論語詳解351憲問篇第十四(19)公叔文子の臣

論語憲問篇(19)要約:記録を読んでいた孔子先生。隣国では、かつて自分の家来の才能に気が付いて、もったいないから君も家老になりなさい、と言い同格に引き上げた賢臣がいました。これこそ私の理解者だと、先生は賞賛するのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

公叔文子之臣大夫僎、與文子同升諸公。子聞之曰、「可以爲文矣。」

書き下し

公叔文子こうしゆくぶんししん大夫僎たいふせん文子ぶんしおなじくこれこうのぼる。これいていはく、もつぶんなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

公叔文子の家臣、大夫センは、文子と同じく公の地位に上がった。先生がそれを聞いて言った。「それを理由に文と名付けてしまっていい。」

意訳

公叔文子の家臣だった僎は、文子の推薦で、同じ家老格の地位についた。先生がそれを聞いて言った。「なるほど公叔どのには、文というおくりながふさわしい。」

従来訳

論語 下村湖人

公叔文子の家臣であった僎は、大夫となって文子と同列で朝廷に出仕した。先師はそのことを知っていわれた。―― 「公叔文子は文の名に値する人だ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

公叔文子

論語憲問篇14にも登場。論語時代の衛国の家老の一人。名は抜。別名、公叔発。『春秋左氏伝』では、魯の襄公二十九年(BC544)の条に衛の賢臣として名が挙がっており、この時孔子は数えで8歳。

大夫僎(タイフセン)

古来誰だか分からない。中國哲學書電子化計劃で検索してもヒット無し。公叔文子に推薦されて家老格になったというのは、古注に以下の通りあるのが論拠。

文子是衛大夫僎本是家臣見之有才能不將為己之臣恐掩賢才乃薦於衛君衛君用之亦為大夫與文子尊卑使敵恒與文子齊列同班者也
文子は是れ衛の大夫なり。僎は本と是れ家臣にして、之に才能有るを見て、将に己之臣為りて賢才を掩うを恐る。乃ち衛君薦む。衛君之を用いて亦た大夫為らしめる、文子卑を尊びてたぐい恒なら使む。文子與斉しく列びて班を同じくする者也。(『論語集觧義疏』)

つまり家臣の僎が有能なので、自分の家臣では宝の持ち腐れになってしまうと思い、国公に推薦して自分と同格にした、という。

諸公

”もろもろの大貴族”ではなく、古注によると「諸之也」(諸は也である)といい、既存の論語本では吉川本に、「ショ」=「之於シオ」(これを…に)という、論語にもよくある用例という。詳細は論語語釈「諸」を参照。

「文」というおくりな。また事実かどうかは別として、『礼記』檀弓下篇に以下のような記載がある。

公叔文子卒,其子戍請謚於君曰:「日月有時,將葬矣。請所以易其名者。」君曰:「昔者衛國凶饑,夫子為粥與國之餓者,是不亦惠乎?昔者衛國有難,夫子以其死衛寡人,不亦貞乎?夫子聽衛國之政,修其班制,以與四鄰交,衛國之社稷不辱,不亦文乎?故謂夫子『貞惠文子』。」
公叔文子卒して、其の子シュ、君おくりなを請いて曰く、「日月時有り、将に葬らんとする矣。請うらくは其の名を易うる所以の者を」と。君曰く。「昔者衛国凶饑、夫子為に粥を国之餓者に与う。是れ亦いに恵なら不乎。昔者衛国難有り、夫子其の死を以て寡人を衛る、亦いに貞なら不乎。夫子衛国之政を聴きて、其の班制を修め、以て四隣与交る、衛国之社稷辱められ不、亦た文なら不乎。故に夫子を謂いて、『貞恵文子』とせん」と。
つまり公叔文子のおくりなは「文」一文字ではなく「貞恵文子」だったという。しかしただそれだけのことである。

論語:解説・付記

論語には、自分が仕官できないことを嘆く話が沢山ある。孔子も嘆いたし(論語子路篇10)、弟子たちもブツクサ言っていたことが論語先進篇25で、孔子が「君たちはお呼びがかからないと言って普段からブツブツ言っているね」と言ったことからわかる。

文というおくりなは論語公冶長篇14で孔子が論じた通り、最高のおくりなだった。つまり孔子にとって、目下の才能に気付いて引き上げる人物が最高の人物と言ったわけ。孔子は桓公・管仲コンビへのあこがれ(論語憲問篇17)と同じ気持ちを、本章で語ったことになる。

ただし、仁フィギュア大会の来賓にふさわしいかは、本章では問題にされていない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)