論語詳解296顔淵篇第十二(18)季康子盜をうれい*

論語顔淵篇(18)要約:ドロボーが横行してどうにもならない。若家老が嘆きます。孔子先生はその答えに、やはり原則論だけを説きました。あなたが欲張りだから泥棒が流行るのです。これも身から出た錆ですぞと。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

季康子患盜、問於孔子。孔子對曰、「苟*子之不欲、雖賞之不竊。」

校訂

武内本:縮臨古本荀下「子之」二字を脱す、諸本皆有り。

書き下し

季康子きかうしぬすびとうれへて、孔子こうしふ。孔子こうしこたへていはく、これのぞまざらば、これめづるといへどぬすまず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 季康子 論語 孔子
季康子が盗賊を気に病んで孔子に問うた。先生が答えて言った。「もしあなたが欲張りでなければ、盗賊を顕彰しても盗みません。」

意訳

季康子「ドロボーが流行ってどうにもならぬ。」

論語 孔子 不愉快
孔子「あなたが欲張りだからです。そうでなければ、泥棒を表彰しても、だれも盗みは致しません。」

従来訳

論語 下村湖人

季康子が国内に盗賊の多いのを心配して、先師にその対策をもとめた。すると先師はこたえられた。――
「もしあなたさえ無欲におなりになれば、賞をあたえるといっても盗む者はありますまい。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

季康子

論語 康 金文
「康」(金文)

前章にも登場した、魯国筆頭家老家の若い当主。

患盜

論語 患 金文大篆 論語 盜 金文大篆
(金文大篆)

論語の本章では、”泥棒を病気のように苦しく思う事”。

「盗」は会意文字で、盗の上部は「水+欠(人が腹をくぼめ、あごを出すさま)」からなり、物をほしがってよだれを流すこと。羨(セン)(うらやましがる)の原字。盜はそれと皿を合わせた字で、皿のごちそうをほしがることを示す。物の一部分をとくにぬきとること。

釣(チョウ)(つりとる)・挑(一部をとりはなす)・掉(チョウ)(ぬき出す)などと同系のことば、という。

論語 泥棒
「盗」を”泥棒”と訳したが、泥棒だけでなく本籍を離れて各地をさまよう流民も「盗」という。論語時代に現代日本のような戸籍があったわけではないが、領民という概念はあり、建前上土地を支給し、その代わり税や労役を徴収することになっていた。

実際に行われたかどうかはともかく、周代の土地制度として井田制というものがあり、四角い耕地を「囲」の形に区切り、ぐるりと外側の八区画をそれぞれ一家族で耕して自家を養い、中央の一区画を共同で耕して、そこからの収穫を税に充てることになっていた。

囲 圍

しかしこれはほとんど後世の儒者のでっち上げで、「囲」の字も当時用いられた本字では「圍」と書く。日中の口分田・班田収授と同じく、そうした試みは一部で行われたらしい、程度の話で、現実にそこまで論語時代の政府が土地や人民を管理出来たわけではなかった。

ただ論語の本章に見えるのは、税を納めず労役兵役にも出ず食や職を求めて各地をさまよう人々がいたことで、これは事実と考えていい。食うに困れば流民は盗みを働くし、時には武器を執って暴れることもあっただろう。そうした騒動や被害を、季康子は憂いていたわけ。

この文字の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はkuで、同音に句・冓(組みたてる)とそれを部品とする漢字群。句・冓ともに、”かりそめ・かり”の語義はない。詳細は論語語釈「苟」を参照。

竊(窃)(セツ)

論語 竊 窃 金文大篆 論語 窃
(金文大篆)

論語の本章では”ぬすむ”。この文字の初出は戦国文字で、異体字の「窃」と共に論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はtsʰiatで、同音は存在しない。近音同訓も存在しない。

『大漢和辞典』の第一義は”ぬすむ”。『学研漢和大字典』による原義は、穴に貯蔵した穀物を虫が食い荒らすこと。

苟子之不欲、雖賞之不竊

論語 欲 金文大篆
「欲」(金文)

論語の本章では、「苟」は伝統的には「いやしくも」と読むが、「もし」と読んでもかまわない。

前句の「之」は(1)名詞句を作る記号。

苟子不欲 し子欲せざるあら

(2)後句と体裁を合わせた強調表現。後句は之=盗という代名詞。

苟子不欲、雖賞不竊。苟し子これ欲せ不らば、めづると雖も竊ま不。

どちらと解することも出来るが、今は(2)と解釈した。

季康子は魯国から独立して、同格の諸侯になろうと願っており、のちの時代にそれは達成される。孔子はもちろん気付いており、それは礼法破りの下克上だし、図々しいと無言の内に非難しているわけ。

論語:解説・付記

論語の本章は、下克上の世の進展に伴い、領民の動向も不安定立ったことを示す一節。言い換えるなら、もとは家老に過ぎない季康子が国政を好き勝手に出来ることと、税を払わず盗賊で生計を立てる者の増大は、同じ現象の裏表だった。
論語 季康子 論語 火事場泥棒

周の封建制、すなわち中央に周王がいて、その下に公侯伯子男爵の諸侯、その下に卿大夫士の君子、その下に庶民以下という社会構造は、高校生に歴史を教えるには便利であっても、実際にそうだったかは疑わしい。諸侯も周王が任命して派遣したと言うより、在地の有力者をそのまま認定した場合がほとんどだったからだ。

ただし魯国はやや事情が異なり、正真正銘の周王の一族で摂政の周公が、その息子に領地を与えて成立した国だった。言わば天から降ってきた殿様で、それだけに在地のしがらみ無く制度建設が出来た、かもしれない。

しかし仮にそう言う教科書的な社会制度が魯国にあったにせよ、それはすでに崩れて、本章に見られるような制度崩壊を起こしていた。本章はそのような史料としての価値も、論語にはまたあることを示している。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)