論語313子路篇第十三(11)善人百年邦を

論語子路篇(11)要約:孔子先生は司法官としては、とても厳しい処罰者でした。しかし罰を与えるよりも、罪を犯させないようにすることがよりよいと考えていました。具体的な策は伝わっていませんが、善意の統治者ではありました。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「善人爲邦百年、亦可以勝殘去殺矣。誠哉是言也。」

書き下し

いはく、善人ぜんにんくにをさむること百ねんおほいもつざんさつなりと。まことなるかなこと

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

先生が言った。「有能な政治家が国を百年治めたら、間違いなく無残を取り除き死刑を廃止できるのだ、と言うが、本当だよ、この言葉は。」

意訳

腕利きの政治家に百年国を任せたら、粗暴犯はいなくなり、死刑も廃止できる。ウソじゃないぞ。

従来訳

先師がいわれた。――
「古語に、単なる善人に過ぎないような人でも、もしその人が百年間政治の任にあたることが出来たら、人間の残忍性を矯め、死刑のような極刑を用いないでもすむようになる、とあるが、まことにその通りだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

善人

論語では”有能な人”。

悪人に対比させた場合の善人や、いつもニコニコしている妙好人、ではない。「善」とは”能力”のことであり、「善人」とは”有能な人・万能人”を指す。詳細は論語における「美と善」を参照。

爲邦(為邦)

論語の本章では国を為す→国を治める。

勝殘(勝残)

論語の本章では”粗暴犯を根絶する”。

「残」は”残忍・残酷”。そのような事をする者、つまり”粗暴犯”。それに「勝つ」とは、粗暴犯がいなくなること。

去殺

論語の本章では「殺しを去る」→”死刑を廃止する”。

誠哉是言也

論語の本章では”本当だなあ、この言葉は”。倒置表現。

論語:解説・付記

「有能な政治家」とは、孔子自身を指して言っていると解していいが、元来孔子は厳罰主義だから、百年も過ぎた頃には小悪党だろうと縛り首や斬首が終わっているわけで、論語の本章は論理的には無理がない。しかしそういう意地悪な解釈をせずとも、孔子も人間だと考えたい。

つまり、初めて政治をとった五十代では、やる気も満々だし、それまで底辺から這い上がってきた地獄のような過去を思い出し、悪党は残らず縛り首、にしてしまった。ところがその後失脚し、諸国を放浪して苦労を重ねると、厳罰主義ではいかんと思い立っても不思議はない。

ここは孔子を褒めてやるべき所で、人には苦労が身に付く人と、全然身に付かない人がいるから、孔子を前者として評価していい。論語為政篇15で述べているように、学びもしたのだろうが思いもし、人の世のなんたるかについて洞察を深めた。

だからこそ論語子路篇9で、「財布を膨らませてやろう」と言った。豊かになれば通常は、犯罪は減るだろうから。そうでもない場合もあるが、犯罪撲滅は今日でも解決を見ない問題であって、古代人の孔子にそこまでの万能を期待するのは酷だろう。

なお「子衛にゆく」の時間軸は失脚直後と思われるので、孔子はまだ放浪の苦労を経験していないが、もともと孔子には、経済の悪化が治安の悪化につながるとの認識があり、孔子なりに経済政策を考えていたことになる。しかしその詳細が、倹約しか伝わっていないのは残念。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)