論語詳解211B子罕篇第九(7)牢曰く、子云く

論語子罕篇(7)要約:先生は自分が地獄のような底辺から這い上がった事を、ぼそりと弟子に漏らした事もあります。若い頃は、どんな事をしてでも食い扶持を稼ぐしかなかった、と。若い世代に、先生の心の闇は思いやれたのでしょうか。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

牢曰、「子云、『吾不試、故藝。』」

書き下し

らういはく、いはく、われもちゐられず、ゆゑげいありと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

弟子のロウが言った。「先生はこう言った。”私は就職できなかった。だから多芸になった”と。」

意訳

(前章からの続き)

論語 孔子 遠い目
子貢よ。弟子の牢が言ったように、若い頃は、いろんな仕事で食いつないだもんさ。

従来訳

論語 下村湖人

門人の牢も、こんなことをいった。――
「先生は、自分は世に用いられなかったために、諸芸に習熟した、といわれたことがある。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 牢 甲骨文 論語 牢 金文
(甲骨文・金文)

朱子によると、孔子の弟子で、姓は琴、字は子開、またの字は子張と言う。「なんでもやりすぎ」の顓孫師・子張とは別人。ただし朱子の個人的想像に過ぎず、当てにならない。

「牢」は『学研漢和大字典』によると会意文字で、「宀(やね)+牛」で、牛などの家畜を、しっかり小屋の中にとじこめることを示す。老(骨組みがかたくなって、動きがとれない)・留(しこり固まって動かない)などと同系のことば。

類義語の獄は、がみがみといがみ合う裁判のことから、転じて監獄の意となったことば、という。

甲骨文の時代からある古い言葉=文字だが、出典によって中に入っているのは羊だったり、上掲のように馬だったりする。要するに家畜を閉じこめる檻が原義。論語の時代、人を閉じこめるには、深い穴を掘ってそこに収容したらしい。

論語 囚 睡虎地秦墓竹簡
「囚」(秦系戦国文字)

人を檻に閉じこめる「囚」の文字は、始皇帝が中国を統一した頃の秦国で初めて現れる。統一戦争によって、続々とざんばら髪にされた捕虜が秦国に送り込まれるようになり、一々穴を掘ってはいられなくなったためだろうか。
論語 牢屋

論語 試 睡虎地秦墓竹簡 論語 試
(秦系戦国文字)

論語の本章では、”採用して仕事を与える”。「吾不試」を採用されない、とここでは解するが、論語や他の漢文では、人を「試」すという表現は、現代と同じ”試用期間”を意味する。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、式は「工(仕事)+(音符)弋(ヨク)(棒)」から成り、棒をもちいて工作すること。試は「言+(音符)式」で、その人や物を使って仕事をやらせてみること、という。

藝(芸)

論語 芸 金文 論語 芸
(金文)

論語の本章では”こまごまとした技能”。『学研漢和大字典』による原義は、植物を植え育てること。

論語:解説・付記

論語 司馬遷 論語 史記
孔子の前半生はほとんど分かっていない。司馬遷が『史記』に孔子の伝記を記す際、史料を収集したほかに、現地の魯国に出向いて古老からうわさ話を聞き取ったのはほぼ確実だが、古老がほらを吹く可能性はむしろ高く、史実としてそのまま受け取るわけにもいかない。

しかし孔子の前半生を示す一番確実な史料は、論語と『史記』をおいて他になく、あるとしても『春秋左氏伝』があるのみだが、これには孔子の前半生はほとんど皆無と言っていい。司馬遷はただ聞いたことを記すのではなく、挿話同士に矛盾がないか検討してから記している。

それは同時に、事実が隠され、よくできた作り事が『史記』に載ったおそれを意味するが、現代人が頼れる史料が他にない以上、改めて『史記』などの記録から、孔子の前半生を想像するしかない。つまり史料を一度分解して、読者がつじつまを合わせて再構成するのだ。

論語 科学
それは誰が構成しても同じになるという、科学のような厳密さは持たないが、科学の最たる物理学も、量子論などになると実験が利かず、「こう解釈するとつじつまが合う」の形式で進められる。現に量子論は実験不可能だが、電脳のチップは量子論に基づいて作られた。

その結果こんにちのITがあるわけで、この事実を前にして、やっと量子論は正しかった、と人々が納得している。いや、あらゆる電子機器を前にして、量子論に思いをはせる人の方がごく少数だ。それは趣味として論語や中国史に興味を持つ人も同じだろう。

だから現代語訳に意味があるわけで、論語を原書で読もうとする人はほとんどいない。理の当然で、それなりに訓練が要るからだ。訳者としてはその珍獣の如きいっぴきとして、全くの想像ではない、それなりに記録のつじつまが取れるような訳を、ここで提供したいと思う。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)