論語詳解213子罕篇第九(9)鳳鳥至らず

論語子罕篇(9)要約:鳳凰ホウオウは、聖王が世に出て天下太平になると飛んでくるおめでたい鳥。孔子先生は呉王を焚き付け、天下太平を目指していました。しかし待てど暮らせど鳳凰は飛んできません。先生ぼそりと言いました。しくじったかな。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「鳳鳥不至、河不出圖、吾已矣夫。」

書き下し

いはく、鳳鳥ほうてういたらず、いださず、われぬるかな

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
先生が言った。「鳳凰ホウオウが飛んでこない。黄河は図を出さない。私は終わった。」

意訳

いまやっと工作が実って、呉王が覇者になろうとしているのだが…。

論語 孔子
おかしいな。天が祝って、めでたい鳳凰が飛んできたり、黄河からありがたい龍馬が上がってきて、宇宙の真理を示した図を世に送り出してもいいはずなのだが…しくじったかな。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「鳳鳥も飛んで来なくなった。河からは図も出なくなった。これでは私も生きている力がない。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

鳳鳥不至、河不出圖(図)

論語 鳳 金文
「鳳」(金文)

論語の本章では”鳳凰”。鳳凰は正しい政治が人界で行われていると、それを愛でた天がつかわすめでたい鳥。図とは、黄河から上がってくる、やはりめでたい獣である龍馬が背負い、あるいはその体に記された宇宙の真理を表す図。

『史記』五帝本紀・帝舜の記述によると、中国で最初に鳳凰が飛んできたのは、舜の時代だという。

『三才図会』鳳・龍馬 東京大学東洋文化研究所蔵

吾已矣夫

論語 已 金文 論語 已
「已」(金文)

論語の本章では、”しくじったかな”。多くの論語本では、”もうおしまいだ”と訳する。

「吾」は”わたし”で、「已」は”終わる”、「矣」は完了・断定を意味し、「夫」は詠嘆の終助詞。

論語:解説・付記

本章も論語の前回同様、呉国の話と訳者は解する。「酒瓶を叩いて出し尽くすように」政治の手練手管を呉に教えたのだが、それは途中までうまく行き、呉は越を制圧後、度々北上して斉を脅かすまでになった。呉王夫差の覇気、賢臣伍子胥・将軍孫武の存在がそれを可能にした。
論語 伍子胥 論語 孫武

孔子不在の魯国も多大な影響を受け、属国寸前にまでなっている。孔子の生まれた頃の魯国は晋の属国で、おかげで斉の侵攻を防げたのだが、今度は呉に引き回されることになった。それを裏で孔子が操っていたとすると、魯はすでに孔子を無視することが出来なくなった。

論語 孔子 笑い 論語 季康子
それは孔子が大手を振って帰国できる環境が整ったことでもあり、門閥家老筆頭の季康子は、腰を低くして孔子に帰国を願った(哀公十一年、BC484、孔子68歳)。だから孔子は帰国したのだが、呉の勢いは頂点を過ぎており、二年後には留守を越に襲われて没落が始まる。

BC 魯哀公 孔子 魯国 その他
488 7 64 衛・出公に仕える? 呉に百牢を出す。季康子、子貢を派遣して自分の出張を撤回させる。邾を攻める。 呉、強大化し繒の会盟で無理な要求を魯に突きつける
487 8 65   弟子の有若、迎撃部隊から外される。斉と和睦 呉、邾の要請で魯を攻撃。斉、魯を攻め三邑を取る。邾、呉の力で復国
485 10 67 夫人の幵官氏死去。子貢を派遣して呉から援軍を引き出す。陳から衛に入る〔衛世家〕 呉と同盟して斉を攻める 斉・悼公、鮑牧に殺され簡公即位、田乞死去し田常継ぎ、魯を攻めんとして子貢諫止
484 11 68 孔文子に軍事を尋ねられる。衛を出て魯に戻る。のち家老の末席に連なる。弟子の冉求、侵攻してきた斉軍を撃破 呉と連合して斉に大勝  
482 13 70 息子の鯉、死去   呉王夫差、黄池に諸侯を集めて晋・定公と覇者の座を争う。晋・趙鞅、呉を長と認定(晋世家)。呉は本国を越軍に攻められ、大敗

呉国の没落は魯での孔子の地位を下げ、帰国して三年後には閑職に追いやられ、相談役のような地位に落ち、その後息子の葬儀にも十分な費用がないほど困窮した(論語先進篇7)。呉の没落には子貢が糸を引いており、あるいは師弟で政治構想が異なったかも知れない。
論語 孔子 不気味 論語 子貢 遊説

ただしそれも、『史記』孔子世家では孔子の指示とされている。なお『史記』では論語本章の発言を、聖獣であるはずの麟が誤って捕らえられ、孔子が絶望した直後のこととし、「河は図を出ださず、雒は書を出ださず、吾、已んぬるかな。」と多少違う表現で記している。

論語 吉川幸次郎
さらに吉川本によると、儒教の国教化に尽くした漢の董仲舒は、孔子は自分で帝王になるつもりだったが、それをことほぐ霊長霊獣が出なかったので、絶望したと理解していたという。

加えてはるか後世の江戸時代人は、鳳凰などいるわけがないとからかっており、庶民の箸の上げ下ろしにも難癖を付けた松平定信をからかって、あまりに有り難い政治だから鳳凰が飛んできたとはやし立てた。本を書いた恋川春町は定信の逆鱗に触れ、自殺に追い込まれたという。
論語 鳳凰 鸚鵡返文武二道

なお武内義雄『論語之研究』では、本章について以下のように言う。

論語 武内義雄 論語之研究
鳳鳥や河図の話は易伝と深い関係のある讖緯シンイ説(=予言)であるから、この章も易伝と同じ頃の文であろう。(p.97)

BC186ごろの馬王堆漢墓から出てきた易には、易伝がないと言う。BC186と言えば漢の高祖劉邦が死去した直後だから、論語の本章も相当新しいということになる。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 鳳凰:この伝説以降、聖王が現れて徳の至った政治を行うと、どこからともなく鳳凰が飛んでくることになった。実際に鳳凰のように見える珍しいトリが居たとしていいが、孔子は真に受けて「おかしいなー、鳳凰が飛んで来ないじゃないか」と論語で嘆いている。 […]