論語詳解212子罕篇第九(8)われ知ること有らむや

論語子罕篇(8)要約:古来文意不明と言われてきた一節。呉国と組んだ先生は、その知識の限りを尽くして政治工作に励み、出尽くすほどの策を呉国に授けてきました。しかし最近様子がおかしい、もしや呉国は危ないのではないかと。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「吾有知乎哉、無知也。有鄙夫*問於我、空空如*也、我扣其兩端而竭焉。」

校訂

武内本:清家本により、夫の下に来の字を補う。空空如、鄭本悾悾如に作る。

書き下し

いはく、われることある乎哉かなることなり鄙夫ひふりてわれひ、空空如くうくうじよたりわれ兩端りやうたんたたつく

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「私に知識があるか。知っていることはない。田舎者が私に問うた、空っぽだ。私はその両端を叩いて出し切った。」

意訳

論語 孔子 ぐるぐる
(前章からの続き)これ子貢よ。私は物知りとは云えぬよ。呉の田舎者があれこれ聞いたので、政治の手練手管を、酒壺を叩いて出すように出し切ったが、最近様子が怪しいではないか。

論語 缶

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。
「私が何を知っていよう。何も知ってはいないのだ。だが、もし、田舎の無知な人が私に物をたずねることがあるとして、それが本気で誠実でさえあれば、私は、物事の両端をたたいて徹底的に教えてやりたいと思う。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

乎哉(かな・コサイ)

論語 乎 金文 論語 哉 金文
(金文)

二文字で詠嘆を表す、と『大漢和辞典』に言う。一字ずつ分解すると、「乎」は疑問、「哉」は詠嘆で、”知ることあるかなぁ”という訳になる。

鄙夫(ヒフ)

論語 鄙 金文大篆 論語 夫 金文
(金文)

”田舎おやじ”。論語の本章では呉国王・夫差や、その宰相・伯を指す。

空空如

論語 空 金文 論語 空
「空」(金文)

論語の本章では”からっぽであるさま”。武内本には「つつしめる貌」とあるが、漢字の原義に従った。

『学研漢和大字典』によると「空」は会意兼形声文字で、工は、つきぬく意を含む。「穴(あな)+(音符)工(コウ)・(クウ)」で、つきぬけてあながあき、中に何もないことを示す。

孔(コウ)(つきぬけたあな)・腔(コウ)(のどのつきぬけたあな)・肛(コウ)(しりのあな)・攻(つきぬく)などと同系のことば。類義語の虚は、中身がなくうつろである。徒は、何も物をもたないさま、という。

扣(コウ)

論語 扣 金文大篆 論語 扣
(金文)

論語の本章では「叩」と同じ。そう記す版本もある。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、口は、くぼんだ穴。うしろや下にくぼむ意を含む。扣は「手+(音符)口」で、進むものを引き止めて、うしろにくぼませる。つまり、ひかえることを、あらわす。

▽控(ひかえる)はその語尾がxに転じた語。また殻(かたい物でこつんとたたく)や叩(コウ)(こつんとたたく)に当てる。「控」に書き換えることがある、という

我扣其兩端而竭焉

論語当時の酒瓶には上掲「缶」があり、漏れやアルコールの揮発を防いだのだろう。それ以外の酒瓶には気密性が低いものが多いが、当時の技術では5%程度の酒しか醸せなかっただろうし、食卓に並べてすぐ呑むのなら、「缶」でなくともよかったはず。

ともあれ酒を蓄えるには大きな酒瓶に入れて口を布と泥で密封するか、「缶」を使うしかなかったはず。「両端を叩いて」というのは、「缶」を叩いてしずくを出すような様と解した。

論語 焉 金文 論語 辞
「焉」(金文)

「焉」は論語のここでは”…てしまった”という完了を意味する。まるで判決が出てしまったように、”あーあ。終わった”という語気を示す。詳細は論語語釈「焉」を参照。

竭焉(ケツエン)

論語 竭 金文 論語 焉 金文
(金文)

論語の本章では、”尽くし(竭)終えた(焉)”。すっかり出し切ってしまった、ということ。

論語:解説・付記

論語泰伯篇と、この子罕篇は、各章をぶつ切りの話として読むと面白く無いが、孔子一門と呉とのやりとりとして読んだとたん、生き生きしてくる。呉国は国王さえ体に入れ墨し、髷を切ってザンバラ髪という、いまだ野蛮性を残した国だった。それだけに強兵だったのだろうが、国王夫差を孔子一門が焚き付けて、いろいろと政治外交の手練手管を伝えたのである。
論語 呉王夫差 論語 孔子 へつらい

なお上掲の「缶」はまた「缻」(フ)とも書き、西方の秦国では酔っぱらうと、これをチャンンチキ叩いて歌う風習があった。『史記』戦国時代の名シーンの一つ、趙の名宰相・リン相如ショウジョが、秦王にこれを叩かせて恥をかかせるくだりは、漢文業界に名高い。詳細はこちら

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)