論語050八佾篇第三(10)禘既にそそぎて

論語八佾篇(10)要約:孔子先生の魯の国は、由緒正しい文化国家で、周王の行う祭りも許されていました。しかしそれは昔のこと、今や誰も心を込めて祭る者など無く、ただの見せ物になってしまいました。それを嘆いた孔子先生のお話。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「禘自既灌而往者、吾不欲觀之矣。」

書き下し

いはく、ていすでそそぎて而往のちわれこれることをほつさざるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「テイの祭りは、酒を撒いた後は、私は見たいと思わない。」

意訳

論語 孔子 遠い目
天子の祭りである禘祭を、我が魯国は許されていると言うが怪しいものだ。酒を撒いて神霊を呼び申し上げるが、それも形だけだ。なっちゃいないから、その後は見たくもない。

従来訳

 先師がいわれた。――
ていの祭は見たくないものの一つだが、それでも酒を地にそそぐ降神式あたりまではまだどうなりがまんが出来る。しかしそのあとはとても見ていられない。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

禘(テイ)

論語 示 金文 論語 帝 金文
「示」「帝」(金文)

論語の本章では、”天の神を祀る大祭礼”。

時代によって意味が異なり、夏祭りである場合もあるが、論語の本章では、もと天子が天帝を祭る祭祀。魯の公室は開祖が周公という大物だったこともあり、禘祭の執行を許されていたという。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「示(祭壇)+〔音符〕帝」で、帝(上帝、天の神)をまつる祭礼のこと。帝はまた、締(まとめる)の意を含み、天帝を中心に多くの神々をとりまとめてまつる大祭のこと。締(中心にむけて一つにまとまる)と同系のことば、という。

灌(潅)

論語 灌 潅 金文大篆 論語 潅
(金文)

論語の本章では”そそぐ”。禘祭の後半に、地面に酒を撒いて神霊を迎える儀式という。既存の論語本では吉川本によると、鬱鬯ウツチョウというチューリップでにおいを付けた酒を、藁に注ぎかけて先祖の魂を招くという。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、雚(カン)とは、まるい形をしたふくろうに似た鳥の名。灌は「水+〔音符〕胖」で、水がどくどくとまるい固まりをなしてそそぐこと。

完(まるくまとまる)・巻(まるくまく)と同系のことば。また浣(カン)(水をどくどくそそいで洗う)や、盥(カン)(水をどくどくそそいで洗う)とも近い、という。

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎
既存の論語本では吉川本に、孔子が不愉快がる理由について古注を引き、「位牌を並べる順序に妥当でない所があった」という。訳者の見解は、祭りが形骸化して心がこもらず、誰も神様が降りてきたと思わないから、そんな見せ物を見たくない、と孔子が思ったと想像する。

加えて魯国朝廷の神官たちと、孔子との関係は良いとは言えなかった。論語八佾篇15にある、若き日の孔子が神官に笑いものにされたという話は、孔子がよほど根に持った事を示し、成り上がり者である事実を指摘され、事実だけに言い返せなかったから、恨みに思ったのだろう。

そして後世の儒者が神格化したほどには、孔子は当時の礼法に通暁したわけでもなく、のちに提唱した礼法の教説は、神官たちにとって奇異なものに思われた。その意味では孔子は文化面でも革命家であり、専門分野での深さではなく、教養の幅の広さでのし上がろうとした。

そもそも論語に言う礼とは、孔子があこがれるように想像し創造した仁者のスペックで、論語時代に常識とされた礼とははなはだ違っていた。だから隣国斉の家老・晏嬰アンエイに、その異様さを指摘されて、孔子は斉国での仕官に失敗した事実がある(『史記』孔子世家)。

論語 孔子 ぼんやり
論語子罕篇7に言う、「若い頃は身分が低かったから多芸になった」という述懐は、孔子が論語の時代に正統的だった礼法に、むしろ通じていなかったことを示している。だからこそ博物学や詩を初めとする古典など、あらゆる知識を貪欲に取り込んだ(論語述而篇19)。

だが専門家とは専門にこだわる人々であり、そこに生活と存在意義がかかっているから、神官たちが孔子の言う礼法を素直に受け容れるはずがない。むしろ異端者として徹底的に無視するか、積極的に排除するかのいずれかになる。孔子がそうした仕打ちを受けたのは間違いない。

それは儒教の側も同じで、漢代に国教化されて以降は、古い礼法を徹底的に消去した。現代人は古代中国の礼法について、孔子の創始したものしか知らないから、孔子の教説が論語時代にも正統的だったと思いがちだが、ならば孔子が当時の神官の頭領になれなかった理由がない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)