論語490子張篇第十八(19)子貢曰く、紂の不善

論語子張篇(19)要約:暴君と言われているインチュウ王も、言われているほど悪くはなかった。滅ぼされてしまったというだけで、人はあること無いことそのせいにする。だから、君子ゴミ溜めに近寄らず、と弟子の子貢は語るのでした。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

子貢曰、「紂之不善也*、不如是之甚也。是以君子惡居下流、天下之惡皆歸焉。」

*竹内本:也清家本にあり、漢唐石経になし。

書き下し

子貢しこういはく、ちうからざるかくはなはだしきにからざるなりこれ君子くんし下流かりうるをにくむ、天下てんかしきみなり。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

子貢が言った。「紂王の善くない行いは、これほどひどくはなかったのだ。だから君子は、吹きだまりに居ることをいやがる。天下の悪事の責任が、全て寄ってきてしまうからだ。」

意訳

論語 子貢 自慢 論語 危
子貢「紂王がいくら暴君だと言っても、言われているほどひどくはなかった。だから、君子ゴミ溜めに近寄らず、なのだ。そんな所に居たら、あることないこと全て、自分のせいにされてしまうからな。」

従来訳

子貢がいった。――
「殷の紂王の悪行も実際はさほどではなかったらしい。しかし、今では罪悪の溜池ででもあったかのようにいわれている。だから君子は道徳的低地に居って、天下の衆悪が一身に帰せられるのを悪むのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子貢

論語 子貢

論語では、孔子の弟子で弁舌の才を評価された孔門十哲の一人。商才にも長けており、孔子在世当時の一門を財政面で支えたのは、おそらく子貢だったと思われる。

論語 紂 甲骨文
(甲骨文)

論語の本章では、殷最後の王の名。BC1027ごろに殷を滅ぼした周による他称であり、名は辛または受だったと伝わっている。酒池肉林にふけるなど暴君だったとされるが、史実とはとても思えない。文字は甲骨文から見えるが、金文・戦国文字には見られない。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、肘(チュウ)は、引きしめるようにひじを曲げること。紂は「糸+(音符)肘の略体」で、ぐっと引きしめるひも。肘・神(チュウ)(ぐっと引きしめる)などと同系のことば、という。

語義は馬の尻(シリ)にかけて、くらを引きしめるひもだというが、論語の時代に騎馬の習慣や技術は中国になかったとされている。ただし『大漢和辞典』は熟語として「紂棍」を載せ、車を牽くロバの後ろに掛けた横木だという。引き馬ならば春秋時代にも存在した。

なお紂王は「帝辛」と史書に記されるが、ここでの「帝」は”皇帝”ではなく”王”ぐらいの意味に過ぎない。もともと「帝」は宇宙を取り締まる最高神を意味し、殷末期に王の権威が高まると、王号として用いられるようになった、と『学研漢和大字典』にある。

また「帝辛」は”辛という名の帝”であり、殷の時代までの中国語は、被修飾語→修飾語の順だった。論語の時代の宗主である周王朝が成立して後、「武王」のようにこの順序は逆転する。いわば英語とフランス語の違い程度には、両者の言語は異なっていたとわかる。

不善

論語 不 金文 論語 善 金文
(金文)

論語の本章では”よからぬこと・悪行”。『字通』による「善」の原義は神によみせられた羊で、『学研漢和大字典』の言う立派な羊よりも、この字に関しては納得できる。

『大漢和辞典』による、”わるい”を意味する漢字の一覧は以下の通り。
論語 悪 一覧

この中には論語の時代まで遡れる文字もあるのに、なぜ子貢が紂王の”わるい行い”と言わず、あえて”善くない行い”と遠回しに言ったのかははっきりしない。

不如是之甚也

論語の本章では”これほどひどくはなかった”。

読み下しは「かく之甚しきにか不る也」。従来の読み下しでは、「かくごとはなはだしからず」と読む例があるが、それでは「之」と「也」を無視することになるし、切り分けもおかしい。「是甚」は”それほど甚だしさ”という意味であり、意味上切り分けることが出来ない。

是以君子惡(悪)居下流

論語 流 金文 論語 下流
「流」(金文)

論語の本章では”そういうわけで君子は吹きだまりに居るのをいやがる”。ここでの「悪」は”嫌う”の意。「下流」は文字通り”川の下流”で、上流から全てのものが押し寄せてくる場のこと。

「以」は本来、前置詞として目的語を後ろに持つが、本章のように、あたか前に目的語を持っているように見える場合がある。この場合は接続詞で、時間的先後や因果関係を意味する。伝統的にはこれも「もって」と読むが、前置詞と区別するため「もて」と読み替えた。

天下之惡皆歸(帰)焉

論語 帰 金文
「帰」(金文)

論語の本章では”天下の悪事が全てそのせいにされてしまう”。『学研漢和大字典』によると、「帰」は「帚(ほうき)+止(あし)+(音符)𠂤」。あちこち回ったすえ、定位置にもどって落ち着くのを広く「キ」という、とある。

論語:解説・付記

論語の本章は、いかにも子貢が言いそうなことで、肉声を伝えるものと言えるだろう。一門の中では最上級の政才と、政治外交の実績がある子貢ならではと思えるからである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)