論語290顔淵篇第十二(12)片言以て獄を

論語顔淵篇(12)要約:孔子一門で最も早く弟子になった子路。ガサツなところはありますが、その代わり武勇と決断力は弟子一番でした。いつもは小言を言う孔子先生も、本章では「ズバリと判決を下せるのは子路だけだ」と褒めています。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「片言可以折獄者、其由也與。」子路無宿諾。

書き下し

いはく、片言へんげんうつたへさだものは、いうなる子路しろだく宿とどむることし。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 論語 子路
先生が言った。「まことに僅かな言葉で判決を言い渡せる者は、すなわち由(子路)だ。子路は引き受けた仕事を宵越しさせたことがない。」

意訳

論語 孔子 褒める
子路は大した男だ。ほんのふた言み言で、判決を言い渡してぶつぶつ言われない。とにかく仕事が早い。

従来訳

先師がいわれた。――
「ただ一言でぴたりと判決を下し、当事者双方を信服させる力のあるのは、由だろうか。」
 子路は元来、引きうけたことは直ちに実行にうつす人で、ふだんから人に信頼された人なのである。

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

片言

論語 片 金文大篆 論語 言 金文
(金文)

論語の本章では”ふたことみこと”。僅かな言葉で、ということ。

『学研漢和大字典』によると「片」は象形文字で、爿(ショウ)(寝台の長細い板)の逆の形であるともいい、また木の字を半分に切ったその右側の部分であるともいう。いずれにせよ木のきれはしを描いたもの。薄く平らなきれはしのこと。

判(二つに切る)・半・篇(ヘン)(薄く平らな竹ふだ)と同系のことば、という。語義は論語語釈「片」を参照。

折獄

論語 折 金文
「折」(金文)

論語の本章では”裁判の判決を言い渡す”こと。

「折」は”定める”、「獄」は”訴え(る)”。現代日本の感覚では、「獄」は地獄を連想するので、刑務所のことと思ってしまうが、もとは”訴える”こと。なお言葉の厳めしさから戦後は「刑務所」と呼ぶが、戦前では正式名称は「監獄」だった。刑務所長も「典獄」と呼んだ。

『学研漢和大字典』によると「折」は会意文字で、「木を二つに切ったさま+斤(おのできる)」。ざくんと中断すること。▽析(セキ)(ばらばらに離す)・拆(タク)(たたき割る)は、別字、という。語義は論語語釈「折」を参照。

論語 獄 金文

「獄」(金文)

「獄」は会意文字で、「犬+犬+言(かどだてていう)」。二匹の犬が争うように、いがみあっていいあうことを示す。かたくとげとげしいの意を含む。嶽(ガク)(=岳。ごつごつした山)・玉(かたい大理石)などと同系のことば。

語義は以下の通り。

  1. {名詞}とげとげしくいがみあう裁判。うったえごと。「訟獄」「疑獄(疑いのもたれる裁判事件)」。
  2. {名詞}ひとや。かたくごつごつとかためたろうや。「牢獄(ロウゴク)」「獄吏」。
  3. (ゴクス){動詞}裁判する。うったえる。

片言可以折獄者

論語の本章では、”まことに僅かな言葉で判決が下せる者”。「片言」を強調して前に出した句形。

片言可折獄者 → 片言可以折獄者

従って書き下しでは、「もって」ではなく「もて」と読んで区別を付けた。訳としては、元の文は”僅かな言葉で判決を下せる者”だが、強調によって”まことに僅かな言葉で判決を下せる者”となる。

宿諾

論語 宿 金文
「宿」(金文)

論語の本章では”約束・引き受けた仕事を果たすのに時間をかけない”こと。要は仕事を宵越ししないこと。

論語 諾 金文大篆
「諾」(金文)

「諾」は形声文字で、若(ジャク)は、それ、その、の意をあらわす指示詞。是(これ)や然(それ、その)を返事に用いるように、そうと承認する返事に用いる。諾は「言+(音符)若」で、やや間をおいて、考えて答えることをあらわす。言語行為なので言印をつけた。

▽中世には給(ヌオ)といい、承諾して答えることを「唱給(チャンヌオ)」という。類義語の唯(イ)は、指示詞で、かしこまってすぐに答えることをあらわす、という。

論語:解説・付記

論語の本章は、孔子が”政治に優れる”と評した(論語先進篇2)弟子の子路が、どのように有能だったかを示す話。孔子一門は既存の貴族勢力に割り込んで成長を目指したから、弟子には行政処理能力・事務処理能力が求められた。無能では仕官できないからだ。

清朝までの中国では、行政官は司法官を兼ね、司法官は判事と検事を兼ねて、弁護人は呼ぶも呼ばぬも判事次第だった。これは「遠山の金さん」や「大岡越前」と同じ。

論語 法廷

十九世紀末の法廷 via http://db.nichibun.ac.jp/ja/d/GAI/info/GQ014/item/010/

論語を読む限り、子路は孔子一門きっての剛直漢であり、最初に孔子の弟子になった人物でもある。はじめ魯国門閥家老家筆頭の季氏に仕えて、費邑の代官となった。その後衛国に仕えて、蒲邑の代官にもなっている。上記の通り、裁判はお代官さまの仕事でもあった。

これとは別に、論語時代には司法専門官もいた。孔子が就任した大司冦(司法長官)がそうであり、論語微子篇19に見える「士師」もそう。ただ大司冦が上級裁判を扱ったらしいのと比べ、士師は民衆に身近な地裁・家裁の判事といった役割で、さまざまな史料に名が見える。

鄭に住む薪取りが、山で飛び出た鹿をとっさに捕らえた。持ち帰る用意がないので隠したが、忘れっぽかったので場所を忘れてしまった。夢だったのだろうかとつぶやきながら山を下りた。そのつぶやきを別の男が盗み聞きしていて、鹿を掘り出して家に持ち帰った。

別の男「きっと薪取りは夢で鹿を取ったのだ。正夢だったんだな。」
その妻「そんな馬鹿なことがあるものですか。きっとあなたが正夢を見たのよ。」

薪取りは夢がどうしても思い切れず、夢の場所に行くと掘り出されていた。そして持ち帰った男の事を知った。頭に来た薪取りは、窃盗の罪で士師に訴えた。

士師「お前は始めに鹿を手に入れながら、夢だったといい、こっちの男は鹿を手に入れながら、夢でその場所を知ったという。…何が何だか分からぬが、とりあえず鹿は両者で折半とする。以上、閉廷!」(『列子』周穆王篇)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)