論語詳解481子張篇第十九(10)君子は信ありて

論語子張篇(10)要約:弟子の子夏による、官界での泳ぎ方講座。民に対しても主君に対しても、信用がなければ怨まれますよ、とお説教。言い換えると信用さえあれば何をやろうといいわけで、官界腐敗の一因になったかも知れません。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

子夏曰、「君子信而後勞其民、未信、則以爲厲己也。信而後諫、未信、則以爲謗己矣*。」

校訂

武内本:矣、唐石経也に作る。

書き下し

子夏しかいはく、君子くんしよせありのちたみつかふ。いまよせあらざらば、すなはもつおのれむるとなりよせありのちいさむ。いまよせあらざらば、すなはもつおのれそしるとなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

子夏が言った。「役人は信用を作ってから管轄する民を労役に駆り出す。まだ信用がないと、必ず民はいじめられたと思う。信用を作ってから諌める。まだ信用がないと、必ず自分の悪口を言ったと思うに違いない。」

意訳

子夏「信用もないのに民を労役に駆り出すな。悪代官として怨まれるぞ。信用もないのに殿様の欠点を言うな。ただの悪口だと思われて危ないぞ。」

従来訳

論語 下村湖人

子夏がいった。――
「君子は人民の信頼を得て然る後に彼等を公けのことに働かせる。信頼を得ないで彼等を働かせると、彼等は自分たちが苦しめられているように思うだろう。また、君子は君主の信任を得て然る後に君主を諌める。まだ信任されないうちに諌めると、君主は自分がそしられているように思うだろう。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子夏

論語 子夏

論語では、孔子の若い弟子で孔門十哲の一人、ボク商子夏を指す。

君子

論語 君 金文 論語 子 金文
(金文)

論語の本章では、為政者階級の末端である役人を指す。孔子塾生の志望でもあった。詳細は論語語釈「君子」を参照。

論語 信 金文
(金文)

論語の本章では、動詞として”信用がある・信頼される”。他人に対して嘘をつかない「まこと」ではなく、信頼の意味として「よせ」と読む。伝統的な読み下しでは「信ぜらる」と受け身に読んでいるが、原文には受け身を示す記号がないため、「信あり」と動名詞化して読んだ。

勞(労)

論語 労 金文 論語 民 奚
(金文)

論語の本章では”労働させる”。中国の税はつい最近まで、穀物・貨幣など財貨で取り立てるのと、労役を課すのとの二本立てだった。伝統的には「ロウす」と読み下すが、音読みのままで済ませるのは訓読とは言い難く賛成しない。

則以爲厲己也

論語 厲 金文 論語 牡蠣
「厲」(金文)

論語の本章では、”自分に辛く当たると必ず思う”。思うのは伝統的に「民」と解するが、主語が明示されていないので、ひどく分かりづらい。

「厲」は激しくこすり削る砥石のことで、牡蠣の殻でガリガリと肌をこするように、辛い目に遭わせること。

信而後諫

論語 諌 金文
「諌」(金文)

論語の本章では、”信用が出来た後で(主君を)諌める”。ここも主語がないので文意が明瞭でない。

則以爲(為)謗己矣

論語 謗 古文
「謗」(古文)

論語の本章では、”(主君は)自分の悪口を言うのだときっと思うに違いない”。ここも主語がないので文意が明瞭でない。「則」はAならば必ずBの意で、「レバ則(ソク)」といわれるように、順接の仮定条件の文で多く用いる。

「以為」は漢文では熟語として「おもえらく」と読み、”思うことには・考えてみると”と解するが、「以って~と為す」と返り読みする場合との判断基準は明悪でない。ただ全ての「おもえらく」は「以って~と為す」と読めるが逆はそうではない。

「謗」は甲骨文・金文には見られず、秦系戦国文字・古文から見られる。悪口を言う、言いふらすこと。『学研漢和大字典』によると「言+(音符)旁(ボウ)(両わき、わきに広げる)」の会意兼形声文字で、榜(ボウ)(広げた板に書いて公示する)と同系のことば、という。

矣(イ)

論語 矣 金文 論語 矣 字解
(金文)

論語の本章では”である”を意味する。断定の用法。原義は人の振り返った姿で、絶対こうだ、と言い切る語感を含む。詳細は論語語釈「矣」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、役人には上下からの信用が大事であると教えたには違いないし、民と政府との信用はあった方がいいに決まっているが、その後の中国史にそのような効能は全くもたらさなかった。有力者の悪口は言わない、民は一揆を起こさない程度に絞る、へと落ち着いた。

当たり前の結果ではあるが、孔子が言おうと高弟が言おうと、歯止めにはならなかったのである。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)