論語詳解249郷党篇第十(15)太廟に入らば

論語郷党篇(15)要約:孔子先生の生きた古代では、祖先の霊など超自然的な存在が、人間に大きな不幸や幸福を与えると信じられていました。それだけに祭祀に手違いがあれば霊魂の怒りを招きますので、先生は慎重に手順を問うのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

入太*廟、每事問。

論語八佾篇15と重複。

校訂

武内本:唐石経、太を大に作る。

書き下し

太廟たいべうらば事每ことごとふ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
国君の祖先祭殿では、仕草のたびに質問した。

意訳

同上

従来訳

論語 下村湖人

大廟に入られると、ことごとに係の人に質問される。

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

太廟(タイビョウ)

論語 泰 金文大篆 論語 廟 金文
(金文)

論語の本章では、”国公の霊廟”。論語の時代、「太」は「泰」の略字。

每(毎)

論語 每 金文 論語 妊婦 毎
(金文)

論語の本章では、”…のたびごとに”。

『学研漢和大字典』によると、会意兼形声文字で、「頭に髪をゆった姿+〔音符〕母」で、母と同系であるが、とくに次々と子をうむことに重点をおいたことば。次々と生じる事物を一つ一つさす指示詞に転用された。

本章での語法は「~ごとに」とよみ、「~するときはいつでも」「~するたびごとに」と訳す。順接の恒常条件の意を示す、という。

論語:解説・付記

論語八佾篇15と同じだが、ここに重複して載せられたのは、郷党篇が本来、礼法のマニュアルもしくは講義ノートだったからだろう。八佾篇では孔子が青年だったか老年だったか決めかねたが、後世の中国人は青年時代だと思ったらしく、そういう漫画が残っている。

論語 孔子聖蹟図 太廟問礼

論語の本章について、新古の注は以下のように言う。

古注

入大廟毎事問註鄭𤣥曰為君助祭也大廟周公廟也疏入大廟毎事問 或云此句煩重舊通云前是記孔子對或人之時此是録平生常行之事故两出也

入大廟毎事問。註。鄭玄曰く、君の祭を助けるを為せる也。大廟は周公の廟也。疏。入大廟毎事問。或いは云う、此の句煩ば重なれり。旧通に云く、前は是れ孔子の或る人と対する之時を記すなり。此れは是れ、平生常行之事を録すなり。故に両び出ずる也。

論語 古注 鄭玄
大廟に入りて事毎に問う。注。鄭玄曰く「国君の祭祀を助けたことを言っている。大廟とは、周公の廟である。付け足し。大廟に入りて事毎に問う。ある説ではこう主張する。この話は論語にしばしば重なって出る。古い注釈書にこう書いてある。以前八佾篇に記されたのは、孔子がある人と対話した時の記録である。本章は、ふだんいつも行っている事を記したのである。だから再び出てきたのだ。

(『論語集解義疏』)

これによると、古注を書いた儒者は講義ノートと思っておらず、重複した八佾篇は誰かとの対話の記録だとし、本章は孔子の日常を記録したもので、国君が魯国開祖の周公を祀る際、孔子がいつも手助けしていたのだとする。だが正気で言っているとは思えない。

一方新注はと言えば…。

新注
重出。
重ねて出ず。
論語 朱子 新注
重複している。
(『論語集注』)

でおしまい。後漢の儒者のようにもったい付けをしないところは、その分だけ宋代の儒者は進歩したと言うことだろうか。

論語 武内義雄 論語 白川静
武内義雄『論語之研究』によると、この論語郷党篇は、学而篇とセットで編まれた篇であり、学而篇が孔子や高弟の言葉を伝えるのに対し、郷党篇は行動を伝え、二篇で完結したひとつの『論語』になっていたという。また白川静『孔子伝』も、一門の形式面を伝えた篇という。

ただ『孔子伝』は過激で、「最も愚かしい記録」とまで言う。その当否はさておき、片や言葉、片や行動と分けたとするなら、重複を恐れず収録したのも合点がいくし、そもそも八佾篇の含まれた河間七篇本と、郷党篇が含まれた斉魯二篇本はもと別の本だった。

論語 孟子 古論語
それが古論語が編集される際に共に取り込まれたことになるが、古論語を編集したであろう孟子の系統を引く儒者たちは、儒家の各派閥の総合を図ったらしく、派閥の意見の相違や言葉の重複をさほど気にかけなかった。秦の統一を前にして、儒家の団結を図ったのだろうか。

始皇帝 論語 荀子
始皇帝が儒家を重用しないことは、統一前に既に分かっていただろうからだ。法治を原則とする秦国は、儒家の自己解釈の変更次第で儒者を用いる可能性はあった。性悪説を説いた荀子が主張した「礼治」は、礼を法に替えれば、それほど法治主義に差し障りのある思想ではない。

しかし儒家はその道を取らず、秦帝国成立後も声高に過去を叫んで法治を批判する側に回った。古論語が古文書体で書かれたことから、その成立は秦の統一より前だろうが、孟子の思想は間違いなく、法治とは相容れない。その後継者たちが儒家の団結を図る動機は十分あった。

本章の重複にも、そうした歴史的背景を垣間見ることが出来る。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)