論語066八佾篇第三(26)上に居て寛がず

論語八佾篇(26)要約:礼儀作法は人を和ませるためのもの、形ばかり行っては、人格修養にも役立たない。弟子が貴族に成り上がるには必須の教養でも、心を込めてやらないと意味がないよと、孔子先生が諭したお話。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「居上不寬、爲禮不敬、臨喪不哀、吾何以觀之哉。」

書き下し

いはく、かみくつろがず、れいしてうやまはず、のぞんでかなしまずんば、われなにもつこれ

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「上座にいて寛大でなく、作法のしぐさをしてうやまいの心がなく、喪中に悲しまない人を、私はどのように観察したらいいのか。」

意訳

論語 孔子 遠い目
上役なのに優しさがない。お辞儀をしても腹で舌を出す。葬儀があっても悲しまない。こんな奴に見所はない。

従来訳

 先師がいわれた。――
「人の上に立つて寛容でなく、礼を行うのに敬意をかき、葬儀に参列しても悲しい気持になれない人間は、始末におえない人間だ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 寬 金文大篆 論語 寬
(金文)

論語の本章では”心が広い”。『大漢和辞典』の第一義は”いえがひろい”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、下部の字(音カン)は、からだのまるいやぎを描いた象形文字。まるい意を含む。寛はそれを音符とし、宀(いえ)を加えた字で、中がまるくゆとりがあって、自由に動ける大きい家。

転じて、ひろく中にゆとりのある意を示す。緩と同系のことば、という。

論語:解説・付記

論語 孔子 笑い
『史記』孔子世家によると、孔子は魯の政権を握ったとき、舞い上がって偉そうにしていたらしい。弟子の子路がそれをたしなめると、「尊貴な立場でへりくだるのも、またいいではないか」と開き直っている。この時期の孔子はどう考えても、晩年のように大成していない。

ただし、論語の本章は『史記』の発言に通じるものだが、高い地位に登ってもこせこせしているようでは、確かに「見所はない」。礼法を重んじた孔子は、その中心にはまごころがあると言った(論語八佾篇4)。地位が整ったのに心が伴わないでは、意味がないと思ったわけ。

「礼を為して敬わず、喪に臨んで哀しまず」とはそのことで、外見と中身の一致は、「巧言令色」を嫌うのと理由が同じ(論語学而篇3)。孔子が教えた古典についても、「仕事に使えねば意味がない」(論語子路篇5)、「中身が伴ってやっと君子」(論語雍也篇18)と言う。

論語 魯昭公
孔子がこのように言った背景には、当時の魯国公が、揃ってバカ殿だった事があるかも知れない。若年時の魯公は昭公で、むやみに戈を振り回したと『左伝』にある。仕えたのは定公だが、女楽団にうつつを抜かした。晩年時の哀公は失政のあげく、越に亡命してそこで死んだ。

なお既存の論語本では吉川本に、「最後の句は、私にはよくわからないが、見所のない人物だ、ということなのであろう」とある。

宮崎本では、以下のように記す。

論語 宮崎市定
最高の責任者、委員長がつっけんどんで、その下の進行係りが失敗だらけ、会葬者がよそよそしいといったんでは、そんな場所にはいたたまれない。これは葬式の場合について言ったものらしい。現在の日本にだってこういう場合がないとは限らない。(『論語の新研究』)

『論語』八佾篇おわり

お疲れ様でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)