論語詳解328子路篇第十三(26)君子は泰かに°

論語詳解328子路篇(26)要約:人は威張ると嫌われます。嫌われると分かっていてなぜ威張るのか。それは自信がないからです。孔子先生はそれに気付き、地獄のような差別に生きてきた新弟子の、心のわだかまりを解いてあげるのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「君子泰而不驕。小人驕而不泰。」

校訂

定州竹簡論語

子曰:「君子大而不驕,小人驕而不大a。」358

  1. 君子大而不驕,小人驕而不大、今本”大”作”泰”。古通。

※カールグレン上古音は泰・大・太ともにtʰɑd(去)。


→子曰、「君子大而不驕。小人驕而不大。」

復元白文

子 金文曰 金文 君 金文子 金文大 金文而 金文不 金文喬 金文 小 金文人 金文喬 金文而 金文不 金文大 金文

※驕→喬。

書き下し

いはく、君子くんしやすらかにしおごらず、小人せうじんおごやすらかならず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「貴族は大らかだが憤激しない。凡人は憤激するが大らかでない。」

意訳

論語 孔子 ぐるぐる
貴族は自分に自信があるものだ。だから余裕たっぷりとして、激情に駆られたり威張ったりする必要がない。対して凡人は虚勢を張って威張りたがるが、余裕なんぞはありはしない。つつけばすぐに飛び上がる。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「君子は泰然としている。しかし高ぶらない。小人は高ぶる。しかし泰然たるところがない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「君子坦蕩而不驕狂,小人驕狂而不坦蕩。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「君子はゆったりとしていておごり高ぶらず、小人はおごり高ぶってゆったりしない。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 () ()。」


泰→大

初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しないが、大・太が語義を共有する場合にのみ、論語時代の置換候補になりうる。詳細は論語語釈「泰」論語語釈「大」を参照。

驕(キョウ)

論語 驕 睡虎地秦墓竹簡 論語 驕
(秦系戦国文字)

論語の本章では、”おごり高ぶる”。初出は戦国文字。カールグレン上古音はki̯oɡ。同音部品に喬。詳細は論語語釈「驕」を参照。

原義は”馬の跳ね上がるさま”であり、威張ることだけではない。馬が跳ねてすぐ前足をつくように、一時的な激情や、実力無しの空威張りを言う。

泰而不驕→大而不驕

論語の本章では”大らかだが高慢ちきにならない”。

「泰」「大」は”大らか”。「泰」は両手で水をすくっても指の間からこだわり無くこぼれ落ちるように、滞りがないこと。「驕」は”高ぶる”。馬+喬(たかい)で、跳ね馬が前足を持ち上げて飛び上がるように高ぶること。

「泰而不驕」は「而」(ジ)でつながれており、「A而B」はAでありBでもある、の意。論語本章の場合は後半Bに否定辞「不」が付けられており、「AではあるがBではない」の意。Aに否定辞が付いた場合は、「AでもなければBでもない」の意となる。

論語:解説・付記

ふと従来訳の『現代訳論語』を見て思った。「泰然」と言われて現代の読者にどれだけ分かって貰えることか。下村先生の訳の初版は、wikipediaによると1954(昭和29)年とのことだが、当時は十分、読者に分かって貰えただろう。しかし現在ではむしろ、calmの方が通じるかも。

訳者は英語より漢文の方が得意という、現在では天然記念物(ぜひ指定して貰いたいものである)級の古物だが、敗戦後十年間程度なら訳者より漢文の読める人は町内に一人は居たかも知れない。だが21世紀の今、漢文を音読みしただけでは、それで現代語訳として通用はしない。

論語の本章は、孔子の人間観察の程度を示す一節で、人はなぜ威張るのかの答えでもある。素で美人の女性が、あえてすっぴんのまま通りを歩くのにも似ているかも知れない。対して男というのは虚勢を張りたがるように本能が命じるから、用もないのに不機嫌だったりする。

論語 電車
誰からも見放された団塊じじいが、コンビニで店員を怒鳴り上げるのにも似ている。人間も動物だから、サル山で上位ザルがマウンティングするのと変わらない。ただ人間の場合は文化というやっかいなものがあるから、下位ザルでも反撃の恐れがない所でやらかすのである。

