論語140雍也篇第六(23)知者は水を

論語雍也篇(23)要約:数多くの思想家を生んだ春秋戦国時代。こんにち完全に文系ばなしとされる彼らの思想ですが、その中でも孔子先生は、数理の感覚を持った数少ない人でした。その事を伺わせる一節。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「知者樂水、仁者樂山。知者動、仁者靜。知者樂、仁者壽。」

書き下し

いはく、知者ちしやみづよろこび、仁者じんしややまよろこぶ、知者ちしやうごき、仁者じんしやしづかなり。知者ちしやたのしみ、仁者じんしやいのちながし。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子
先生が言った。「知者は水を喜び、仁者は山を喜ぶ。知者は動き、仁者は静かである。知者は楽しみ、仁者は長生きする。」

意訳

論語 孔子 水面
知者は数学が出来るから動きのある水の変化を楽しむ。仁者はその段階を経て、動かない山を楽しむ。知者はその後を予想できるから、よく動く。仁者はその段階を経て、動かない。知者は物事のからくりが分かっているから、何が起ころうと楽しむ。仁者はその段階を経て、心を悩ませないから長生きする。

従来訳

 先師がいわれた。――
「知者は水に歓びを見出し、仁者は山に歓びを見出す。知者は活動的であり、仁者は静寂である。知者は変化を楽み、仁者は永遠の中に安住する。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

知者・仁者

論語 知 金文 論語 仁 金文大篆
「知」「仁」(金文)

論語で言う知者とは、孔子の主張する礼をよく知る者のこと。礼とは、仁者の振る舞うべきありとあらゆる行動規範を言う。仁者とは、常時無差別の愛を持つ者を言う。

詳細は論語における「知」論語における「仁」を参照。

論語:解説・付記

論語に言う「知」の何たるかを理解しないと、この章はさっぱり分からなくなる。望みもせぬのに剥き身でこの世に放り出された人間は、自己にとって不都合なこと、理不尽なことに日々悩まされ、走り回る。取り巻く環境があまりに無原則に見えるので理解できず、怒るのだ。

怒りとは何かをよくよく突き詰めると、それは所詮、圧倒的な環境の猛威を前にして、自分があまりに無能であることに怒っているのだと気付く。ではその原則とは何かを求めようとするのが、「道」を求めることで、その理解の程度によって、人は「知」に近づいていく。

これを今日的に理解するなら、物理=「もののことわり」を理解することであって、その理解のためには究極の抽象である数学を使いこなせなければならない。数学→物理と抽象度が下がっていって、以下物理→化学・地学・生物→博物学と具体的になっていく。

孔子が口を酸っぱくして説いている礼法のたぐいは、さらに抽象度が下がり、所詮人間がでっち上げた「お約束」に過ぎず、人間が振るう物理的暴力の前にすら、あっさりと木っ端みじんにされてしまう架空の概念に過ぎない。

それを乗り越えるにはまず、1+1=2と定義すること、平行線は交わらないと要請することが必要で、その架空の危うい前提の上に、ようよう論理を組み立てていかなければならないのだが、この論理ということが、古代のみならず前近代の中国人には徹底的に苦手だった。

有り体に言えば目の前の利益に目がくらんで、あっさりと前提をひっくり返してしまうのだ。孔子は孔子塾の必須科目に「数」を入れたように、当時の中国人としては、数を理解していただろうが、円周率は大体3あまりで、微積分は無論知らず、方程式も一次に止まっただろう。

しかしそれでも数理の何たるかは、おぼろげに掴んでいたように見える。従って当時の中国人の知識人や、後世の儒者たちが励んだように、むやみやたらに本を読みまくり、暗記に次ぐ暗記では、いつまで経っても「知」には至らないと感じていたふしがある。

だから中年を過ぎてから、当時なりの数理である易の勉強に没頭したわけ。数理を知り生物の原則を知り、今自分に危害を加えようとしている人物が、なにゆえにそうするのかを理解すれば、マルクス=アウレリウス=アントニヌス帝が喝破したように言い切れる。

論語 マルクス=アウレリウス=アントニヌス
「彼は強いられているのだ。ほかにどうしようもないではないか。」(『自省録』)

また数理を理解するほどに、現実的な物理力も得られることになるから、そうした不仁なやからを追っ払う手段も手に入れられることになる。里仁篇で「不仁者をして加えしめず」とあるのはそのことだ。従って生まれつき仁な者は別として、九分九厘の人間は、知を通じてしか仁に至れないというのももっともになる。

以上から、知者はどのような変化であれ楽しめるし、動きがないと面白く無いことになる。しかし仁者はその段階を超えて、動きがないのもまた楽しめる。動きを見てそのたび精神力を消費する知者に比べて、ものに心を動かさない仁者は、その分長生きするわけだ。

仁者が仁であり続けられるのも、「はいはいそういうことね」と分かっているから、怒りもせず哀れむことが出来るわけ。知者は対象の悪を悪と知るだけで、まだ仁には至っていない。しかし「一日仁を思えば」(論語里仁篇)、たちどころに仁者へと変身する可能性がある。

ただし孔子は、当時なりにとは言っても易の数理としての限界を感じただろうし、自分が0や高次方程式の解法を発見できない程度の頭しかないことを自覚していただろう。それゆえに、「自分は仁どころか知者ですらない」とこぼしたのだ。

しかし世人を眺め回して、どうやらほとんどは自分ほどデキるとは思えなかっただろうから、数理を突き詰めて仁に至るなどとても無理だ、とも思っただろう。それゆえに、せめて礼法を数理の代用にして、それに則りなさいと教えたわけだ。

そうなると知者の定義もまた変わってくる。論語に言う仁とは、孔子が創造した理想的人間像で、礼とはそれを定義するスペック集であり、知とはそのスペックにどれだけ通じるかという意味になる。つまり孔子塾フィギュア派の一員にふさわしいウンチクを蓄えることだ。

その意味での知者が水を楽しむのは、変化して止まない水に、変化して止まない乱世を鎮める仁者の姿を見るからであり、礼を知って自ら「動」きフィギュア道に励むのは、人生を楽しむ一つの方法だろう。そして非趣味人はよほどでない限り、趣味人には近寄らないものだ。

と、いうようなことを、本の読み過ぎ・暗記のしすぎで、頭がこの上なく固くなった儒者には思いも寄らないだろうから、古くさい注のたぐいは論語や孔子を理解するのに、本質的には全く役に立たないのである。

『封神演技』の訳で知られた安能務が記した、民国期に生き残った儒者はそれゆえ嘆いたのだ。四書五経を手にとって、「こんなものばかり読んできたから、中国人は頭が固くなって、とうとう国を滅ぼしてしまった。」他人事ではないような気がする。

ゆえに吉川本にはこうある。

論語 吉川幸次郎
有名な条であり、含蓄に富む条である。私は安易な解釈を加えることを、差し控える。(筑摩書房『論語』)

なお人類初の0を用いる位取り表記は、孔子と同時代のバビロニアにあったという。さらにインドで0の概念が確立されたのは、孔子より1、000年のちの事と、共にwikipediaに言う。

また孔子の理数系知識については、論語公冶長篇12も参照されたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)