論語詳解479子張篇第十九(8)小人の過つや°

論語子張篇(8)要約:下らない人間は、間違いを起こすと必ず言い訳を言う。誰にでも覚えがあるような警句ですが、悪党でもない人を、「下らない人間」と言い回る人間が、一番「下らない」に違いありません。古来誤読された一節。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

子夏曰、「小人之過也必文。」

校訂

定州竹簡論語

本章は定州竹簡論語の解読部分に存在しないが、前章を記したふだ577号、次章の簡578号は、横書きで図示化すると次の通り。…は竹簡の欠損を含む解読不能部分。

子夏曰百工居肆以成其…………………………簡577号
          事君子學以致其道子夏

………………………夏曰君子三變望之儼然…簡578号
曰小人之過也必文子

簡一枚には19-21字が記されていたというから(定州竹簡論語)、前章の残り「事…道」の8字は簡577号に書き切れる事になる。従って本章頭の「子夏」が簡577号に、「曰…文」と、次章の頭「子」が簡578号に記されたとすると、どちらの簡も20字に揃えうる。だから赤字のようになっていたのではないか。

復元白文(論語時代での表記)

子 金文夏 金文曰 金文 小 金文人 金文之 金文過 金文也 金文必 金文文 金文

書き下し

子夏しかいはく、小人せうじんあやまかならかざる。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

子夏が言った。「庶民が行き過ぎゆえの間違いを起こすと、必ず飾る。」

意訳

子夏「庶民は間違いをしでかすと、必ず言い訳を言う。間違いの原因は、物事のやり過ぎを知らないからだ。だから貴族を目指すなら、加減を学んでやり過ぎを防ぐと共に、間違いの後で、言い訳をしてはいけない。」

従来訳

論語 下村湖人

子夏がいった。――
「小人が過ちを犯すと、必ずそれをかざるものである。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

子夏說:「小人犯了錯一定要掩飾。」

中国哲学書電子化計画

子夏が言った。「小人が間違いを犯すと、必ず誤魔化そうとする。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」


子夏

論語 子夏

論語では、孔子の若い弟子、ボク商子夏のこと。孔門十哲に数えられる有力弟子だが、年齢が幼かったので、孔子の放浪には同行できず、同行した弟子が身を守る必要から身につけた、いわゆお勉強以外の技を、身につけることなく師匠格になった可能性がある。

春秋時代末期から戦国時代初期にかけて、それまで国軍を担ってきた貴族=君子の存在意義が薄れ、庶民が徴兵されて戦場におもむくようになっていた。それゆえ孔子塾の必須科目に数えられた武術は、習得しなくても貴族に成り上がれる可能性が出来た。

子夏はそういう時代に儒学の教師となった。やはり時代の子だったのである。

小人

論語 君子 小人 孟子

論語の本章では”庶民”。

本来「小人」とはただ庶民を意味するだけで、”下らない人間”という差別的意味は無かった。孔子から一世紀後の孟子が、価値が暴落した貴族=君子の語義を、商売上の都合から書き換えて、その対語としての「小人」に、戦国末期の荀子が差別的意味を言い出した。

だがしつこく「小人」をバカにし始めたのは、帝国の官僚に収まった漢儒からである。詳細は論語における「君子」を参照。

小人之過

論語の本章では、”小人が間違いをする”。「之」は所有・所属を意味する助辞だから、日本語の読み下しから、”間違いをした小人”と解するのは誤り。詳細は論語語釈「之」を参照。

論語 過 金文
(金文)

論語の本章では”間違い(をおかす)”。同じ”間違い”でも、加減に失敗してやりすぎた事による間違いを言う。

初出は西周早期の金文。『学研漢和大字典』によると、咼は、上にまるい穴のあいた骨があり、下にその穴にはまりこむ骨のある形で、自由に動く関節を示す象形文字。過は「辶+(音符)咼」の会意兼形声文字で、両側にゆとりがあって、するするとさわりなく通過すること。勢い余って、行きすぎる意を生じる、という。詳細は論語語釈「過」を参照。

論語 也 金文 論語 也 字解
(金文)

論語の本章では、「AならばB」の「ならば」に当たる助辞。主題を強調する意を示す。初出は春秋時代の金文。『学研漢和大字典』によると、平らにのびたさそりの象形文字、という。詳細は論語語釈「也」を参照。

論語の本章では”かならず”。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、棒切れを伸ばすため、両がわから、当て木をして、締めつけたさまを描いた象形文字で、両がわから締めつけると、動く余地がなくなることから、ずれる余地がなく、そうならざるをえない意を含む、という。詳細は論語語釈「必」を参照。

