論語詳解449陽貨篇第十七(15)鄙夫はともに

論語陽貨篇(15)要約:性根の卑しい男と働くのはうんざりする。職を失いやしないかとビクビクしているから、と孔子先生。しかし下の句は、そんな奴はどんな悪だくみや謀反でもしかねない、と先生が言ったと儒者は言っていますが…。

論語:原文・白文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文・白文

子曰、「鄙夫可與*事君*哉。其未得之也、患不*得之。既得之、患失之。苟患失之、無所不至矣。」

校訂

武内本:匡謬正俗引、與を以に作る。王引之云、與は以と同じ。唐石経君下也與の二字あり(これに基づき省いた)。患得之、荀子子道篇説苑雑言篇引、憂不得に作る、此本(=清家本)不の字を脱す(これに基づき不の字を補った)。

書き下し

いはく、鄙夫ひふともきみつかいまこれざるこれるをうれふ。すでこれれば、これうしなはむことをうれふ。これうしなはむことをうれへば、いたらざるところなきなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「卑しい男は、一緒に主君に仕えられるものかな。そのような者は職にありつかないうちは、職のないことに悩む。職を得ても、失職を恐れる。もし失職を恐れるようなら、(心配が)及ばないところはない。」

意訳

論語 孔子 ぼんやり
卑しい男とは、一緒に仕事をしたくないものだ。そういう男は、地位が無いと無い無いと言って不平を言うし、地位があってもクビになるのが怖い怖いと言って不満を言う。主君に仕えるからには、時には職をかけて諌めなければならん。職の心配をしだしたら、きりがないというものだ。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「心事の陋劣な人とは、到底いっしょに君に仕えることが出来ない。そういう人は、まだ地位を得ないうちは、それを得たいとあせるし、一旦それを得ると、それを失うまいとあせるし、そして、それを失うまいとあせり出すと、今度はどんなことでもしかねないのだから。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 鄙 金文大篆 論語 鄙
(金文)

論語の本章では”いやしい”。『学研漢和大字典』による原義は穀物倉庫で、そのような建物が建つ田舎のこと。

論語 夫 金文 論語 夫 字解
(金文)

論語の本章では”男”。『学研漢和大字典』による原義は、成人男性の立ち姿。

論語 可 金文 論語 可
(金文)

論語の本章では助動詞として”~できる”。『学研漢和大字典』による原義は、言いにくいことをやっとの思いで言うこと。

與(与)

論語 与 金文 論語 二人羽織 与
(金文)

論語の本章では接続詞として”~と”。『学研漢和大字典』による原義は、複数の人間で力を合わせること。

武内本によると、「匡謬正俗、與を以に作る」とあるが、その場合の訳は”卑しい男は、君主に仕えることが出来るだろうかなあ”となる。ただし注には続けて、「王引之云、與は以と同じ」とある。

論語 事 金文 論語 事
(金文)

論語の本章では”仕える”。『学研漢和大字典』による原義は、計算をする竹ひごを入れた筒を手に持つさま。

論語 君 金文 論語 君主
(金文)

論語の本章では”主君・君主”。『学研漢和大字典』による原義は、天地の調和を取り持つ号令を口で言うさま。

論語 哉 金文 論語 孔子

論語の本章では”~だろうか”。『学研漢和大字典』による原義は、言葉を言い収めて余韻を持たせること。

多くの論語本では「也與(与)哉」と書き、伝統的書き下しではこの三文字を「可」と一体化させて「べけんや」と読む。その場合の「也」は断定を意味して”である”。「與」(与)は文末助詞として疑問を意味し、”~か”。「哉」は詠嘆の文末助詞で、”~なあ・~ことよ”の意。

漢文の語法としては、「~也與(与)」は、「~なるか」「~か」とよみ、「~であることよ」と訳し、詠嘆を意味するが、機械的に語法を漢文に当てはめても誤読する。論語の時代は原則として一文字一語義で、熟語はないものとして取り扱い、一字ごとに語義を追い求めた方がよい。

