論語075里仁篇第四(9)士の道に志して

論語里仁篇(9)要約:求めるものがはっきりしたなら、それに全力で取り組もう。生活を切り詰める事になっても、それはかまわない。それぐらい欲しがらないと、求めるものは手に入りませんよ、孔子先生はそう弟子を諭したのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「士志於道、而恥惡衣惡食者、未足與議也。」

書き下し

いはく、みちこころざし、惡衣あくい惡食あくしよくづるものは、いまともかたるにらざるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子
先生が言った。「正しい道を求める志士が、粗末な衣料や食事を恥じるようでは、まだ議論を共に出来ない。」

意訳

論語 耐乏生活 漫画家
質素な生活を嫌がるようでは、政治運動を共に戦う同志ではない。

従来訳

 先師がいわれた。――
「いやしくも道に志すものが、粗衣粗食を恥じるようでは、話相手とするに足りない。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 士 金文 論語 士 字解
(金文)

論語の本章では、”仁政への志を持った最下級の為政者・その予備軍”。

一般名詞としては、当時の身分秩序、周王ー諸侯ー卿ー大夫ー士ー庶人ー奴隷のうち、貴族の最下級である士を指す。しかし論語での意味は違う。孔子一門の弟子に貴族階級は少なく、社会の底辺に生まれた孔子自身が、自分が主張する身分秩序に反する大出世を遂げた。従ってここでは、志を持った一人の男、という程度の意味。

『学研漢和大字典』によると象形文字で、男の陰●の突きたったさまを描いたもので、牡(おす)の字の右側にも含まれる。成人して自立するおとこ。事(旗をたてる、たつ)と同系。また、仕(シ)・(ジ)(身分の高い人のそばにたつおとこ→つかえる)とも同系、という。

論語 志 金文大篆 論語 志 解字
(金文)

論語の本章では現代日本語と同じく”こころざし(こころざす)”。原義は足がそこに向かうように心が向かうこと。詳細は論語語釈「志」を参照。

論語:解説・付記

論語の時代は乱世だった。血統を誇る貴族=卿・大夫・士は、身分から来る安楽さが作用して、政治や軍事の技能に劣った者が増えていた。また既存の技能を身につけた者でも、生産力の向上と人口の過剰から来る大変動は、どうすることも出来ない事態だった。

論語 孔子 喜
ここで孔子は一計を案じた。幅広く庶民からも弟子を集め、為政者にふさわしい技能と人格を身につけさせ、既存の貴族層に押し込もうと考えた。そうした人材を論語では士と呼び、従来最下級の貴族を意味したこの言葉に、孔子は新たな意味をつけ加えた。

孔子が魯国政権の一員となってから、弟子が増えたことは『史記』に見えるが、そうした弟子はほぼ庶民の出で、孔子に学べば貴族になれると願って入門した。孔子は弟子たちに、貴族に必須の技能と教養=六芸を教えたが、特に目を付けた弟子には革命への参加を呼びかけた。

弟子の中では比較的年少の、子夏などがそれに当たる。志士となるからには革命成就まで、生活水準の向上を願ってはいけないのはもちろんだが、孔子塾生の多数派である、ただ仕官目当ての弟子に対しても、学業と技術を修め終わるまでは、贅沢を思ってはいけないのは同じ。

論語 吉川幸次郎
論語の本章が言うのはその事で、現代にも当てはまる理の当然だろう。なお既存の論語本では、吉川本にこう訳す。「道徳を志向する人物でありながら、わるい生活を恥じるものは、はなしあいてになれない。」恐らく革命の志士を念頭に置いた解説だろう。

ともかたる」とは、互いに志を持ち、望ましい社会や革命の方法につき、意見を戦わせることだからだ。単に仕官が目当てなら、孔子の話をはいはいと聞いて、その通り勉強したり稽古に励めば済む。論語の前半に強い影響を残した有若曽子に、言葉の真意がわかったかどうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)