論語069里仁篇第四(3)ただ仁者、人を好み

論語里仁篇(3)要約:情け深い者だけが、本当に人を憎む事が出来る。イエスの”罪のない者だけが石を投げよ”と似た教えを孔子先生も説きました。厳しい殺し合いの春秋時代末期、仁はそこから超然としていられる技術でもありました。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「惟仁者能好人、能惡人。」

書き下し

いはく、ただ仁者じんしやひとこのみ、ひとにくむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「ただ仁者だけが、人を好んだり、憎んだりできる。」

意訳

論語 孔子 水面キラキラ
人の好き嫌いは、無差別の愛の有る者しか決められない。

従来訳

 先師がいわれた。――
「ただ仁者のみが正しく人を愛し、正しく人を悪むことが出来る。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 惟 金文 論語 指差呼称 唯
(金文)

論語の本章では”ただ~だ”。

『大漢和辞典』の第一義は”おもふ”。以下”はかる・つらねる…”と続き、形と音の似た「唯」に通じて”ただ”の意となる。

『学研漢和大字典』によると形声文字で、「心+〔音符〕隹(スイ)」。隹(とり)は音符であり、意味には関係がない。▽惟・維はもと近い物をさし示す指示詞であり、「ただこれだけ」の意から、強く限定することばとなった。

また、ある点に限って心を注ぐ意の動詞ともなった。「これ」の意なら「隹」「維」と書き、「ただ」の意なら「唯」と書き、「おもう」の意なら「惟」と書くのが正則、という。

論語 仁 金文大篆 論語 仁
(金文)

論語で最高の境地とされる、”常時無差別のなさけ・あわれみ”。

『字通』による原義は敷物をしいてあげる姿。詳細は論語における「仁」を参照。

論語 能 金文 論語 能 三本足 亀
(金文)

論語の本章では”~できる”。語源は”亀”。『学研漢和大字典』によると語法は次の通り。

  1. 「よく」とよみ、「できる」と訳す。可能の意を示す。否定形は訓読が変化するので、「2.」を参照。「臣能得狐白裘=臣よく狐白裘(こはくきう)を得ん」〈私ならその白狐の皮衣を取って来れます〉〔史記・孟嘗君〕▽「能・不能」は、主観的に自身の本来的・生理的な能力・資格による判断を示す。「可・不可」は、「能・不能」より客観的に、状況・道理による判断を示す。「得・不得」は、機会・条件による判断を示す。
  2. 「不能~」は、「~(する)あたわず」とよみ、「~できない」と訳す。「能」の否定形。「徳之不脩、学之不講、聞義不能徙、不善不能改、是吾憂也=徳の脩(おさ)めざる、学の講ぜざる、義を聞きて徙(うつ)る能はざる、不善の改むる能はざる、これ吾が憂ひなり」〈道徳を修めないこと、学問を習わないこと、正義を聞きながらついてゆけないこと、善くないのに改めないこと、これが私の心配ごとである〉〔論語・述而〕
  3. 「未能」は、「いまだ~なるにあたはず」とよみ、「~におよばない」「~に到らない」と訳す。「吾斯之未能信=吾これをこれ未だ信ずること能はず」〈私はそれにまだ自信が持てません〉〔論語・公冶長〕
  4. 「能不」は、「よく~せざらんや」とよみ、「~せずにいられようか」と訳す。反問の意を示す。「涕泣灑衣裳、能不懐所歓=涕泣(ていきふ)は衣と裳(しょう)とに灑(そそ)ぐ、よく歓ぶ所を懐(おも)はざらんや」〈涙は上下の着物を濡らし、友人の君を思わずにいられようか〉〔劉通・贈五官中郎将〕

惡(悪)

論語 悪 金文大篆 論語 禁煙
(金文)

論語の本章では”にくむ”。『大漢和辞典』の第一義は”わるい”。動詞としては”にくむ”。

『学研漢和大字典』によると、会意兼形声文字で、亞(ア)(=亜)は、角型に掘り下げた土台を描いた象形。家の下積みとなるくぼみ。惡は「心+〔音符〕亞」で、下に押し下げられてくぼんだ気持ち。

下積みでむかむかする感じや、欲求不満。堊(アク)(下積みとなる土台)・於(オ)(つかえる)・淤(オ)(つかえる)と同系のことば、という。

論語:解説・付記

論語 孔子 論語 顔回
孔子は論語の中で、弟子の顔回に「克己復礼を仁となす」(論語顔淵篇1)と教えている。自分に勝ち、礼法に従うことが仁だと。弟子で最も優れたのが顔回だから、この教えが仁の定義に最も近いだろう。つまり克己=自分の本能や欲望に打ち勝つことが仁の必要条件だった。

人が他人を好んだり憎んだりする理由は、とりもなおさず欲望にある。奪われたと言っては怒り、くれたと言っては喜ぶ。そのような好悪は、所詮喜怒哀楽している本人にとっての好悪であり、立場が変われば見解が異なる。詐欺に泣く人と喜ぶ詐欺師のようなもの。

論語 ブッダ
孔子と同時代の賢者、ブッダは、克己復礼と近い教えを説いた。加えて生きとし生けるものへの慈悲を説いたのも仁に似ている。しかしブッダによれば、欲望を消し去った者にはもはや喜怒哀楽が存在しないという。自己を含めたあらゆる事物への徹底的無関心が、解脱だった。

その境地にいる如来タターガタ=かくのごとく悟りの彼岸へ行きし者が、生き続ける意欲を持ったり慈悲を持ったりする理由は、訳者如きには分からないが、恐らく孔子にも分からなかっただろう。なぜなら仁者は憎んだり好んだり出来ると本章に言うからだ。孔子は彼岸を思わなかった。

論語時代以降の中国人は、現世と来世の間に境界がないという考えを持った。始皇帝が精巧に作られた兵馬俑の軍団と共に、来世をも支配しようとしたことにそれが見られる。論語時代も似たようなものだったことが、副葬品の手厚さから想像できる(論語述而篇9解説参照)。
論語 始皇帝 兵馬俑
Photo via https://www.yunphoto.net/jp/photobase/yp5566.html

しかし孔子は、現世で隠者の仲間には入らないと言い(論語微子篇7)、来世のことは分からないと言った(論語先進篇11)。一般に中国人はインド人と比べて、論理的思考が出来ない事もあろうが、孔子は解脱ではなく現世の理想的人間になることを求めたからだろう。

仁者とは、孔子が地獄のような乱世の、それも底辺からのし上がってくる過程で、あこがれるように脳内で作り上げた理想の人間像だった。だからあくまでも仁者はこの世の人で、食べたり飲んだりしゃべったりする人だった。そのような仁者が、世を治めれば乱世が鎮まると。

欲望がないから誰にでも憐れみを持ち、かつ公平。実在するかは孔子の知ったことではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)