論語022為政篇第二(6)孟武伯孝を問う

論語為政篇(6)要約:孔子先生の最晩年。政界にも若い貴族が育っています。老人には老人にしかできない役割がある。かつての政敵に息子の教育を託され、孔子先生は若者に政治論を語るでなく、ただただ親の思いを伝えたのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

孟武伯問孝。子曰、「父母唯其、疾之憂。」

書き下し

孟武伯まうぶはくかうふ、いはく、父母ふぼ唯〻ただれ、れがうれひにむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孟武伯 論語 孔子 楽
モウ武伯が孝行を問うた。先生が言った。「父母はひたすらに、子供がふさぎ込むと病気になります。」

意訳

子が落ち込んだだけで親は病みます。心配掛けないようにしなさい。

従来訳

 孟武伯もうぶはくが孝の道を先師にたずねた。先師はこたえられた。――
「父母はいつも子の健康のすぐれないのに心をいためるものでございます。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

孟武伯(モウブハク)

論語 孟 金文 論語 武 金文 論語 伯 金文
(金文)

魯国門閥三家老の一家、孟氏(孟孫氏)の跡取り息子。『左伝』によると、第10代当主となってからはさらに公室への圧力を強め、哀公が「私を殺す気か」と聞いたところ「知りません」と答え、恐れた哀公は国外逃亡して越国で客死した。

孟孫氏は最初に孔子の後ろ盾となった家老家であり、洛邑留学の費用も、そしておそらくその後の孔子の仕官も、孟孫氏の後援によるもので、孔子とは縁が深かった。

論語 孝 金文 論語 孝 解字
(金文)

論語の本章では”親孝行”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「老人の姿を示す老の字の上部+子」。コウは、好(たいせつにする)と同系。また、効(力を尽くす、力をしぼり出す)と同系と考えることもできる、という。

父母

論語 父 金文 論語 母 金文
(金文)

論語の本章では”父母”。

論語 父 解字
『学研漢和大字典』によると「父」は会意文字で、「おの+又(手)」。手に石おのを持って打つ姿を示す。斧(フ)(おの)の原字。もと拍(うつ)と同系。

成人した男性を示すのに、夫(おとこ)という字を用いたが、のち、父の字をおとこの意に当て、細分して父は「ちち」を、夫は「おとこ、おっと」をあらわすようになった。また、甫を当てることもある。覇(ハ)(おとこの長老)・伯(長老)もこれと同系のことば、という。

論語 母 解字
「母」は象形文字で、乳首をつけた女性を描いたもので、子をうみ育てる意味を含む。每(=毎。子をつぎつぎとうむ)・梅(=梅。安産を助けるうめ)・媒(バイ)(男女の中だちをして子をうませる)・牧(家畜に子をうませる)などと同系のことば、という。

唯(イ)

論語 唯 金文 論語 指差呼称 唯
(金文)

論語の本章では”ひたすらに”。

『学研漢和大字典』によると形声文字で、「口+(音符)隹(スイ)」。惟(ユイ)や維と同じで、本来は「これ」と指定することば。強く「これだけ」と限定することから「ただ」の意の副詞となる。

類義語の限定をあらわす副詞は只(シ)・祇(シ)および特・徒などさまざまの字であらわすが、その働きは同じ。ことに唯と只は全く同様に用いる、という。

其(キ)

論語 其 金文 論語 其 解字
(金文)

論語の本章では、英語のthat節と同じく、あとの句を意味する代名詞。

『学研漢和大字典』によると象形文字で、其の甲骨文字は、穀物を載せる四角い箕(キ)(み)の形を描いたもの。金文は、その下に台の形を加えた。其は、のちの箕の原字だが、その音を借りてやや遠い所の物をさす指示詞に当てた。▽単独では、主語や客語(目的語)に用いない、という。

「父母唯其、疾之憂」は英語の関係代名詞のような構造で、「父母はただそれである」と前半で言い、後半で「それ」の内容を「之が憂うるを疾む」と補足する。全体で次の通り。

父母唯疾之憂

父母はひたすらに、子供がふさぎ込むと病気になります。

論語 疾 甲骨文 論語 疾 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では”病気になる”。矢で真っ直ぐ射るような急性の病気。漢文では、”にくむ”の意味で用いられることも多い。

論語 疾 字解
『学研漢和大字典』によると会意文字で、甲骨文字は人をめがけて進む矢を示す会意文字。金文以下は「容+矢」で、矢のようにはやく進む、また、急に進行する病気などを意味する。迅(シン)・(ジン)は、疾の語尾がnに転じた語で、疾にきわめて近い、という。

論語 憂 金文 論語 憂 解字
(金文)

論語の本章では”うれう”。頭が重く心にのしかかること。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「頁(あたま)+心+夊(足を引きずる)」で、頭と心とが悩ましく、足もとどこおるさま。かぼそく沈みがちな意を含む。優(しずしずと動く俳優)・幽(細かくかすか)・夭(ヨウ)(か細い)などと同系という。

疾之憂

論語の本章では、”子供が憂鬱になると病気になる”。

伝統的な論語解釈では、論語の本章での「之」は倒置を表し、「憂疾」(やまいをうれう)の「疾」を強調した語法と解説される(「憂疾」→「疾之憂」)。

『学研漢和大字典』ではこれに従い、「父母にはただその疾(やま)ひをこれ憂へしめよ」(父母にはただ自分の病気のことだけを心配させるようになさい)と訳す。

しかし典拠として挙げられているのはいずれも論語の本章で、証明としては循環論理になる。

論語:解説・付記

論語の本章は吉川本によると、三つの解釈があるという。
論語 吉川幸次郎

(1)
論語 古注 馬融
「父母をしてただその疾いをのみこれ憂えしむ。」
病気は不可抗力だから仕方がないが、病気以外では親に心配掛けないようにしなさい。古注の馬融による説。

(2)
論語 朱子 新注
「父母はただその疾いをこそこれ憂う。」
父母は子供が病気をしないかと、そればかり心配している。父母の子への愛は、それほど深い。その愛に報いることこそ孝行だ。新注の朱子による説。

(3)
論語 伊藤仁斎
「父母にはその疾いをこれ憂う。」
子は父母に対し、何よりも父母の健康こそ憂慮すべきである。老い先短い父母について、まず祈るべきものはその健康である。それが孝行というものだ。伊藤仁斎の説。

訳者としてはいつも通り、語順を重視したい。
なお孟武伯の生年は不明だが、父親の孟懿子モウイシが孔子と同年代とすると、すでに子もあっただろう。孔子の子・孔にも子がいたからだ。おそらく孔子は息子に先立たれた後で論語の本章の対話に及んだと思われるが、孟武伯も一人の父親として、孔子の言葉はよく分かっただろう。

また本章が前章と同時とすると、孟懿子はすでに死去の直前。そんな父親を見て孟武伯は、残された時間がもう少ないことを思っただろう。帰国後の孔子と孟孫氏の関係は良かったとは言えないが、かつて引き上げて貰った恩義を、父子へのこういう言葉で返したのだと思いたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)