論語315子路篇第十三(13)もしもその身を

論語子路篇(13)要約:政治家に求められる資質とは何か? 今なら真っ先に財力でしょうが、孔子先生はそうは考えませんでした。では孔子塾の必須科目、六芸でしょうか? いやいや、突き詰めてみるとそれはごく当たり前の結論でした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「苟正其身矣、於從政乎何有。不能正其身、如正人何。」

書き下し

いはく、もしただしうせば、まつりごとしたがふにおいなにらむ。ただしうすることあたはざらば、ひとただすを如何いかん

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

先生が言った。「もし為政者の人格を正しくできれば、政治をとるに当たって何があるだろうか。人格を正しくできないなら、他人の人格を正しくするのにどうやるのか。」

意訳

為政者がまともなら、政治を執るなど何でもない。まともになれないなら、他人をどうこう出来るわけがない。

従来訳

先師がいわれた。
「もし自分の身を正しくすることが出来るなら、政治の局に当っても何の困難があろう。もし自分の身を正しくすることが出来ないなら、どうして人を正しくすることが出来よう。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

苟(コウ)

論語の本章では”もし”。

伝統的な論語の解釈では「いやしくも」と読み、吉川本によるとほとんど見込みのない仮定だという。今回はそのように読んでもいいが、人格が立派な為政者は出ようがない、という嘆きに解せる。

論語:解説・付記

論語子路篇6とほとんど同じ。

論語子路篇10でも述べたが、孔子が論語時代にあって政治家として抜きん出たのは、過去の歴史を知っていることだった。従って過去の実例から、どこまで無茶をやれば民や外国が怒り出すかを、並の政治家と比べればよく知っていた。

今回孔子が取り上げた政治家の資質は、「身が正しい」ことで、身体が丈夫だという意味では無かろうから、人格と解した。その人格修養について、孔子は論語泰伯篇8で、「詩に興り、礼に立ち、楽に成る」と言っている。つまりは勉強しなさいという事。

少なくとも「礼に立」てば、立ち居振る舞いは「身が正しい」だろうが、挙措動作が立派でいいなら、詩や音楽を好む、お茶や小笠原礼法のお師匠さんが政治家に適することになってしまう。となると本章で孔子は、ありもしないおとぎ話を説いたことになる。

となると本章で「身が正しい」と言えるのは、泰伯篇の三つに加えて、六芸=礼・楽・書・射・御・数のうち射と御と数、そして過去の歴史=詩を除いた書に通じねばならないというのだろうか。確かに六芸を修め終えたなら、論語時代ではどこに出しても恥ずかしくない教養人であり、武人だろう。

しかし技能だけではダメだと、論語子路篇5で孔子自身が言っている。となると残るは人格修養だが、論語顔淵篇1で一番弟子の顔回に、「我欲をおさえて礼に従うことが仁だ」と教えている。

となると最終的に孔子がこの章で政治家に求めたのは、我欲を押さえる事になるだろう。その上で技能や教養を身につければ、確かに申し分のない政治家が出来上がる、かもしれない。しかし完璧な政治家の姿など、訳者如きには分かりかねるので、孔子の教説が分かったことでよしとする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)