論語詳解446陽貨篇第十七(12)色きびしくして

論語陽貨篇(11)要約:いつも不機嫌な顔の人、まわりにいませんか? そんな奴はこそ泥同然だと孔子先生。自分に自信のある人=徳のある人は、空威張りする必要がありませんから、いかついわけがないのです。よく思い当たる一節。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

子曰、「色厲而內荏、譬諸小人、其猶穿窬之盜也與。」

書き下し

いはく、「いろきびしくしうちやはらかなるは、これせうじんたとふれば、穿うがうがつ之ぬすびとのごとき。」

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
先生が言った。「表情が険しいのに、内心はおびえている者は、これをつまらない人間にたとえるなら、穴を開けて入る泥棒のようなものだろうか。」

意訳

論語 孔子 不愉快
いかつい顔して心の弱さを隠している者は、こそ泥同然だ。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「見かけだけはいかにもいかめしくして、内心ぐにゃぐにゃしている人は、これを下層民の場合でいうと、壁をぶち破ったり、塀を乗りこえたりしながら、びくびくしている泥棒のようなものであろうか。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

色 金文 論語 容色
(金文)

論語の本章では、”顔色・表情”。『学研漢和大字典』による原義は男女の愛情行為の象形。行為には容色が伴うことから、顔色・表情の意が出来た。

厲(レイ)

論語 厲 金文 論語 牡蠣
(金文)

論語の本章では”厳しい・険しい”。

牡蠣かきの殻のように、手を切りそうなほど鋭く尖っているさま。経験者にはご存じの通り、手袋無しでカキ殻にさわると、あっという間に手指を切られて血だらけになる。『学研漢和大字典』による原義は萬(毒さそり)+厂(石)で、毒のように激しくこすれる砥石。

論語 而 金文 論語 而 解字
(金文)

論語の本章では、接続辞。漢文の並立構造を構成する機能語で、「~て」と訳す。並立構造の前後は、同じ重さの意味を持つ。

並立構造:色厲(要素a)-內荏(要素b)

詳細は論語語釈「而」を参照。

荏(ジン)

論語 荏 篆書 論語 荏
(篆書)

論語の本章では”無力でだらしがないさま”・”おどおどとおびえるさま”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、壬(ニン)は、やわらかく包みこむ意を含む。荏は「艸+人+(音符)壬」で、種をやわらかく包みこんだ植物。妊(赤ん坊を腹の中に包みこむ)と同系のことば、という。

このことばは甲骨文・金文・古文に見られず、始皇帝による文字統一で制定された小篆から見られる。上掲の文字は『説文解字』のもの。

譬(ヒ)

論語 譬 金文大篆 論語 螺旋階段 譬
(金文)

論語の本章では、”たとえる”。『学研漢和大字典』による原義は、ものごとの本質を真っ直ぐ言わず、まわりをめぐって言うこと。

論語 諸 金文 論語 諸
(金文)

論語の本章では、”~を~に”。「之於」(シヲ)がつづまって一語になったことば。『学研漢和大字典』による原義は、ある場所に大勢の人が集まったさま。詳細は論語語釈「諸」を参照。

小人

論語 小 金文 論語 人 金文
(金文)

論語の本章では”つまらない人”。庶民、無教養の人、凡人を意味するが、ここではどろぼうにたとえているのでこのように解した。

其(キ)

論語 其 金文 論語 箕 其
(金文)

論語の本章では”それ”という代名詞。「小人にたとえるなら」を受けている。『学研漢和大字典』による原義は、農具の。詳細は論語語釈「其」を参照。

猶(ユウ)

論語 猶 金文 論語 猶
(金文)

論語の本章では、「なお~のごとし」と読み下す再読文字で、”~のようだ”。『学研漢和大字典』による原義は、酒の香りがただようさま。詳細は論語語釈「猶」を参照。

穿窬(センユ)

論語 穿 古文 論語 窬 古文
(古文)

論語の本章では、どちらも”穴を掘る・開ける”。他人の家の塀に穴を開けて泥棒に入ること。ただし「窬」は「踰」と音が通じ、”越える”の語義もある。武内本では「窬は踰の借字こゆる也」と注にある。その場合は、穴を掘ったり塀を乗り越えたりして泥棒に入ること。

『学研漢和大字典』によると「穿」は会意文字で、「穴(あな)+牙(きば)」。牙で穴をあけてとおすこと。もとk型の語頭子音が口蓋化したことば。貫(穴をあけてつらぬく)・串(セン)(穴をあけてつらぬく)・川(地面の低みをつらぬいて流れるかわ)などと同系のことば、という。

