論語058八佾篇第三(18)君につかえるに礼を

論語八佾篇(18)要約:下克上の世、形だけになっていたお作法も、その形さえ消えようとしていました。孔子先生がお作法通りに殿様を拝むと、皆はやれやれと眺めます。それでも先生は、お作法をやめようとしませんでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「事君盡禮、人以爲諂也。」

書き下し

いはく、きみつかふるにれいつくせば、ひともつへつらひとなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子
先生が言った。「主君に仕えるに当たって礼儀を尽くすと、人はそれをへつらいだと言う。」

意訳

論語 孔子
バカにされようとも私が教えた礼法を尽くして、主君に仕えろ。

従来訳

 先師がいわれた。――
「君主に仕えて礼をつくすのは当然だ。然るに世間ではそれをへつらいだという。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

盡(尽)

論語 尽 金文 論語 尽
(金文)

論語の本章では、”つくす”。『大漢和辞典』ではその他”つきる・まごころ”の意を載せる。『学研漢和大字典』によると会意文字で、盡は、手に持つ筆の先から、しずくが皿にたれつくすさまを示す。津(シン)(しずく)・燼(ジン)(燃えつきたかす)と同系のことば、という。

禮(礼)

論語 礼 金文 論語 饌 礼
(金文)

論語では、いわば孔子の仁フィギュア趣味のスペック。当時の常識的な礼法とは、およそ懸け離れた珍妙な作法だった。詳細は論語における「礼」を参照。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、豊(レイ)(豐(ホウ)ではない)は、たかつき(豆)に形よくお供え物を盛ったさま。禮は「示(祭壇)+(音符)豊」で、形よく整えた祭礼を示す。「説文解字」や「礼記」祭義篇では、礼は履(ふみ行う)と同系のことばと説く。

▽礼はもと、古文の字体で、今日の略字に採用された、という。
論語 礼 古文
「礼」(古文)

諂(テン)

論語 諂 金文大篆 論語 落とし穴 諂
(金文)

論語の本章では、へつらいのうち、相手を落とし穴にはめるようなへつらい。

論語:解説・付記

孔子の当時、礼儀作法が廃れており、孔子はその復活を提唱したことは通説になっている。しかし孔子の提唱する礼儀作法が、果たしてその宣伝通り周初めのそれだったかは極めて怪しい。廃れていたなら当時既に記録が残っていなかったはずで、現在でも発掘されていない。

孔子の主張する作法の一端は、論語の郷党篇にあるが、なるほど煩雑で人がうんざりしても仕方がない。孔子はこういう事を言い回ったから仕官できなかったのだ、とされるが、実は若い頃、斉の景公に気に入られ、貰う領地まで指定されて仕官がほぼ決まっていた。

論語 晏嬰
それが”なし”になったのは、斉の名家老・晏嬰アンエイの反対による。「儒者どもは煩雑な礼儀作法を説き、それはどれだけかかっても学び尽くせはしません。節約を説きながら、儀式は派手にやれと矛盾しています」(『史記』・『墨子』)との批判は、耳が痛かったことだろう。

なお既存の論語本では吉川本に以下のように言う。「礼の生活は、当時すでに崩壊の過程にあったが、孔子はその美しさを知るゆえに、君主と接触する場合にも、その規定に従って行動した。私としては当たり前のことをしているつもりなのに、人々は私のこの態度に無理解であり、私が君主にへつらっているとする。美しい秩序を保持しようとする私の気持ちを知らない、というなげきの言葉である。」
論語 吉川幸次郎

嘆きであるとは訳者は思わない。そうではなく、各国に散って政治工作を行う弟子たちへの注意書きで、もっともらしい礼儀作法で注目を集める必要はあるが、間違いなくへつらいだと言われるから覚悟しておけ、ということだろう。孔子は後世言うほど政治的にうぶではない。

マヌケでもない。もしそうなら、各国の君主や権臣に恐怖された(『史記』孔子世家)理由がない。そしてそもそも、孔子の言う礼は夏殷周の礼法を受け継いだものではなく、かくあるべしと孔子が想像した仁者にふさわしいよう、孔子がつぎはぎして作りだしたものだった。

理想の姿が先ず孔子の頭にあって、それに都合のいい記録を当てはめていっただけ。言わば現代の素人絵師が、理想の異性を想定してそれに合わせて造形したようなもの。等身大フィギュアを喜ぶ人もいるだろうが、人間離れした容姿に不気味に思う人も少なくないのと同じ。
論語 おたく論語 フィギュア 魔法少女

現代人は中国の礼法を、儒教のそれしか知りようがないから、孔子があたかも過去の礼法の復活者のように思うが、それは孔子のいやが上にも高まる想像と、自己宣伝のために後世の儒者が想像した産物であって、論語時代の一般的な礼法から見れば、途方もなく奇妙だったのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)