論語詳解364憲問篇第十四(32)人の己を知らざるを

論語憲問篇(32)要約:本日も仁フィギュア趣味に没頭する孔子先生。有力弟子にも呆れられています。しかし人の目を気にしていてはオタクはつとまりません。人がどう言おうが知ったことか。ひたすらヲタの道を突き進むのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「不患人之不己知、患其不*能也。」

校訂

武内本:唐石経、己無を其不に作る。

書き下し

いはく、ひとおのれらざるをうれへず、あたわざるをうれふる也。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子
先生が言った。「人が自分を知らないのは心配しない。人が整えられないのを心配する。」

意訳

ニセ孔子
誰かが自分を知ってくれないのは気にならない。だが自分に能がないのは気になる。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「人が自分を認めてくれないのを気にかけることはない。自分にそれだけの能力がないのを気にかけるがいい。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 知 金文 論語 知 篆書
(金文・篆書)

本章では、一般動詞と取るか(意訳甲)、特別な意味があるか(意訳乙)で解釈が分かれる。論語では「知」の意味は、多くは一般動詞の”知る”ではなく、仁者の行動様式を規定する決まり事・仁者の詳細なスペック・仁を定義する項目を知ること。詳細は論語における「知」を参照。

この漢字の詳細は論語語釈「知」を参照。

『大漢和辞典』

論語 己 金文 論語 己 冬
(金文)

指事文字。五行説によれば、戊己は五行の中央にあたる。故に萬物形を曲げて縮まり蔵れる貌にかたどる。本義を中宮とし、之を引申して、外にある他人に対し、内にある自己、即ちおのれの意とする。つちのとと訓ずるのは、五行説で戊己は中央の土にあたるからである。説文通訓定声によれば、三横線と二縦線の合字。三横線は糸、二縦線はそれを分かつ意、故に紀の本字とする。
意味:おのれ。なにがし。つちのと。語勢を助ける助字。をさめる。古は𢀒に作る。姓。

学研漢和大字典

論語 己 篆書 論語 己 土器
(篆書)

己は、古代の土器のもようの一部で、屈曲して目だつ目じるしの形を描いた象形文字。はっと注意をよびおこす意を含む。人から呼ばれてはっと起立する者の意からおのれを意味することになった。起(はっと起きる)-紀(注意を呼びおこす糸口)と同系のことば。
意味:おのれ。つちのと。〔国〕おのれ、相手を見下して呼ぶことば。

字通

論語 己 甲骨文 論語 己 曲尺
(甲骨文)

己形の矩(定規)の形に似た器。角度を定める定規や糸の巻取りに用いるもので、紀の初文。〔詩、小雅、節南山〕「もったひらぎ式にむ」のように用いる。自己の意に用いるのは仮借で、本義ではない。十干では戊己は五行の土。己はつちのとにあたる。〔説文〕十四下に「中宮なり。萬物の辟蔵してつくる形に象るなり。己は戊を承く。人の腹に象る」とするが、形義ともに無稽の説である。
訓義:おさめる。おのれ、みずから、わたくし、ひとり。語詞、助字に用いる。十干の一。つちのと。

不患人之不己知

結論としては、”私が他人に知られないことを気に病まない”。従来の論語解釈も同じで、以下の通り読み下してきた。

人之不己知(人おのれを知らるをうれ)

しかし中国語は論語時代の漢文も、現代中国語も、共にS-V-O形式の言語であり、否定辞「不」の直下は動詞、または副詞-動詞の組み合わせでなければならない。ただし例外として、殷代の甲骨文にS-not-O-Vになる例がある。

帝不我又。(かみ我れをたするか。)大島正二著『中国語の歴史』より

では論語の本章をどう解釈すべきか、儒者が何と言っているか覗いてみよう。

古注
註。王肅曰く、だ己之無能を患える也。…疏。子曰く、能の至れる也。言うは人之我之才有りて能あるを知ら不るを患え不る也。正に才無くして能く以て人の知るにあずかるを患える耳。(『論語集觧義疏』)
注。王粛が言った。「ただ自分の無能を憂えるのみだ。」付け足し。「孔子先生は能力を十便に高めろと仰せになった。ここでのたまったのは、自分に才能があって能力もあることを、人が知らないからと言って心配するな、それより無能なのに人に知られることこそ正しく心配すべきだ、と。」

