちきから来る、身勝手な法の運用に根底がある。論語を最終的に編纂した漢代の儒者にとっても事情は同じで、身勝手な皇帝に対抗するには、それが偽作であろうとも、孔子の権威を背負った身勝手を用いるしかなかったのだ。

儒教が国教化された前漢代の皇帝は、腹を立てると平気で人を殴り●すような人物が多く、気分次第で役人=その多くが儒者を、片や褒賞するかと思えば、片や収監したり処刑したりした。孔子のカナブツ化もその時代的背景と無縁ではありえない。

上掲「士師」の語釈に記した、儒教経典の頼りなさもこの事情による。孔子を権威化せねば命も危ない儒者にとって、史実や事実はどうでもいいからだ。しかし命もかからない現代の世間師が、孔子を持ち上げて変な訳を広めるのは、ひとえにカネが欲しいからに他ならない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)