論語149述而篇第七(2)黙してこれを識り

論語述而篇(2)要約:偉い人の自慢話は、ただひたすら伺うしかなく、最も面白くいない話の一つです。孔子先生もそこは人間で、論語にもいくつか自慢話や武勇伝があります。まあそういう事もあるでしょうと、読み飛ばしていい一節。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「默而識之、學而不厭、誨人不倦、何有於我哉。」

書き下し

いはく、もくこれり、まないとはず、ひとをしへてまざる、なんわれらむ

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「黙ってこれを知り、学んで嫌がらず、人を教えて飽きない。私に何があるだろうか。」

意訳

論語 孔子 微笑み
文句を付けず過去の文化をそのまま覚え、学んで嫌がらず、人を教えて飽きない。こんな事は私にとって、何でもない。

従来訳

 先師がいわれた。――
「沈默のうちに心に銘記する、あくことなく学ぶ、そして倦むことなく人を導く。それだけは私に出来る。そして私に出来るのは、ただそれだけだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

默(黙)

論語 黙 金文大篆 論語 黙
(金文)

論語の本章では”異議を言わない”。ただ”黙る”と取るか、”言葉=異議を発しない”と取るかで訳は変わる。前者なら従来訳の通りとなり、後者なら意訳のようになる。ここでは前章の「述べて作らず」と合わせ考えて、意訳の通りとした。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「犬+〔音符〕黑(くらい、わからない)」。黑(=黒。くろい)・晦(暗い、よくわからない)・謀(どうしたらよいかわからない→さぐり求める)と同系のことば、という。

誨(ケ・カイ)

論語 誨 金文 論語 誨 字解
(金文)

論語の本章では”教える”。毎=物事に暗い人を、言=言葉で教え諭そうと努力すること。

何有於我哉

「何」の解釈によってこの句の訳は変わる。前句までの内容=何なら従来訳の通りとなり、”何の苦労”ととれば意訳のようになる。どちらでもいいと思う。

論語:解説・付記

孔子が「黙ってこれを知り、学んで嫌がらず、人を教えて飽きない」のはその通りで、前章の「述べて作らず」と合わせ、孔子の言葉の信憑性を裏付ける決まり文句になっている。しかしだからといって、孔子が作り事をしないわけではない。こんな例もある。

晋国の筆頭家老に趙盾(チョウジュン、チョウトンとも)という人がいて、幼くして国君になった霊公の守り役だった。成長した霊公は手の着けられないバカ殿になり、諌めた趙盾を殺そうとした。人望のあった趙盾はさまざまな人の助けを借りて逃亡したが、国境を越える手前で霊公が暗殺された。急いで都城に戻った趙順を、史官の董狐(トウコ)が書いて、でかでかと朝廷に貼り出した。いわく、「趙盾が主君の霊公を殺した。」

趙盾「なんだこれは。でたらめじゃないか。書き直しなさい。」
董狐「いいえ。あなたは宰相で、暗殺の時、国境を越えていませんでした。都城に戻っても、下手人を処刑していません。これはあなたの責任です。だからあなたが殺したも同然です。」
趙盾「やれやれ。何と言うことだ。”心を込めた行いが、かえって身のあだになる”とは私のことだ。」

論語 孔子 褒める
孔子「いにしえの董狐は見上げた史官だ。法を守って隠さず書いた。趙盾も立派だが、法には従わなければならない。国境を越えなかったのが残念だ。」(『春秋左氏伝』宣公二年)

『春秋左氏伝』の筆者がいきさつを記さなかったら、趙盾は主君を殺した悪人として伝わったことになる。孔子の言う「述べて作らず」はこのでんで、史実と受け取っていいかは注意が必要。また孔子にとっての法とは、成文法ではなく運用者の勝手にできるものだった。

詳細は論語における「法」を参照。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)