論語302顔淵篇第十二(24)曽子曰く、君子は

論語顔淵篇(24)要約:論語にはある事情があって、わざと読みにくいように編集されています。それに最も貢献するのが、地雷のようにばらまかれた、ボンクラ有若ユウジャクとウスノロ曽子の、わけの分からない個人的つぶやき。本章もその一つ。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

曾子曰、「君子以文會友、以友輔仁。」

書き下し

曾子そうしいはく、君子くんしぶんもつともくわいし、とももつじんたすく。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 曽子
曽子が言った。「君子は文化的趣味で友人を集め、友人と交わる事で常時無差別の愛(仁)を養成する。」

意訳

論語 曽子 ウスノロ
曽子「君子は高尚な趣味で集い、そのような友と付き合う事で世間に仁を広める。」

従来訳

曾先生がいわれた。――
「君子は、教養を中心にして友人と相会し、友情によって仁をたすけあうものである。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 文 金文 論語 遠山の金さん
(金文)

論語の本章では”文化的な趣味”。『大漢和辞典』『字通』による原義は体に入れた入れ墨だが、論語ではほぼ全て”文化的な何か”。文章だけに限定されない。

會(会)

論語 会 金文
(金文)

論語の本章では”集める・集まる”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「△印(あわせる)+增(ふえる)の略体」。多くの人が寄りあつまって話をすること。

繪(=絵。色糸を寄せあわせた模様)・膾(カイ)(肉を寄せあわせたごちそう)と同系。また、和(寄せあわす)・話(ワ)(あつまって会話する)・括(カツ)(寄せまとめる)とも縁が近い。類義語の遇(グウ)は、二つのものがふと出あうこと。逢(ホウ)は、両方から進んで来て一点で出あうこと。

合は、ぴったりとあわさること。値は、まともにそこにあたること。遭は、ひょっこりと出あうこと。対は、双方がちょうど合致するようにむき合う意。向は、ある方向に進行すること。迎は、来る人を出むかえて双方がかみ合う意。

語義・語法は論語語釈「合」を参照。

輔(ホ)

論語 輔 金文
(金文)

論語の本章では”仁を盛んにする”。

語義はお母さんが赤ちゃんに、かんで含めて食べるのを助けるように”助ける”ことだが、「仁をたすける」と言われてもわけが分からない。仁が天下に広まるようにブースターを付けてやる事なのか、それぞれの友人の仁を強化してやることなのか、よくわからないし、それでいい。

論語の中で、曽子と有若は自己宣伝はするが、意味のあることをめったに言わないからだ。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、甫(ホ)は、平らな苗床(ナエドコ)のことで、平らにへばりつく、ぴたりとくっつくの意を含む。圃(ホ)の原字。輔は「車+(音符)甫」。車にくっつけたそえぎ。薄(ハク)(平らにへばりつく)・補(ホ)(布をあてそえる)などと同系のことば、という。

語義は論語語釈「輔」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、曽子にそうお説教されても、「ああそうですか、お好きなように」としか思えない。儒教の経典とは一面、「孔子がこうしました。孟子が申しました。曽子がそうしました。」という、毒にも薬にもならない話が半分を占めるから、面白くないのは仕方がない。

論語 吉川幸次郎
「最後の儒者」を自称して、若い頃はぞろぞろした儒者の服を着て京都の町を練り歩いたという、論語の権威・吉川博士でさえ、本章についてはほとんど何も言葉をつけ加えていない。これは、さすがの朱子ですら、鼻白んで実に適当なことしか書いていないからだろう。

講學以會友,則道益明;取善以輔仁,則德日進。

学を講じて以て友と会わば、則ち道、益々明らかなり。善きを取りて以て仁をおぎなわば、則ち徳は日ましに進むなり。

論語 朱子 新注
学問講座を開いて友と会えば、学問はますます明らかになる。美点を見て取って自分の仁を補うと、人徳は日増しに高まる。(『論語集注』)

孔子からはっきりと「うすのろ」と言われた曽子だけに(論語先進篇17)、孔子の教説の理解も中途半端で、中途半端だから曖昧な言葉を使ってもったいぶろうとする。現代人でも全く意味の分からないお経を、わざわざ金出して坊さんに唱えて貰うのと似ている。

論語 曽子 ウスノロ
うすのろ本人によく分かっていない事を、後世の人間が悩んで意味を追い求める必要を訳者は感じない。なおとってつけたように、論語本篇の最後に曽子の言葉があるのは、前章の子貢の問答が交友を扱った話だからだろうが、曽子の系統を引く儒者がつけ加えたものと想像する。

論語がバラバラな孔子の言行録ではなく、一冊の本にまとめられ始めた漢代、儒者の主流は曽子の系統を引く者たちだった。だから曽子にごまをすってねじ込んだのかも知れない。だがその詮索もまた、現代の論語読者にはどうでもいいことだ。ともあれ、迷惑な人たちである。

『論語』顔淵篇おわり

お疲れ様でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)