論語詳解319子路篇第十三(17)子夏莒父の宰たり

論語子路篇(17)要約:孔子一門きってのカタブツ、子夏がとあるまちの代官になります。赴任を前にして子夏は、政治のコツを先生に尋ねますが、引っ込み思案の子夏にも関わらず、意外にも「焦るな」と教えました。そのわけとは…。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子夏爲莒父宰、問「政」。子曰、「無*欲速、無*見小利。欲速、則不達。見小利、則大事不成。」

校訂

武内本:唐石経毋を無に作る。

書き下し

子夏しか莒父きよほさいり、まつりごとふ。いはく、すみやかならむことをほつするかれ、ちひさきかれ。すみやかならむをほつさばすなはいたらず、ちひさきすなは大事だいじらず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

子夏が莒父のまちの代官となって、政治を問うた。先生が言った。「急いではならない。些細な結果を挙げようとしてはならない。急げば政治は完成しない。些細な結果を追えば、大きな業績は挙げられない。」

意訳

子夏が莒父のまちの代官になったので、先生に政治の要点を尋ねた。
「焦るんじゃない。政治とは時間がかかるものだ。チマチマした業績を狙ってはならない。そんなことでは大きな業績は上がらないから。」

従来訳

論語 下村湖人

子夏が莒父の代官となった時、政道についてたずねた。先師はこたえられた。――
「功をいそいではならない。小利にとらわれてはならない。功をいそぐと手落ちがある。小利にとらわれると大事を成しとげることが出来ない。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

莒父(キョホ)

論語の本章では、どこのことだか分からない。百度百科は、魯と斉に挟まれた小国、莒のことだというが、曲がりなりにも莒国はこの時存続していて、BC431に楚に滅ぼされるまで独立国だった。

論語 地図 斉

Map via http://shibakyumei.web.

『左伝』定公十四年(BC496)の経文に、「莒父及霄(ショウ)に城(きず)く」とあり、この年孔子は魯国で失脚して放浪の旅に出る。従って本章の時間軸はBC484に孔子が帰国してから後の事になる。つまり莒父はまだ築かれてから10年を過ぎた程度の若いまちだった。

論語 速 金文大篆 論語 競馬 速
(金文)

論語の本章では”早期の”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、束は、木の枝を○印のわくでたばねたさまを示す会意文字。ぐっとちぢめて間をあけないの意を含む。速は、「辶(足の動作)+(音符)束」で、間のびしないよう、間をつめていくこと。

促(ちぢめる、せく)・縮(シュク)(ちぢめる)・蹙(シュク)(ちぢめる)などと同系のことば、という。

また『論語之研究』によると、斉の方言だという。

論語:解説・付記

子夏について詳細はリンク先をご覧頂くとして、論語先進篇15で、過ぎたるは猶及ばざるが如しの「及ばない」とされた人物で、石頭で融通が利かず、引っ込み思案だったとされる。それゆえに孔子の「チマチマするな」という教えになるのだが、子夏には「及ばない」自覚もあったようで、それゆえ「焦るな」と孔子は言ったわけ。

ここで孔子が「焦るな」と諭したことについて、孔子は度々「政治なら一年で実績を上げてみせる」といい(論語子路篇10)、『史記』など他人の目からも、たった三ヶ月で実績を挙げたことが知れる。しかしそれらは孔子が初めて行政官になった50代初頭のことで、十数年に及ぶ放浪から帰った後の本章の時点では、引っ込み思案の子夏にさえ焦らないことを教えるほど、政治に関して老成したと言っていいだろう。

なおここからは仮定だが、莒父が百度の言う通り莒国の都城であったり、そうでないにしても莒に近いどこかだとすれば、本章の「大事」とは何かに意味が付け加わる。地図にあるように、莒あたりの莒父(仮名)は南方の呉が斉を攻める時の通過点であり、港町の琅邪ロウヤと魯の都城・曲阜との中間にあることから、呉と魯をつなぐ交通の要衝であったと分かる。

BC 魯哀公 孔子 魯国 その他
485 10 67 夫人の幵官氏死去。子貢を派遣して呉から援軍を引き出す。陳から衛に入る〔衛世家〕 呉と同盟して斉を攻める 斉・悼公、鮑牧に殺され簡公即位、田乞死去し田常継ぎ、魯を攻めんとして子貢諫止
484 11 68 孔文子に軍事を尋ねられる。衛を出て魯に戻る。弟子の冉求、侵攻してきた斉軍を撃破 呉と連合して斉に大勝  
482 13 70 息子の鯉、死去   呉王夫差、黄池に諸侯を集めて晋・定公と覇者の座を争う。晋・趙鞅、呉を長と認定(晋世家)。呉は本国を越軍に攻められ、大敗

孔子の帰国の前年、呉は斉を攻めるに当たって水軍で押し寄せたことが史書の記録にあり、おそらくは琅邪を占拠して通過しただろう。そして呉は孔子一門との関係が深い国であり、その王・夫差を、孔子が焚き付けて覇者にしようとした形跡がある。

子夏は石頭の古典研究家にも関わらず、その子夏が莒父の代官になったとすると、孔子の差し金ではないかと考えたくなる。政治に才のある子路や冉有、子貢たちは、とうの昔に仕官していたから、孔子の手元には持ち駒がなかった。石頭ゆえに政治的な信用を置けたのだろう。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)