論語055八佾篇第三(15)子太廟に入りて

論語八佾篇(15)要約:若き日の孔子先生。まだそれほど権威がありません。初めて殿様の祖先祭に参加して、仕草ごとに手順が正しいか訪ねます。それを笑った神主たちに、これこそが神を敬う正しい道だと言い返したのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子入太廟、每事問。或曰、「孰謂鄹人之子知禮乎。入太廟、每事問。」子聞之曰、「是禮也。」

書き下し

太廟たいべうりて事每ことごとふ、るひといはく、たれ鄹人すうひとれいると太廟たいべうりて事每ことごとふと。これいていはく、れいなりと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子聖蹟図 太廟問礼先生が魯国公の祖先祭殿に入って、事あるごとに質問した。ある人が言った。「誰だ、鄹ひとの子が礼法を知っていると言ったのは。祭殿に入って事あるごとに質問している」と。先生はこれを伝え聞いて言った。「これが礼法だ」と。

意訳

論語 孔子 ぼんやり
若い頃、国公の祭殿で祭祀の手伝いをしたことがある。間違いがあってはいかんから、仕草のたびに確認したら、ある神主が笑ったそうだ。「誰だ、あの乱暴者の子が礼法を知ると言ったのは」。だから言ってやった、「これが作法なのです」と。

従来訳

 先師が大廟に入つて祭典の任に当られた時、事ごとに係の人に質問された。それをある人があざけっていった。――
「あのすうの田舎者のせがれが、礼に通じているなどとは、いったいだれがいい出したことなのだ。大廟に入つて事ごとに質問しているではないか。」
 先師はこれをきかれて、いわれた。――
「慎重にきくのが礼なのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

太廟(タイビョウ)

論語 泰 金文大篆 論語 廟 金文
(金文)

論語の本章では”国公の霊廟”。『字通』によると、「太」は古くは「泰」と同じで、人を水から救い上げる姿で、「大」の下に点がついているのは、水を表すという。

孰(シュク)

論語 孰 金文大篆 論語 温 孰 字解
(金文)

論語の本章では”誰”。『大漢和辞典』の第一義は”煮る・煮える”。疑問辞に転用する。

鄹人(スウひと)

論語 鄹 金文大篆 論語 人 金文
(金文)

論語の本章では、孔子の父、叔梁紇シュクリョウコツのこと。「鄹」は『大漢和辞典』によると、”あつまる”・”むら”だという。

『学研漢和大字典』では形声文字で、「邑+〔音符〕聚」という。また鄹に同じとあるのでそちらを引くと、形声文字で「邑+〔音符〕取」という。いずれも春秋時代の魯の邑(城壁で囲まれたむら・まち)で、孔子のうまれた所とし、今の山東省曲阜県という。

従来の論語本では、ここを”鄹の田舎者”と解するのがお作法になっているが、国都曲阜と鄹は隣町で10kmほどしか離れておらず、「鐘を叩けば聞こえる」と『左伝』に書かれたチュよりもずいぶん近い。「それほど国都の権威は高かったのだ」と解するのが一つ。

後漢末に書かれた王符の『潛夫論』によると、叔梁紇は「鄹大夫」(鄹の代官)だったという。『孔子家語』にもその記載がある。『潛夫論』は出世に失敗したひねくれ儒者の言い分であり、おそらく王符の想像の産物だろうが、それに従えば田舎者だのとさげすまれる程身分は低くない。

また『孔子家語』には叔梁紇を「武力絶倫の士」と記しており、下級の職業軍人だったと一般の論語本に言われる。そうなると孔子が笑われたのは、田舎者の子だったからではなく、神主から見れば野蛮な武人の子だったから、ということになる。

しかし訳者の見解では、孔子は父親を笑われたと言うより、当時の魯国の祭祀に通じていなかったからこそ笑われた。孔子は母親が巫女だったから、それなりに祭祀の心得はあったが、民間の冠婚葬祭を職業とする巫女の祭祀と、国公の祭祀に違いがあるのは当然だろう。

まして魯国は周王族の一人で、摂政まで務めた周公の末裔だから、その祭祀は一層格が高く、言い換えるなら知らねばならない有職故事が多かったはず。巫女の家上がりの孔子が、それに通暁していたとは考えがたい。むしろこの時の屈辱を教訓に、孔子は資料の収集と礼法の勉学に励み、のちに礼法の大家として名を成したとした方が理屈が通ると思う。

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎

既存の論語本では吉川本に、「おそらくは孔子の急激な出世をそねむ人間であったであろう」とある。本章の時期は「鄹ひとの子」と神主が言ったことから、叔梁紇を直接知っている者がまだ神主の中に居た時で、つまりはまだ孔子が出仕する五十代よりずいぶん前と想像する。

「おいコゾー、まだまだだな!」とからかう神主の悪口を伝え聞いて、「これが礼なんですっ!」と青年孔子が叫んだのか、ひとりでぼやいたのだろう。論語の時代、「聞」は伝聞を聞いたことを意味し、「聴」は直接聞いたことを意味するからだ。

青年期の孔子は血気盛んであり、実像以上に自分に高い価値があると思っていた。呼ばれもしない筆頭家老の宴会に出かけて、追い返されたことが『史記』にある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)