論語056八佾篇第三(16)射は皮を主とせず

論語八佾篇(16)要約:当時の貴族にとって必須の技能、弓術。戦場なら話は別ですが、稽古では射手の体力に合わせた方法を、それぞれに取るべきと孔子先生は言います。無差別級で競っては、力のない者は浮かばれない、そんなお話。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「射不主皮、爲力不同科、古之道也。」

書き下し

いはく、しやかはあてどとせず、ちからしなおなじうせざるがためなり、いにしへみちなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「弓術は的に当てるのが目的ではない。腕力は人によって違うからだ。これが昔からのやり方だ。」

意訳

論語 孔子 キメ
各自の腕力に応じて競技するのが、古式ゆかしいやり方だ。

従来訳

 先師がいわれた。――
しゃの主目的は的にあてることで、的皮まとがわを射ぬくことではない。人の力には強弱があって等しくないからである。これは古の道である。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 主 金文 論語 主
(金文)

論語の本章では、”目的”。原義は”ほのお”。

論語 皮 金文 論語 求 皮
(金文)

論語の本章では、”まと”。いろいろな解釈があり得る。逐語訳のように”的そのもの”。従来訳のように”的の表面に張った皮”。既存の論語本では宮崎本で、”狩りの獲物の皮革”とする。

語源は『字通』では、動物から皮を剥ぎ取る形といい、全体のかわを「革」、一部のかわを「皮」と書くという。また音の「ヒ」は、はぎ取る時の音という。

一方『学研漢和大字典』では、頭の付いた動物のかわ+又(手)の会意文字といい、動物の毛皮を手で体にかぶせるさまという。また斜めにかけるの意を含み、被(しなやかにかぶる)-波(しなやかに傾斜してうねるなみ)-坡(傾斜した坂)などと同系のことばという。

加えて、革は動物のかわを張って陰干ししたもの、皮は毛が付いてしなやかであり、革は毛がなくて堅いという。

ここまで調べても、結局これが正解、とは言えない。とりあえず”まと”と解釈する。

爲力不同科

論語 科 金文大篆 論語 科
「科」(金文)

論語の本章では、”人によって腕力には差がある”。”力比べの祭には、ランクを分けて仕合をする”と解する論語本もある。

『学研漢和大字典』によると「科」は会意文字で、「禾(いね)+斗(ます)」。作物をはかって等級をつけることを示す。すべて物事の等級を科という。あなやまるい頭の意は、窩(カ)(あな)・顆(カ)(まるい頭)に当てた用法。類義語の課は、分類してうけもつ仕事や学習、という。

論語:解説・付記

論語時代の弓には二種類有り、いわゆる引きしぼったまま縦に射る半弓と、器械仕掛けで横に射るクロスボウ=があったのはすでに記し、弩は主に徴兵された際に庶民出身の兵が用いること、弓は貴族の技能で、戦車上から遠距離攻撃を担う者であったことも同様。
論語 弩 戦車戦

論語の本章でいう弓は半弓で、貴族にのし上がりたい弟子たちに孔子が教えたのもこれだが、これまた繰り返すように、弓とはそうそう当たるものではない。弓道の経験者としては、「射不主皮」を”弓矢の稽古では、的に当てることより心を鍛えろ”と解したい所ではある。

しかしさまざま解釈があり得る本章の要点は、”人には腕力の違いがある、だから無差別級で仕合するのは昔から避けられた”ということだろう。本章のテーマを二つと捉えることも可能で、一つは弓術の話、もう一つが相撲の話で、どちらも体力別に分けるのは、まことにもっとも。

ここで論語と弓との関係を付け足すと、庶民の弓術の腕前が、戦場での勝敗を左右することから、世界の古代社会としては珍しく、春秋諸国は弓の稽古を庶民に奨励した。その最も極端な例が、孔子の弟子・曽子の弟子だった兵法家、呉起(呉子)の逸話として伝わっている。

呉起は北方の魏国の地方総督として仕えたが、その任地は黄河の西岸に張り出した最前線(河西)であり、その向こうにはすさまじい強兵で知られた秦国があった。後に中国を統一して、史上初の帝国を開いた諸侯国である。その秦国が、たびたび河西に攻め込んでいた。

だからこそ呉起が起用された。総督として赴任した呉起はふれを出し、「今後裁判でもめた際は。弓の仕合で決着を付けることにする」と知らせた。それを見た民は日夜弓の稽古に励むようになり、それを知らぬ秦軍が攻め込んだ所、さんざん射すくめられて退却したという。
論語 八佾篇 呉起

なお既存の論語本では吉川本に以下のように言う。

論語 吉川幸次郎
「古注によれば、射不主皮と爲力不同科とは二つのことである。射とは、礼の儀式としての弓試合であり、皮とは弓試合の時の的であるが、皮を主とせずとは、的の皮に命中するばかりが能でなく、競技の態度が立派でなければならぬ。…力を為すとは力仕事の奉仕をすることであるが、…体力の差異に応じて違った仕事を課せられ、同一種の仕事をしない。このふたつのことは、いずれも古の道であるとする。新注の説は…力の科を同じゅうせざるが為なりと一連なりに読み、的の皮…を尊重しないのは、各人の体力に違いがあるからであり、かく個性を尊重するのが古の道であるといったとする。」

いろいろ言っているが、儒者の注は根拠のない個人の感想に過ぎず、その上狂信から来る捏造を免れ難いので、あまり真に受けない方がいいと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)