後漢末から三国にかけての儒者は、S-not-O-Vを支持している。続いて宋代の新注を見よう。

新注
凡そ章の同じきを指し而文の異なら不る,一言にし而重ね出ずる也。文の小さき異なり者,屢ば言い而各の出ずる也。此の章凡そ四たり見ゆ,し而文は皆な異なる有り。則ち聖人は此に於いて一つ事あり,蓋し屢ば之を言えるは,其れ丁寧之意を亦た見る可き矣。(『論語集注』)
論語の全てにおいて章が同じで言葉も同じというものは、ひとことを重ねて発言したもうたのだ。文ごとの少々の違いは、何度も仰せになってそれぞれに口になさった結果だ。本章は四度論語に見える。そして文章は皆違っている点がある。つまり聖人には仰せになりたいことが一つあった。それをしばしばのたもうた事を思うと、丁寧にその意味を諭されたお気持ちを見ることが出来る。

これは例えば、論語学而篇16と本章がほとんど同じであることを説明している。では初出である、論語学而篇に朱子が付けた注釈を見よう。

子曰く、「不患人之不己知,患不知人也。」尹氏曰く、「君子我れ在りを求むれ,故に人之己を知ら不るを患え不。人を知ら不らば,則ち是非邪正を或いは辨つ能わ不,故に以て患いと為す也。」(『論語集注』)
孔子先生は「不患人之不己知,患不知人也」と仰せになった。尹氏いわく、「自分の地位を求める君子ならば、人が自分を知ってくれないのを気に病む必要は無い。もし自分が人を知らなければ、是非や正邪の区別がつかないこともある。だからそれを心配するのだ。」

朱子は自分で解釈せず逃げを打っているが、それでも「人之不己知」をS-not-O-Vと解釈しているには違いない。では類似の例を、論語から拾ってみよう。

a.不吾知也。(れ知られる也。)論語先進篇25
b.莫我知也夫。(れ知らるるかな。)論語憲問篇37
c.莫己知也。(おのれを知るき也。)論語憲問篇42

a.は動詞を否定する「不」を用いて、目的語「吾」の後ろにある「知」を否定している。対してb.とc.は、名詞・形容詞を否定する「莫」を用い、「我知」「己知」という状態を、まるごと「い」と表現して否定している。

思えば古例である「帝不我又=かみ我をたするか」という甲骨文も、a.「不吾知也」と同じ形式だった。「又」は手をかざしてかばう右手の象形で、「我又」は天の神が自分に手をかざしてかばう、という状態だと言えなくはない。また、そもそも論語の冒頭もそうだった。

不亦君子乎。(おおいに君子なら。)論語学而篇1

「君子」は本来名詞だが、ここでは副詞の「亦」を伴って、「君子である」という状態を表している。こうなると「不」を動詞の否定辞に限定するのが、そもそも後世の後知恵なのかも知れない。『学研漢和大字典』は以下のように解説する。

論語 不 篆書
(篆書)

不は苤(フウ・ヒ)や菩(フウ・ホ:つぼみ)などの原字で、ふっくらとふくれた花のがくを描いた象形文字。(ふくれて大きい)・ハイ(ふくれた胚芽)・杯(ふくれた形のさかずき)の字の音符となる。不の音を借りて口へんをつけ、否定詞の否がつくられたが、不もまたその音を利用して、拒否する否定詞に転用された。意向や判定を打ち消すのに用いる。またフツ(払いのけ拒否する)とも通じる。▽無は、事実や事物のないことをあらわすことば。
意味:…ず。しからず。いなや。しからずんば。ふっくらとして大きいさま。

しかしそれでもなお、S-notV-Oの語順とするならば、本章は以下のように読める。無理があるとは思うが、(代)名詞である「我」「吾」とは違って、「己」には動詞”おさめる”の意味があることが、わずかに想像の余地を残しているので記しておく。

人之不一レ(人之おさめ不るを患え不)

他人がその知性を磨かないのは気にならない。

そして最後に結論を書いておく。「患」の字は論語と同時代には無く、同音同訓の漢字も論語の時代にさかのぼれない。従って本章は、後世の儒者によるでっち上げである。

詳細は論語語釈「患」を参照。

論語:解説・付記

論語に言う「知」とは、仁者の詳細なスペックを知ることであり、その内容は礼=孔子主催の仁フィギュア大会に集う趣味人が熱く語り合うヲタばなしだった。孔門十哲に入るゼン有にも呆れられた(論語雍也篇12)ほどだから、他人が趣味を同じくしなくても当然である。
論語 おたく

だから「知をおさめざる」=フィギュア作りやコスプレにに精を出さない連中は気にならない、と孔子が言ってもおかしくないが、弟子には同好の士であることを求めた(論語述而篇8)。また論語の他の箇所での用例から、「不己知」を無名を嘆かない決意の表明と解釈した。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)