論語 文 金文
(金文)

論語の本章では”飾る”。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』による原義は土器の縄文だといい、『字通』では体に入れた入れ墨を指すと言う。いずれにせよ、飾ることに違いは無い。詳細は論語語釈「文」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章について、従来訳の注では「この言葉は痛い。論語の中でも最も痛い言葉の一つである」という。訳者も紛れもない小人であるからには、言い訳の千や二千平気で言ってのけるが、論語の本章は「小人」を取り違えると、とんでもない差別ばなしに化けてしまう。

また「過」の意味も、上記の通り”やり過ぎによる間違い”であり、分かった上で堂々と開き直った悪事は、「過」の範疇に入らない。ひどいことをするのがどれほど気持ちの悪いことか、それを知らないからこそと言えば範疇に入るが、それは強弁というものだ。
ニセ論語指導士養成講座 論語教育不救機構

子夏が「言い訳するな」と言った事の意味は、「間違いには原因があり、それを求めて再発を防ぐのが、学んだ者のあるべき姿で、言い訳などしても何にもならない」ということで、精神論と言うよりむしろ実践論だから、本章を下らぬお説教風味に解さない方がいい。

そもそも孔子の弟子は、司馬牛のような例外を除けば全て小人=庶民の出で、孔子塾で学んで君子=貴族に成り上がりたいから、千里の道をも遠しとせず、一説に三千と言われる若者が集まったのだ。孔子が小人を差別していたなら、決して起こりえない現象と言える。

従って本章を述べた子夏も小人の出で、成人してから魏国に招かれて教官と顧問官を兼ねたから、君子に成り上がった一人になる。成り上がり者は過去の同類に厳しいのが人の世の常だが、子夏が同様に小人をバカにしたかどうか。証拠がないから、しなかたっと言える。

「小人」をバカにし始めたのは、上記の通り戦国末期の荀子で、例を挙げれば次の通り。

君子之學也,入乎耳,著乎心,布乎四體,形乎動靜。端而言,蝡而動,一可以為法則。小人之學也,入乎耳,出乎口;口耳之間,則四寸耳,曷足以美七尺之軀哉!古之學者為己,今之學者為人。君子之學也,以美其身;小人之學也,以為禽犢。故不問而告謂之傲,問一而告二謂之囋。傲、非也,囋、非也。

荀子
君子の学びというものは、耳から入り、心に記し、体全体に行き通らせ、挙措動作に現れる。だから動く・動かないには原則がある。小人の学びとはそうでない。耳から入ると口から出任せ、教わったことを覚えているのは、耳と口の間、たったの四寸を通る時間でしかない。

これで七尺の体を、正しく動かせるわけがない。古人は自分のために学び、今の者は人に見せるために学んでいる(論語憲問篇25)。君子が学ぶのは、我が身を立派にするためだ。小人が学ぶのは、トリや家畜に成り下がるためだ。

だから教わりもしないことを勝手に言うのを思い上がりと言い、聞いたことをすぐ受け売りしてしゃべるのを口じゃみせんと言う。思い上がりも口じゃみせんも、どちらも愚かな行いだ。(『荀子』勧学篇15)

少佐の演説
なお『荀子』の本章は、従来最後に「君子如嚮矣」を加えた結果、「嚮」の意味が分からず、「響の意」だとか言う。哀れなエピゴーネンたちが、雑多な小理屈で健気にも立ち上がってきたのを、中古の4.8k円・重辞典で、文字区画ごと木っ端微塵に粉砕できるのも滑稽だ。

まじめに辞書を引かんからだ。実情は次章の頭部分を、昔のうっかり者が切り違えただけ。

君子如嚮矣、學之經莫速乎好其人,隆禮次之。…


君子がもしその気になったなら、学びの本筋は有り難い師匠を探して弟子になるのが一番早い。礼儀作法をもっともらしくやるのは、その後でいい。…

「嚮」の上古音は「響」と同じだが、同音=同訓ではない。「嚮」の音は論語語釈「郷」も参照。うっかり切り分けを間違うのは人として仕方がないことだが、間違いを後生大事に抱えて、自分で考えようともしないのが、「小人は必ず飾る」が示していることだ。

このように漢文読解の実践は、先人をサル真似して疑わないことではない。間違いは間違い、悪党は悪党と言い、言うからには論拠を示し、自信を持って読み進めることだ。学習は宗教でない。他でもない孔子がそう言っている(→孔子はなぜ偉大なのか)。

余談ながら挿絵の元ネタは、「少佐の演説」でググって下さい。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

関連記事(一部広告含む)