以上は論語時代も同じだったろう。とりわけ孔子塾に入門してくる若者は底辺出身者が多く、身分差別やいわれのない屈辱にさらされた記憶が強烈だったろう。そんな弟子をまとめ上げるには、その不条理の原因を諭し、自分がそうなってはいけないことを教える必要があった。

これは論語の第一章の解釈にも関わる事だが、そういった言わばひねくれた弟子が多い中で、孔子が心のわだかまりを解いてやらねば、学級崩壊が起こる。それで済めばいい方で、稽古用の武器を持ちだして刃傷沙汰まで起こりかねない。だから孔子が差別を言う訳がない。

経験の浅い教師なら、事後に罰することで止めるのだろうが、漢方と同様、まだ病にならない前に収めてしまうのが上手というものだ。顔回子貢といった、奇蹟のような能力を持った弟子が、なぜ孔子の下を離れなかったのか、その理由の一つが論語の本章にあるように思う。

従って論語の本章は前章と同様、君子を持ち上げ小人をけなしてはいるものの、史実と言ってよいと思う。孔子が新弟子に「小人としての君はこうだったかも知れないが、稽古して貴族になればこうなり、悩みや不安から解放される」と言った説諭なら、あり得る話だからだ。

心の平安と驕=激情や空威張りについて、別伝は次のように言う。

孔子遭厄於陳、蔡之閒,絕糧七日,弟子餒病,孔子絃歌。子路入見曰:「夫子之歌,禮乎?」孔子弗應,曲終而曰:「由來!吾語汝。君子好樂,為無驕也;小人好樂,為無懾也。其誰之子,不我知而從我者乎?」子路悅,援戚而舞,三終而出。明日,免於厄,子貢執轡,曰:「二三子從夫子而遭此難也,其弗忘矣!」孔子曰:「善惡何也?夫陳、蔡之閒,丘之幸也。二三子從丘者,皆幸也。吾聞之,君不困不成王,烈士不困行不彰,庸知其非激憤厲志之始於是乎在。」

論語 孔子 論語 子路 あきれ
孔子一行が陳・蔡国あたりで包囲されて、食料を七日断たれた。弟子は飢えて寝込んだが、孔子は一人チンチャカ琴を弾いていた。

子路がうんざりして問うた。「先生、そりゃ貴族らしい振る舞いと言えますか?」孔子は構わず黙って弾き続け、一曲終えてから言った。

「子路、ちょっと来なさい。話がある。貴族が音楽を好むのは、激情を鎮めるため、小人が好むのは、恐怖を紛らわすため。そんなことはいつも言い聞かせているだろうに、それでもワシの弟子かね?」

聞いた子路は喜んで、孔子の琴に合わせ、手斧を持って舞い始めた。三度舞って「失礼します」と孔子の前を下がった。翌日、包囲が解けた。孔子の馬車の手綱を執った子貢が言った。「みんな先生と、辛い経験を共にしました、いつまでも忘れないでしょう。」

孔子「うむ、だが人にとっての善し悪しとは何だろうな。こうして包囲されたのは、ワシにとってはよい経験だった。諸君等みんなにとっても幸いだった。なぜなら昔から言うだろう、”王家に生まれても苦労しなければ王になれない。勇士も苦労せねば名が挙がらない”と。こたびの苦労を経なければ、この程度のことで激情に駆られるべきではない、と思い知ることがなかっただろうよ。」(『孔子家語』困誓4)

激情に駆られる=怒りは怒るべき時に、怒るべき相手に怒って、そして勝って帰らねばならない。用も無いのに怒って、つまらない負け方をするから、人は心に鬱がたまる。勝てない相手とも戦わねばならないときはあるが、それは己の修業・修行不足だと、納得して負けられる。

驕りとはつまり、用も無いのに威張ってみせる行為であり、自信のなさの表れだ。孔子が塾の必須科目として武術を課したのも、一つは仕官のためだが、このことわりを理解させるためでもあろう。こればかりは申し訳ないが、武道経験を持たない方には分かって貰えそうにない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)