論語156述而篇第七(9)子、喪有る者の側に

論語述而篇(9)要約:まともな人なら、肉親を失って悲しんでいる人の横で、ガツガツ食ったりはしません。孔子先生もまた。そうしたごく普通の常識人だったという、弟子の回想。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子食於有喪者之側、未嘗飽也。子於是日哭、則不歌。

書き下し

ものかたはらしよくすらば、いまかつかざるなりおいこくすらば、すなはうたはず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

先生は喪中の人のそばでは、これまで飽きるほど食べたことがない。先生は死者への礼として泣いた日は、歌わなかった。

意訳

葬儀に呼ばれてガツガツ食わない。葬儀のあった日には歌わない。

従来訳

 先師は、喪中の人と同席して食事をされるときには、腹一ぱい召しあがることがなかった。先師は、人の死を弔われたその日には、歌をうたわれることがなかった。

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

喪(ソウ)

論語 喪 金文 論語 喪 廃
(金文)

論語の本章では”葬儀”。『大漢和辞典』の第一義は”失う”。『学研漢和大字典』による原義は死者を送って口々に泣くことで、ばらばらになる意を含む、という。

嘗(ショウ)

論語 嘗 金文 論語 味見 嘗
(金文)

論語の本章では”かつて”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、嘗は「旨(うまいあじ)+〔音符〕尚(のせる)」で、食べ物を舌の上に乗せて味をみること。転じて、ためしてみる意になり、さらに、やってみた経験が以前にあるという意の副詞となった。

尚(上に乗せる)・賞(上に持ちあげる)と同系のことば。類義語の曾=曽(ソウ)(かつて)は、経験が層をなして重なること。試は、用いてみてためすこと、という。

飽(ホウ)

論語 飽 甲骨文 論語 飽 金文大篆
(甲骨文・金文)

論語の本章では、”食べ飽きる・満腹する”。

論語 飽
『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「食+〔音符〕包(中に物をつつみこむ、まるくふくれる)」。抱(まるくだきこむ)・泡(空気をつつんでまるくふくれたあわ)と同系のことば、という。

『字通』によると「食+包」で、包は懐妊の意で、満ちあふれること。犬のいけにえを捧げ、神がそれに満足することを猒(エン)と言い、『説文解字』によれば飽は猒(あきる)だといい、『広雅』には「満ちる」だという。飽は包に食をともない、酒食に猒きて満ち足りること、という。ただし『字通』には甲骨文を載せず、篆書と古文のみ載せる。

甲骨文を見ると、豆=飯を盛ったたかつきに、上から蓋をかぶせている形に見える。これでもう結構、ということだろうか。

哭(コク)

論語 哭 金文 論語 哭
(金文)

論語の本章では「哭礼」と言って、死者への礼法として、当時声を上げて泣いた。なお中国人はかつて人をののしる際、「死んでも哭(な)く者の居ない奴」と言ったらしい。本当に悲しんで泣くのかどうかは問題ではなく、現実的に残された者の耳に音波が届けばいいのである。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「口二つ+犬」で、大声でなくこと。犬は大声でなくものの代表で、口二つは、やかましい意を示す。

一方『字通』では、「吅(ケン)+犬」で、口は祝詞を収めた口さい器。犬は清めに用いるいけにえで、葬儀の際に泣くことを言う。

論語:解説・付記

論語 読経
孔子塾の財政は、わずかばかりの干し肉の束だけでまかなえるはずもなく、弟子は普段の生活費稼ぎのためにも、葬礼があると呼ばれて祭司を務めた。要するに現代日本の坊さんである。孔子が葬儀の祭司を務めたという記録はないが、もしあったとすれば、まるで大僧都大阿闍梨の引導による国葬の如き盛観だったろう。

少なくとも前近代の中国人の死生観は日本人とは違っていて、死んでも生活の場をあの世へ移すだけと考えていた。それゆえ生活用具や仕える殉葬者を棺と共に埋めるのだが、論語の時代には生活用具は明器と呼ばれた模型に取って代わられ、殉葬も廃れつつあった。

その代わりに出現したのが俑=土人形だが、人の代わりをする俑を孔子は逆に考えて、俑を作るから人を生き埋めにするようになるのだ、と怒っている。

論語 孔子 説教
孔子が言った。「自分のために副葬品を作らせた者は、葬儀の何たるかをきっと知っていたのだろう。作らせても実用品ではなかった」。悲しいことだ、死者が生者の道具を使うとは。生者を殉葬するのとほとんど同じだ。そもそも明器とは、神の明らかに見通す力そのものだ。車のはにわ、お供えのわら人形、これらが昔からあるのは、副葬品のあるべきことわりを示すものだ。だから孔子は言った、「つたないわら人形を作らせた者はよろしい。だが写実的な土人形を作らせた者にはあわれみの心がない。いずれ本物の人を生き埋めにするようになるぞ!」(『礼記』檀弓下

論語 古注 皇侃 論語義疏
なお皇侃オウガンの『論語義』によると、本章はもと文が違っていたという。

(現伝)子食於有喪者之側、未嘗飽也。子於是日哭、則不歌。

(古本)於是日哭、則不歌。不食於喪側。

また本章そのものが、前漢武帝の時代に発掘された、古論語にはなかったという。現伝の論語は古論語の系統を引くから、本章は漢代の儒者がつけ加えた事になるが、その理由は分からない。ただわかるのは、儒者たちが論語を膨らませようとしたことのみ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)