論語088里仁篇第四(22)いにしえはことばを

論語里仁篇(22)要約:実におしゃべりな孔子先生でしたが、おしゃべりは損だとは気付いていました。だから寡黙な弟子を好み、おしゃべりには訓戒を垂れています。それは恐らく先生自身の、どうにもならぬおしゃべり好きからでしょう。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「古者言之不出*。恥躬之不逮也。」

校訂

武内本:清家本により、出の下也の字を補う。

書き下し

いはく、いにしことばいださざるあり。およばざるをぢればなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「昔は言葉を言わなかった。自らの行いが及ばないのを恥じたからだ。」

意訳

論語 孔子 淡々
昔の人が軽々しく口を利かなかったのは、言ったことを実行できないのを恥じたからだ。

従来訳

 先師がいわれた。――
「古人はかろがろしく物をいわなかったが、それは実行の伴わないのを恥じたからだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

躬(キュウ)

論語 躬 金文大篆 論語 体操 躬
(金文)

『大漢和辞典』の第一義は”身”で、論語の本章では”自らする”。

『学研漢和大字典』によると「身+音符弓」(弓なりに曲がる)の会意兼形声文字で、屈曲するからだ。弓(曲がる)-窮(曲がりくねる)と同系のことば。▽本字の躳は「身+呂(連なった背骨)」の会意文字、という。

論語 逮 金文大篆 論語 逮捕
(金文)

論語の本章では、『大漢和辞典』の第一義と同じく”およぶ”。

『学研漢和大字典』によると、「辵+音符(タ)イ(手をのばしてつかまえる)」の会意兼形声文字で、至と同系のことば、という。

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎
既存の論語本では吉川本に「古い時代に対する尊敬は、中国の思想家に普遍な感情であるが、論語にもそれはときどきあらわれる。不言実行の教えとしては…同趣旨である。」とある。訳者としては、孔子が説いたのは不言実行ではなく、有言実行、言行一致だったと考えている。

不言実行は容易に説明責任への免責の根拠となるからで、不言実行は帝国官僚としての儒者の曲解といっていい。なお孔子は「剛毅木トツ仁に近し」(論語子路篇27)と言ったからには、口数少ないのをよしとしたのだろうが、論語を読む限り、当の孔子は実によく喋っている。
論語 孔子 説教

そんな孔子が口数が少ないという古人とは誰だろうか。孔子の誠意を信じるなら、現在『史記』などが伝える太古の人々だろう。そこで史記を頭から読むと、なるほど孔子ほどは饒舌でない。しかしそれは古人がしゃべらなかったのではなくて、創作者が書けなかったのだ。

孔子が真に受けた古代の聖王は、周王朝の人物を除けばほぼ創作上の人物で、何を話すかはラノベ作者の想像力に依存する。しかしあまり豊かな想像力がなかったことは、夏殷革命と殷周革命のいきさつが瓜二つであることから証明できる。思いつかないから書けなかったのだ。

もし古人が春秋時代以降を指すのなら、『春秋左氏伝』はおしゃべりのオンパレードである。となると孔子が『春秋』を書くに用いた史料を指すのだろう。経文部分はほとんど会話がない。何年何月に何があったか、年に数行書いているだけだ。孔子はそれを言ったのだろうか。

そうでもなかろう。孔子ほどの人が原『春秋』を読んで、それがメモ的年代記だと気付かぬはずがない。そうすると現在伝わらない、訥弁ながら語った言行録があったのだろうか。それとも出来の悪い親のように、批判できない古人を持ち出して説教したのだろうか。

そうは思いたくないが、真相は古代の闇の中である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 古者言之不出。恥躬之不逮也。→不出言(『論語』里仁) 〔古いにしえ者は言之出で不るあり。躬之逮ば不るを恥じれば也。〕 […]