武内本によると日本の清家本には「也與」が無く、唐石経にあるという。現代中国で底本となっている武英殿本も同様。ただし武内説によると、こうした同義語の重複は、もと注として小さく書かれたものが本文に紛れ込んだ可能性が高いという。

其(キ)

論語 其 金文 論語 箕 其
(金文)

論語の本章では、「それ」と読み、前述の人・物・事をうける指示代名詞として用い、単独では主語などに用いない。此(この)に対して、やや遠いところを指す。ここで指しているのは「鄙夫」。

『学研漢和大字典』による原義は、農具の。音を借りてやや遠い所の物をさす指示詞となった。詳細は論語語釈「其」を参照。

論語 之 金文 論語 之 解字
(金文)

論語の本章では指示代詞で、「これ」と読んで「事君」を指す。『学研漢和大字典』による原義は足の進み行く様で、音を借りて指示代詞となった。論語では多くの場合、指示内容を持たない、直前が動詞であることを示す記号としても用いられる。詳細は論語語釈「之」を参照。

論語 患 金文大篆 論語 患 字解 団子
(金文大篆)

論語の本章では、くよくよとあれこれ悩むこと。団子のように数珠つなぎになって、とりとめもなく心配することを言う。詳細は論語語釈「患」を参照。

患不得之

論語の本章では”得られないことを悩む”。武内本によると、『荀子』子道篇、『説苑ゼイエン』雑言篇に「憂不得」とあり、論語の本章では「不」が抜けたという。

『荀子』子道篇
論語 荀子
(原文)子路問於孔子曰:「君子亦有憂乎?」孔子曰:「君子其未得也,則樂其意,既已得之,又樂其治。是以有終生之樂,無一日之憂。小人者其未得也,則憂不得;既已得之,又恐失之。是以有終身之憂,無一日之樂也。」

(書き下し)子路孔子に問うて曰く、「君子また憂いあるか」と。孔子曰く、君子はそれ未だ得ざるや、則ちそのこころを楽しみ、既已すでにこれを得ば、またその治めるを楽しむ。ここを以て終生の楽しみ有り、一日の憂い無し。小人はそれ未だ得ざるや、則ち得ざるを憂い、既已にこれを得ば、またこれを失わんを恐る。ここを以て終生の憂い有り、一日の楽しみ無し。

(現代語訳)子路が孔子に質問した。「君子にも心配事がありますか。」孔子が言った。「君子はまだ地位が無くても、どうやって善政を行うかを思って楽しむ。地位を得たら、大いに政治を行って楽しむ。だから生涯楽しいし、一日たりとも落ち込んだりしない。だが小人は地位が無いとくよくよし、地位があっても失脚を恐れてびくびくする。だから生涯悩みがつきまとい、一日だろうと楽しむことがない。」

『説苑』雑言篇
(原文)子路問孔子曰:「君子亦有憂乎?」孔子曰:「無也。君子之脩其行未得,則樂其意;既已得,又樂其知。是以有終生之樂,無一日之憂。小人則不然,其未之得則憂不得,既已得之又恐失之。是以有終身之憂,無一日之樂也。」

(書き下し)子路孔子に問うて曰く、君子また憂いあるかと。孔子曰く、無きなり。君子のその行いをおさめて未だ得ざるや、則ちそのこころを楽しみ、既已すでにこれを得ば、またその知るを楽しむ。ここを以て終生の楽しみ有り、一日の憂い無し。小人は則ち然らず、それ未だこれを得ざらば、則ち得ざるを憂い、既已にこれを得ば、またこれを失わんを恐る。ここを以て終身の憂い有り、一日の楽しみ無し。

