論語詳解336憲問篇第十四(4)邦に道あらば言を

論語憲問篇(4)要約:論語時代の政界は、毎年のように暗殺や処刑が繰り返される過酷な場でした。そこへ仕官していく弟子たちの身を、孔子先生は案じます。そして自分の志とのぎりぎりの妥協点を、弟子に言って聞かせるのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「邦有道、危言危行。邦無道、危行言孫*。」

校訂

武内本:唐石経遜孫、孟子趙注及後漢書注引皆遜に作る、此本(=清家本)と同じ。

書き下し

いはく、くにみちあらば、ことただしくし、おこなひただしくす。くにみちからば、おこなひただしくし、ことしたがふ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子
先生が言った。「国政に原則があるなら、言葉を正しくし、行動を正しくする。国政に原則が無いなら、行動は正しくするが、言葉は雰囲気に従え。」

意訳

論語 孔子 ぐるぐる
政治がまともなら、言葉も行動も厳しく慎んでいればいいが、まともでないとなると、行動だけ慎んで、言葉はその場の雰囲気に合わせろ。さもないとひどい目に遭うぞ。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「国に道が行われている時には、信ずるところを大胆に言い、大胆に行うべきである。国に道が行われていない時には、行いは無論大胆でなければならないが、言葉は多少ひかえて、婉曲であるがいい。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語時代、各国に分裂していた諸侯国のこと。

論語 春秋時代地図

Map via http://shibakyumei.web.fc2.com/

「道」の詳細な語釈は、論語語釈「道」を参照。

論語では、”やり方・方法”。ここでは”政治の原則”。

『学研漢和大字典』では、本章を引いて”たかくきびしくする”の語釈を載せる。厳しくそそり立つこと、周囲から厳しくそそり立つように慎み行うことで、つまり目立ってもいいことになる。

論語の本章では謙遜の「遜」と同じ。”ゆずる”。『学研漢和大字典』では、後ろへ引いて目立たなくすること。音が同じな孫(小さい子→まご)・損(かさを小さく減らす)と同系のことば、と言う。

論語:解説・付記

論語 孔子 変装
政治に原則のない国とは、村八分をやる寒村と同じで、誰が次の標的になるか分からず、目立つとよってたかって叩かれることになる。論語時代の政界では、暗殺や私闘による殺害、君主による刑死は毎年のようにどこかで発生していたから、各国政界で働くには注意が要った。

しかし目立たないのでは既存の貴族層に孔子一門が対抗できず、まして革命を成就させる見込みもない。だから行動面で孔子は、あえて重々しい作法で目立つのをいとわなかった(論語八佾篇18)。孔子が論語で説く革命とは、礼法の復興だったからなおさらでもある。

しかし殿様も家老もいがみ合っているような国で、目立つのは命の危険があることだった。だから孔子は政治の実践論として、あえて巧言令色(論語学而篇3)とまでは言わないが、言葉はごまかして弟子の危険を減らしてやる必要があった。それが論語の本章に言う話の眼目。

ただし行動の方は目立てと言うからには、その実践には相当高度な判断力が必要で、どの弟子にも言えることではなかっただろう。論語の後半は孔子一門でも政治派の、子貢を頭とする派閥の影響を見て取れるから、論語の憲問篇にこの言葉があるのは不思議ではない。

論語 子貢
政治とは相矛盾する利害の調整行為で、政治家とは対立する力の渦中に住む人間だから、潮目の変化を見過ごすようでは、とてものこと乱世の政界どころか、生存空間からもおさらばすることになる。子貢はそれをやりおおせたが、子路は言葉もあえて目立って殺されてしまった。

論語 子路
論語を読む限り、孔子は好みとして子貢よりも、子路を愛したことは確実だろう。しかしだからといって各国に散っていく弟子たちを、子路のような目に遭わせるわけにはいかなかった。本章の言葉が子路の生前にせよ、論語の時代で政界にあるのは、大いに過酷な選択だった。

それは孔子が放浪中に出会った、隠者の歌の言う通りだった(『史記』孔子世家)。「やめてしまえ、やめてしまえ、こんな世の中で、政治に関わる者は命が危ないぞ。」それでも「隠者たちの仲間になるわけにはいかない」と言った孔子は、本章のような刃渡りを説いた。

論語 子張
だから政治向きでない子張には、論語の前半で政界の厳しさを言った(論語為政篇18)。論語後半の顔淵篇14でも、政治を問われて原則論しか説いていない。まして小人派の曽子には本章の如き政治実践論を言うわけもなく、漠然とした精神論すら言わなかった(論語里仁篇15)。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)