「窬」は会意兼形声文字で、兪(ユ)は、矢印型の刃物で木の中みをくり抜いて丸木舟をつくることを示す。凩は「穴(あな)+(音符)兪(ユ)」で、くりぬいて穴をあけること。偸(トウ)(中の物を抜きとる)と同系のことば、という。

論語 之 金文
(金文)

論語の本章では、「の」と読んで名詞句を形成する機能語。「穿窬之盜」で一つのフレーズを形作り、後ろに「也」を伴って、「其」を主部とする述部を形成している。

(主部)-猶穿窬之盜也(述部)(疑問の終助詞)
それは穴を開けて入る泥棒のようだろうか。

詳細は論語語釈「之」を参照。

論語 盜 金文大篆 論語 泥棒
(金文)

論語の本章では”泥棒”。白川静『孔子伝』によると、論語の時代にも戸籍のようなものはあり、本籍を離れてさまよう人々=流民も「盗」と呼ばれた。孔子の弟子・子路の義兄で、孔子が初の衛国亡命の際、その屋敷に逗留した顔濁鄒ダクスウは、大盗=流民の首領だったと伝説にある。

『学研漢和大字典』によると、「盗」の上部「次」は水+欠(人があごを出すさま)で、よだれを垂らす姿。それに皿がついて、ごちそうを物欲しそうに見ていること。

論語 也 金文 論語 也 字解
(金文)

論語の本章では、断定の終助詞で、”~である”。『学研漢和大字典』による原義は、サソリの姿。

與(与)

論語 与 金文 論語 与
(金文)

論語の本章では、疑問の終助詞で、”~だろうか”。『学研漢和大字典』による原義は、力を合わせてものを運ぶこと。

論語:解説・付記

論語の本章は、現代にも当てはまる。現代心理学の説くところでは、自信のない者ほど不機嫌を演じ、まわりを従えようとする。それはこそこそと穴を開けて入るこそ泥に過ぎないと孔子は言う。論語の時代に心理学があったわけではないが、孔子は優れた心理観察者だった。

論語の本章の史実性については、武内義雄『論語之研究』は異論を唱えていない。「荏」以外の文字が古文以前にさかのぼれ、語法にも新しい点がないから、孔子の肉声と考えていいだろう。すると論語為政篇8「君子重からざらば」の伝統的解釈は、やはり間違いだ。

君子不重則不威。

論語 下村湖人

(伝統的解釈)「君子重からざれば則ち威あらず。」
道に志す人は、常に言語動作を慎重にしなければならない。でないと、外見が軽っぽく見えるだけでなく、学ぶこともしっかり身につかない。

(訳者の解釈)「君子重からざらば則ちおごそかならざれ。」
諸君が他人から尊重されないなら、なおさらおごそかな態度をつくろうな。

なお顔濁鄒が大親分だった記録は『呂氏春秋』にもあり、そうなるとただの伝説や創作とは言えなくなってくる。『後漢書』の列伝にも引用されていることから、ほぼ史実に近い話と思われていたようだ。

夫顏喙聚,梁父之大盜也。
顔喙聚(=顔濁鄒)は、梁父リョウホに根城を置く流民を配下に置く盗賊の大親分だった。(『淮南子』氾論訓)
顏涿聚,梁父之大盜也。
顏涿聚(=顔濁鄒)は、梁父に根城を置く流民を配下に置く盗賊の大親分だった。(『呂氏春秋』孟夏紀・尊師)

左原者,陳留人也。為郡學生,犯法見斥。林宗嘗遇諸路,為設酒肴以慰之。謂曰:「昔顏涿聚梁甫之巨盜,段干木晉國之大駔,卒為齊之忠臣,魏之名賢。蘧瑗、顏回尚不能無過,況其餘乎?慎勿恚恨,責躬而已。原納其言而去。

左原は、陳留の出身である。郡の学生だったとき、法を犯して退学処分になった。林宗がたまたま道で出会い、左原のために宴会を開いて慰めた。

林宗「なあ君、むかし顔涿聚は、梁甫リョウホの大泥棒だったし、段干木は、晋国の暴れ者だった。しかしあっという間に顔涿聚は斉国の忠臣として名を残し、段干木は魏国の賢者として名高くなった。衛の名臣・キョ伯玉や、孔子の弟子・顔回のような人でも、罪を犯さないではいられなかった。」

「…まして普通の人間なら当然だろう? 慎み深く暮らして、恥ずかしがったり怒ったりしないことさ。しでかしたことは、自分で引き受けるしかないからね。」
左原はその言葉を受け入れて去った。(『後漢書』郭符許列伝)

顔濁鄒と孔子の関係は、『史記』に子分が多く入門したことを記すのみで、あまりよく分かっていない。しかし孔子一門の政治活動の背景には、顔濁鄒が大きく関わっていると訳者は睨んでいる。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)