(現代語訳)子路が孔子に質問した。「君子にも心配事がありますか。」孔子が言った。「君子はまだ勉強が足りなくても、勉強に意義を認めて楽しむ。勉強が完成したら、大いに知識ある自分の境地を楽しむ。だから生涯楽しいし、一日たりとも落ち込んだりしない。小人はそうでない。勉強が足りないとくよくよ悩み、勉強を終えてもまた元の木阿弥になりはせぬかと恐れる。だから生涯悩みがつきまとい、一日だろうと楽しむことがない。」

苟(コウ)

論語 苟 金文大篆 論語 藁人形
(金文)

論語の本章では「もし」と読んで、仮定を意味する副詞。伝統的には「いやしくも」と読むが、現代語の語義とあまりに懸け離れており、誤訳の可能性が高いので賛成できない。『学研漢和大字典』による原義は、とりあえずわらで縛っておくこと。

この文字の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はkuで、同音に句・冓(組みたてる)とそれを部品とする漢字群。句・冓ともに、”かりそめ・かり”の語義はない。詳細は論語語釈「苟」を参照。

論語 矣 金文大篆 論語 矣
(金文)

論語の本章では、”~に違いない”。過去・現在・未来についての断定や完了、推量を表す言葉で、詠嘆を意味することもある。ここでは文脈から、未来の断定を選択した。『学研漢和大字典』による原義は、人の振り返った姿。詳細は論語語釈「矣」を参照。

無所不至矣

論語の本章では”至らないところが無い”。本文中では「苟患失之、無所不至矣。」とあるので、至る主語は患=心配、と解してひとまず上記のように訳したが、従来訳のように”恐れて何でもしでかす”と解するのを否定する根拠もない。

論語の他の章を参照しても、「至」は”来る・及ぶ・志す”の意味で使われていることがわかるだけで、取り立てて本章の訳に当たって参考にはならない。漢文の特性である、電報の如き簡潔さのなせるわざで、文意を断定することには訳者はさじを投げた。

武内義雄『論語之研究』では、「無所不至矣」の前に「諂佞邪媚」を補っている。つまり”へつらい、口上手、悪だくみ、媚びなど、やらない悪事はない”ということ。だが補充の根拠は書かれていない。

古注では鄭玄の注に、「邪媚無所不為也」(よこしまな媚びへつらいを所かまわずやらかす)と言う。

それに付け足して皇侃オウガン(注の注)に、「既患得失在於不定則此鄙心迴邪無所不至或為亂也」(クビになりはしまいかと不安なあまり、性根が卑しいからよこしまを思い巡らす。時には謀反までやらかす)とまで書いている。が、根拠は書かれていない。

新注を書いた朱子は、もっと下品な注を記している。「小則吮癰舐痔,大則弒父與君,皆生於患失而已。」(些細なことでは、主君の出来物をチュウチュウ吸ったり、痔をペロペロなめたりし、大それた事では父や主君を討ったりする。これ全て、クビになるのがこわいからだ)。

が、やはり根拠は書かれていない。

論語:解説・付記

論語の本章の史実性について、『論語之研究』では、特に異論を挟んでいない。訳者もこれに同意するが、孔子は自分が宮仕えをしていた若い時代から五十代までの間に、こうした性根の卑しい人間に当然出会っただろう。訳者もまた宮仕え時代に、ずいぶんと思い知らされた。

目にした人間でさえ、まさか出来物や痔をすすりはしないが、勤め人の世界におもねりや足引きは付きものだ。そういうのが平気でないと、いわゆる役人や会社員は務まらない。これは生まれつきや育ちが大きく、する・しないではなく出来る。出来ないの問題だ。

現代社会はいわゆるサラリーマンに特化した時代で、そうでないと要らざる不都合や不公平が多いが、そうした世に生まれついてしまった以上嘆いても仕方のないことだ。だから孔子は「能があるからと言って存分に力を振るうと、嫌われるぞ」(論語里仁篇12)と言った。

つまり論語や孔子の時代でも、人間の集まりとは、さほど変わらないものであるようだ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)