論語076里仁篇第四(10)君子の天下に於けるや

論語里仁篇(10)要約:孔子一門は革命政党でもあります。それに携わる志士たちを、孔子先生が励ましました。政治がらみのことだけに、いつも受け入れられるとは限らない。しかし必ず賛同者は出るはずだ。くじけずに仕事に励もう、と。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「君子之於天下也、無適也、無莫也。義之與比。」

書き下し

いはく、君子くんし天下てんかけるかなふもなりおはるるもなきなりともならべり。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「君子は天下の中で、肯定も否定もなく、正義と共に並んでいる。」

意訳

論語 君子 諸君 孔子
諸君が天下を経巡って、全く受け入れられることも、全く追い払われることもない。いつも正義が寄り添っていることを忘れないで欲しい。

従来訳

 先師がいわれた。――
「君子が政治の局にあたる場合には、自分の考えを固執し、無理じいに事を行ったり禁止したりすることは決してない。虚心に道理のあるところに従うだけである。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

君子

論語 君 金文 論語 子 金文
(金文)

論語の本章では”貴族一般”とするより、”諸君”という呼びかけと解した。

論語 適 金文 論語 ミサイル 適
(金文)

論語の本章では”受け入れられる”。

『大漢和辞典』の第一義は”行く”。以下”会う・(理に)当たる…”と続く。ここでは”迎えられること”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、右側は、啻(シ)(ただす)の変形したもので、一つにまとめる、まっすぐ一本になった、という意を含む。適はそれを音符とし、辶(足の動作)を加えた字で、まっすぐひとすじにまともに向かうこと。匹敵の敵(まともに向かう)と同系のことば、という。

論語 莫 金文 論語 莫
(金文)

論語の本章では、”受け付けられないこと”。漢文での一般的な語義は否定辞として”~ない”。『大漢和辞典』の第一義は”日暮れ”。以下”夜・遅い…”と続く。

『学研漢和大字典』によると語法は以下の通り。

  1. 「なし」とよみ、「~ない」と訳す。否定の意を示す。「吾楯之堅、莫能陥也=吾が楯の堅きこと、よく陥すもの莫(な)し」〈私の楯のがんじょうなことは、どんな物でも突き通せる物はない〉〔韓非子・難一〕
  2. 「なかれ」とよみ、「~するな」と訳す。禁止・命令の意を示す。「酔臥沙場君莫笑=酔うて沙場に臥(ふ)すとも君笑ふこと莫(な)かれ」〈酔って砂漠の上に倒れ伏せても、君よ笑わないでおくれ〉〔王翰・涼州詞〕
  3. 「莫不~」は、「~ざるはなし」とよみ、「~しないものはない」と訳す。二重否定。「天下莫不称君之賢=天下君の賢を称せざる莫(な)し」〈天下の誰一人として殿の賢明さをたたえぬ者はございません〉〔史記・刺客〕▽「無不~」も、「~ざるはなし」とよみ、意味・用法ともに同じ。
  4. 「莫非~」は、「~(に)あらざるはなし」とよみ、「~でないものはない」と訳す。二重否定。「尺地莫非其有也、一民莫非其臣也=尺地もその有に非(あら)ざるは莫(な)く、一民もその臣に非ざるは莫し」〈一尺の土地でも紂王のものでないものはなく、一人の人民でも紂王の臣下でない者はない〉〔孟子・公上〕▽「無非~」も、「~(に)あらざるはなし」とよみ、意味・用法ともに同じ。
  5. 「~莫如(若)…」は、「~、…(する)にしくはなし」とよみ、「~は、…(するの)がいちばんよい」と訳す。比較して優劣を判断する意を示す。「知臣莫如君=臣を知るは君に如(し)くは莫(な)し」〈臣下を知ること主君に優るものはない〉〔史記・斉太公〕
  6. (1)「~莫…焉」は、「~これより…なるはなし」とよみ、「~より…なものはない」と訳す。比較の意を示す。「晋国天下莫強焉=晋国は天下これより強きは莫(な)し」〈天下に晋より強い国はない〉〔孟子・梁上〕
    (2)「莫大(バクダイ)」は、「莫大焉=これより大なるはなし」がもともとの用例。「反身而誠、楽莫大焉=身に反して誠なれば、楽しみこれより大なるは莫(な)し」〈我が身にふり返ってみてうそがない心ならば、楽しみがこれより大きいことはない〉〔孟子・尽上〕

詳細は論語における「莫」を参照。

論語 義 金文 論語 レール 義
(金文)

論語の本章では”正しい筋道”。詳細は論語語釈「義」を参照。

論語 比 金文 論語 赤ちゃん夫婦 比
(金文)

論語の本章では”寄り添う”。『大漢和辞典』の第一義は”親しむ”。以下”比べる・並ぶ…”と続く。

論語:解説・付記

既存の論語本では吉川本に、「適・莫」は新注系では「良い・わるい」と解し、古注系では「厚い・薄い」と解し、荻生徂徠は「親しむ・疎んじる」と解するとある。

「要するに紳士は世界の万物に対して、主観的な好悪を持たない」と吉川本に言うのは賛成だが、「適・莫」は君子が「受ける・受けない」ではなく、「受け入れられる・られない」と解した。革命政党でもある孔子一門としては、その方が各地へ活動に散っていく際の教訓としてふさわしいから。また、放浪中の演説としてもふさわしい。
論語 放浪

「義之與比」は、プロイセン・ドイツ軍のベルトバックルに刻まれた”GOTT MIT UNS”(神は我らと共にあり)を連想させる。

また孔子より二世紀後の先哲である、イエスの「山上の垂訓」も思い出す。

マタイによる福音書/ 05章 06節
義に飢え渇く人々は、幸いである、/その人たちは満たされる。

マタイによる福音書/ 05章 10節
義のために迫害される人々は、幸いである、/天の国はその人たちのものである。

日本聖書教会HP https://www.bible.or.jp/ 新共同訳聖書より引用

信徒ですらない訳者には、イエスの言葉のなんたるかは分からない。しかし両哲人共に、世の不正に憤り、世に受け入れられがたい弟子を率いており、そうした弟子を励ます言葉は、結局似たようなものに落ち着くらしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)