論語068里仁篇第四(2)不仁者は以て久しく

論語里仁篇(2)要約:人に冷たい者は、人からも冷たくされる。だから順境にも逆境にも耐えられない。仁の情けを身につけた者は、情けの中に安心して生きられる。情けは人のためならず、自分のためになると孔子先生は説いたのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「不仁者、不可以久處約、不可以長處樂。仁者安仁。知者利仁。」

書き下し

いはく、不仁者ふじんしやは、もつひさしくやくからず、もつながらくからず。仁者じんしやじんやすんじ、知者ちしやじんとす。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「常時無差別の愛のない者は、長い間逆境に耐えられないし、順境に耐えられない。情けのある者は、人情に安らぎ、知者は常時無差別の愛を切れ味鋭い刃物と思う。」

意訳

論語 孔子 水面
人でなしは運が悪いと不平を言い、運がよくても不満を言う。対して仁者は運がどうあれ安らいでいられるし、それを見た知者は、仁の情けを使い勝手のよい道具だと思う。

従来訳

 先師がいわれた。――
「不仁な人間は、長く逆境に身を処すことも出来ないし、また長く順境に身を処することも出来ない。それが出来るのは仁者と知者であるが、仁者はどんな境遇にあっても、仁そのものに安んずるが故にみだれないし、知者は仁の価値を知って努力するが故にみだれない。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 仁 金文大篆 論語 仁
(金文)

論語で最高の道徳とされる、常時無差別のなさけやあわれみ。

『字通』による原義は敷物を敷いてあげること。詳細は論語における「仁」を参照。

論語 約 金文大篆 論語 貧乏
(金文)

論語の本章では”生活に余裕のないさま”。『大漢和辞典』の第一義は”むすぶ”。引き絞るように困窮すること。

『学研漢和大字典』によると勺シャク(=勺)は、一部を高くくみあげるさまで、杓(ひしゃく)や酌(くみあげる)の原字。約は「糸+勺(目だつようとりあげる)」の会意文字で、ひもを引きしめて結び、目だつようにした目じるし。要(引きしめる)-腰(細く引きしめたこし)などと同系のことば、という。

一方『字通』では、声符は勺しゃく(勺)。勺に礿の声がある。勺はものをかがませている形。〔説文〕十三上に「纏束するなり」とあり、約束とは、もと、ものを纏束することをいう。縄などを結んで、ことを約する証とするので、契約の意となる。

契はわりふ、また約剤の劑(剤)は、方鼎を示す齊(斉)に、刀で銘刻して証とするもので、特に重要な盟約に用いた。
訓義:むすぶ、たばねる、つかねる、しばる。むすびめ、ちかい、約束、わりふ。ちぢめる、つづまか、はぶく。すくない、よわい、おとろえる、なやむ。いやしい、けち。おおよそ、ほぼ、という。

樂(楽)

論語 楽 金文 論語 チョコレートファウンテン
(金文)

論語の本章では”楽しむ”。『大漢和辞典』の第一義は”音楽”。それが”たのしい”へと転用された理由は明らかではないが、音楽は誰もが楽しむからだろう。

論語 安 金文 論語 安心毛布
(金文)

論語の本章では、”その場をよいものとして心を落ち着けて止まること”。『大漢和辞典』の第一義は”安い”。第二義が”やすらか”。

知者利仁

論語 知 金文 論語 知 字解
「知」(金文)

論語子罕篇1では「利・仁」を、孔子が”めったに言わなかった”ことになっている。仁者と知者の対比は論語中にいくつかあり、知でない者は仁ではない、と言っている箇所が複数ある。人はごく自然の働きとして、人を哀れむ機能を持っているが、常にあわれみ・情け深くあることは出来ない。そのためには知が必要と、孔子は考えていたように読み取れる。

「知」の原義は真っ直ぐに事実を言い当てること。

利仁

論語 利 金文 論語 鎌
「利」(金文)

『大漢和辞典』には、「利」の第一義として”するどい”を載せ、「会意。和の省体と刀との合字。鸞刀(おおとりの形の鈴をつけた刀。古代中国で、祭祀のいけにえを切るのに用いた)の鈴の声がよく節に当たって後、よく祭肉をたつの意」という。

『学研漢和大字典』では会意文字で、「禾(いね)+刀」。稲束を鋭い刃物でさっと切ることを示す。一説に畑をすいて水はけや通風をよくすることをあらわし、刀はここではすきを示す。すらりと通り、支障がない意を含む。転じて、刃がすらりと通る(よく切れる)、事が都合よく運ぶ意となる。

犂(リ)(=犁。牛にひかせて畑をすくすき)と同系のことば、という。

『字通』では、「+刀。禾(いね)を刈る意。…利は刀を以て禾穀を刈るので鋭利の意があり、収穫を得るので利得の意がある。…本来は𠭰などと同じく、治める意の字である」という。

以上から、礼法をよく知る智者が、「仁を利とする」とは、仁が切れ味鋭い道具であり、国を治めるにしてもすらりと融通無碍に使える道具だと見ている、と解せる。

「利」の詳細な語釈は、論語語釈「利」を参照。

論語:解説・付記

結局論語本章の解釈は、「利」をどう訳すかで決まるようなもので、訳者もずいぶんと迷った。「利益とする」ではわけが分からないし、「喜ぶ」としてしまうと、知者でなくても仁の情けを喜ぶのは同じだからおかしい。さんざん考えた末、上記のように訳した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)