『孫子兵法』現代語訳:始計篇

現代日本語訳

論語 孫武 論語 里仁篇 孫子 脱兎
戦争とは詐欺師と詐欺師のだまし合いに他ならない。だから戦争の上手は手の内を人に見せない。作戦が漏れたらもはや負けは必定である。だから勝ち方の奥義は、その正解を語れば遠回りになるが、実はその遠回りだからこそ正解なのだ。

具体的には、エサで釣って敵をワナにはめる。敵が慌てふためいている最中に作戦目標を落とす。そのためには事前に完璧な準備を整える。敵がまだ強いうちは戦を仕掛けない。だが嫌がらせで敵を怒らせて、まともな判断力を奪っておく。あるいは下手に出て図に乗らせる。あるいは平和ボケに追い込んで敵軍を役立たずにさせる。甘いエサを撒いて、敵の中にこちらの回し者を据えておく。

それが仕上がっているなら、もし敵が攻めようとしても軍隊はガタガタで、無理に国境を出ても思い通りに兵が働かない。

これが戦争の奥義である。将軍たるもの、まずこれを知らないと話にならない。

書き下し

兵者、詭道也。故に能くし而之を示すは能わ不、用い而之を示さば用たら不、近くし而之を示さば遠く、遠くし而之を示さば近し。利にし而之を誘い、亂し而之を取り、實たし而之に備え、強くし而之を避け、怒り而之を撓め、卑み而之を驕らせ、佚がし而之をつかれさせ、親しみ而之を離す。攻むるも其れ備え無く、出づるも其れ意なら不るは、此れ兵家之勝げて、先に傳うる可から不る也。

原文

兵者,詭道也。故能而示之不能,用而示之不用,近而示之遠,遠而示之近。利而誘之,亂而取之,實而備之,強而避之,怒而撓之,卑而驕之,佚而勞之,親而離之。攻其無備,出其不意,此兵家之勝,不可先傳也。

付記

始計篇は『孫子』兵法(孫武兵法)の冒頭で、引用部分は始計篇の冒頭ではないが、孫武自身が「これを知らないと話にならない」と言っているように、敵をだますことこそが『孫子』の真髄。いくら奇襲=こちらがだますつもりでも、だまし返されたらこのざまだ。

「奇襲だ! 兵士諸君。奴らは気付いてもいない。」

「立て!立たんか!」「救い給え。」古参兵がいくら勇をふるっても、何の役にも立たない。

ここをわきまえないで、「ビジネスに生かす孫子」とかいう詐欺師の開帳場に迷い込んだ雇われ人や、雇われ人上がりの経営者が、『孫子』の言う通りに商えば、詐欺罪と文書偽造と商法違反で検挙されるのは必定である。自業自得と言って宜しい。

毛沢東
軍略家としてだけなら人類史上最高峰の一人である毛沢東は、山賊の親玉とは言え恐怖の独裁者だったから『孫子』を有効に使い得た。たかが雇われ経営者や、たたき上げ創業者だが社内に敵やサボリ虫がたかっているような者が使うのは、鵜の真似する烏でしかない。

敵進我退、敵拠我擾。(敵進めば我退き 敵止まれば我乱す)
敵疲我打、敵退我追。(敵疲れれば我叩き 敵退けば我進む)
毛沢東『十六字ケツ』 1929年9月28日

蒋介石
「敵がまだ強いうちは戦を仕掛けない。だが嫌がらせで敵を怒らせて、まともな判断力を奪っておく」というのは、蒋介石が日本相手にやったことで、孫子を読んでいたことを窺わせるが、同じく恐怖の独裁者でも、蒋介石は自軍が欲タカリの穀潰しどもばかりで、うまくいかなかった。ほとんど瞬時に日本軍に叩きのめされ、重慶の山奥に逃げ込んだのである。

それがどうして日本の負けになって終わったかは、「たわけの集まり」を参照。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント